財前五郎を岡田准一が演じるなんて!白い巨塔2019年に

okada-junichi-zaizen

財前五郎と言えば、山崎豊子氏原作の長編小説、『白い巨塔』の主人公の天才外科医です。

今まで、唐沢寿明や村上弘明、田宮二郎といったそうそうたる俳優が演じてきた財前五郎を、V6の岡田准一が演じることになったそうです。

個人的に岡田准一は大ファンで、このニュースには驚きです。

※TOP画像の引用元:マイナビニュース

スポンサーリンク

財前五郎を味わいつくそうと:岡田准一が白い巨頭で医師役初挑戦

以下、ネットニュースからの引用です。

人気グループ「V6」の岡田准一さんが、山崎豊子さんの不朽の名作をドラマ化した「白い巨塔」(テレビ朝日系)で主演を務めることが18日、明らかになった。岡田さんは主人公の財前五郎を演じ、医師役に初挑戦する。

岡田さんが同局のドラマで主演を務めるのは、2001年に放送された特別ドラマ「反乱のボヤージュ」以来、約18年ぶり。同局の開局60周年を記念して制作され、19年に“超大型ドラマスペシャル”として5夜連続で放送される。

中略

 

財前五郎役の岡田准一さんのコメント

山崎豊子さんの作品というのはどれも人間模様が深く描かれたものばかりですし、中でも「白い巨塔」は誰もが知る名作。人間の欲望や思惑、生き様がドラマチックに表現されています。

財前五郎という人物は現代にはなかなかいないキャラクター。何かにおもんぱかっていないと生きづらい世の中にあって、財前は絶対の自信と揺るがない信念を持ち続け、野心を抱きながらギラギラとエネルギッシュに生きています。医師として、この“白い巨塔”を登っていこうとあがき、もがく男なのだと思います。

「やるからには財前五郎を味わい尽くそう」という気持ちで、監督を信じてついていきたいです。

撮影は始まったばかりですが、現場はとても楽しいです。難しいシーンばかりでどのシーンも気が抜けないのですが、ほかの出演者の方々もどんな芝居をするのか模索されたり、楽しみながら撮影に臨んでいらっしゃるのを感じています。

また、今回“医師役”にも初めて挑戦していますが、今作は設定を現代に置き換えているので、医療技術なども現代風にアレンジされています。医学の進歩に伴って、今の時代だからこそできる「白い巨塔」になっていると思いますので、そういった部分にもご期待ください。

「白い巨塔」という作品を制作することも、僕が財前五郎という人物を演じることも、“今やること”に何らかの意味や意義があると思います。それを探し、見つけながら、監督はじめ、みんなでエネルギーをぶつけて「白い巨塔」と闘っていますので、ぜひ出来上がりを期待してお待ち下さい!

 

岡田准一版・財前五郎の白い巨塔、見どころ

岡田准一版・財前五郎が登場する、2019年放送の白い巨塔(白い巨塔2019とします)の見どころを、個人的な主観も交えて、まとめてみました。

良かったら、読み進めてください。

 

財前五郎を、岡田准一が演じる

白い巨塔2019の見どころは、まず何と言っても、財前五郎を岡田准一が演じることだと思います。

何のひねりもないと、ツッコミを受けそうですが…

 

岡田准一と言えば、現在公開中(2018年10月時点)の映画『散り椿』での、緊張感あふれる迫真の演技が記憶に新しいです。

あの大俳優、三船敏郎を超えた!?なんて一部で囁かれるほど、散り椿での岡田准一の演技は、殺陣から一挙手一投足に至るまで、本当にすごかったです。ジャニーズのアイドルとは思えないほどだと思います。

そんな岡田准一が、野心家でどちらかと言うと悪役のイメージで描かれている財前五郎を、どのように演じるのか?

 

残念ながらネット上では「財前五郎のキャラに岡田准一は、合わないのでは?」とか「財前五郎を岡田准一って(背が)足りない!」など、財前五郎を岡田准一が演じることに、否定的な意見が多く見られます。

でも岡田准一は、『永遠の0』では戦争によって精神が破綻してしまった悲運の天才パイロットを、『海賊と呼ばれた男』では出光興産創業者をモデルとした、多くの人から慕われた情熱あふれるリーダーを、まったく違うタイプの2つの役を見事に演じ切って、役者としての幅広さは、同年代の俳優の中でもピカイチだと思います。

そんな岡田准一が演じるので、魅力的な財前五郎を創り上げてくれると、私は期待しています。

 

とにかく、岡田准一版・財前五郎が、今から楽しみですよね。

 

白い巨塔で、財前五郎ともう一人外せない人と言えば?

白い巨塔2019のもう1つの見どころは、財前五郎と親友でありライバルの、里見脩二ではないでしょうか。

 

16年前の唐沢寿明版・財前五郎の時は、江口洋介が里見脩二を演じました。この2人の熱演で2003年版・白い巨塔は、最終回の視聴率39.9%(関西地区)という大記録を打ち立てました。

このシーンは、多くの人が「ドラマ史に残る名シーン」と認めるほど、有名ですよね。

白い巨塔2019では、このシーンを岡田准一が、どのように表現するのか?見ものです。

そして、岡田准一版・財前五郎と対峙する里見脩二を、誰が演じるのか?嫌でも、注目しちゃいますよね。

私個人的な希望で言うなら里見脩二は、西島秀俊に演じて欲しいなと思います。


西島秀俊は、映画『散り椿』で、岡田准一演じる主人公・瓜生新兵衛の親友、榊原采女をとても魅力的に演じて、個人的にとても好きな俳優です。

そんな西島秀俊が里見脩二を演じて、『散り椿』コンビ再び!なんてことに、なったら良いなと思っています。

 

財前五郎のライバル、里見脩二を演じるのは誰か?これも、目が離せませんよね。

 

まとめ

財前五郎を岡田准一が演じる、白い巨塔についてお話ししました。白い巨塔2019の、その他のキャストや主題歌など、詳しいことが分かり次第、この記事でアップしていきます。

財前五郎を岡田准一が演じる、白い巨塔2019は、テレビ朝日系列で2019年放送です。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



okada-junichi-zaizen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください