YouTubeプレミアムが日本でも解禁!メリットとデメリット

youtube-logo

YouTubeは改めて説明する必要もない、Googleが運営する無料の動画投稿&共有サイトです。

そんなYouTubeに有料版サービスとなる「YouTubeプレミアム(YouTube Premium)」が、日本で解禁となりました。

今回は、このYouTubeプレミアム日本解禁されたことによる、メリットとデメリットについて私なりにまとめてみました。

 

スポンサーリンク

YouTubeを有料で広告なしで観れる!YouTubeプレミアム

YouTubeに有料サービスが開始されたというニュースを、まずはご覧ください。

様々なゲーム映像の投稿・配信などで知られるサービスYouTubeは、広告無しでの映像視聴などを可能とする月額有料サービス「YouTube Premium」を日本向けに開始しました。

同サービスは元々「YouTube Red」として海外向けに提供されていたもので、2018年中旬に音楽配信「YouTube Music」の拡張機能と統合された「YouTube Premium」へと刷新されていました。同サービスに加入することで、ユーザーは各種映像の視聴時に広告映像を非表示にできる他、オフライン再生、バックグラウンド再生が可能になります。

また、オリジナル番組「YouTube Originals」群を視聴でき、「YouTube Music」も広告無しでの再生などに対応。「Google Play ミュージック」も追加料金無しで使用できます。

「YouTube Premium」は3ヶ月の無料トライアルを実施中。トライアル期間後は、月額1,180円にて利用可能です。

引用元:Game*Spark Arkblade

 

YouTubeの有料版は、もともと存在した!?

「無料」が売りのYouTubeですが、有料版となるサービスは実は以前から存在していたようです。その名も「YouTube RED(ユーチューブ レッド)」というものです。

ただ、このYouTube REDは日本での提供がなかったようで

  • オーストラリア
  • 韓国
  • メキシコ
  • ニュージーランド
  • 米国

以上の国でしか利用できませんでした。

じゃあ、日本でYouTube Redがまったく利用できないのか?というと、そういう訳ではなく、有料でのオリジナルコンテンツの視聴は、できたということです。

 

YouTubeのオリジナルコンテンツ

これは私自身、初めて知ったことですが、YouTubeでもAmazonプライムやNetflixなどのVODサービスと同じように、オリジナル番組が作られていたのです。

その1つが「コブラ会」というドラマです。

コブラ会(原題:Cobra Kai)は、1984年公開の映画『ベスト・キッド』のその後を描いたドラマです。

『ベスト・キッド』では少年だった主人公ダニエル・ラルーソーと、彼と戦ったジョニー・ロレンスが大人になり人生の再起に挑む、という内容です。オリジナル版のダニエル役ラルフ・マッチオと、ジョニー役のウィリアム・ザブカが再登板を果たしています。

kobra-kai

ちなみに、このコブラ会は字幕に対応しています。

  1. 字幕ボタン(①)をクリック
  2. となりの設定ボタン(②)をクリックして、「日本語」を選択

これで、字幕が表示されます。デフォルトだと、字幕も何もなく英語で普通にしゃべられるので、これは、嬉しい機能ですよね。

 

YouTubeプレミアムの特徴

正しくは「YouTube Premium」という表記ですが、今回日本でもサービスが始まったYouTubeプレミアムとは何でしょうか?

YouTubeプレミアムの特徴をまとめました。

 

YouTubeプレミアムの特徴①広告なしで動画再生!

YouTubeプレミアムの特徴は、まず何と言ってもこれでしょう。再生時に表示される広告が一切カットされるということです。

最近は、動画再生前はもちろん、再生中でも遠慮なく広告を挟んでくる動画が増えてきましたが、観る側としてはうっとうしい限りですよね。

YouTubeプレミアム会員になると、この煩わしい広告に悩まされることなく、動画や音楽が再生できるのです。

しかも、Googleアカウントでログインができれば、パソコンやスマホ、タブレットなど再生端末を選ばないというのも良いですよね。

 

YouTubeプレミアムの特徴②オフライン再生対応

YouTubeプレミアム会員は、動画や再生リストを保存して、インターネットに接続していないオフライン時でも観ることができます。

YouTube Premium のアカウントでログインしている場合、YouTubeやYouTube Musicなどのモバイルアプリを使用して動画を保存し、オフラインで再生できる、というしくみです。

好きな動画や気になる動画を予めダウンロード保存しておけば、外出先でスマホから通信量なしで、その動画を見れるという訳です。

YouTubeのヘビーユーザーにとってネックなことの1つに、通信制限があると思います。

Wi-Fiのない場所や、バッテリー消費を抑えるためにWi-Fiを切った状態でうっかり動画を観まくってしまって、あっという間に通信量を使い切って通信制限がかかった!という経験は、1度はしたことがあるのではないでしょうか。私は、何回かあります。

そういった人は特に、このオフライン再生機能を活用できれば、通信量や通信制限を気にせず好きな動画を好きなだけ見れますね。

たとえば、旅行などで長時間の移動がある場合に、Wi-Fi環境のある場所で(映画やドラマなどの)長時間の動画を予め保存しておいて、移動時にそれを観ることで、移動時の良い気分転換になりますよね。しかも通信量はゼロ。

詳しい手順は、こちらでご確認ください。YouTube Premium の特典を利用する

 

YouTubeプレミアムの特徴③バックグラウンド再生対応

バックグラウンド再生とは、他のアプリを使用しているときや画面がオフになっているときでも、動画がそのまま再生される機能です。YouTubeプレミアムは、このバックグラウンド再生にも対応しています。

バックグラウンド再生は、先ほどの各モバイルアプリで利用できます。

スマホアプリでYouTubeを再生しているときに、他のアプリに切り替えると動画の再生が止まってしまうのですが、YouTubeプレミアム会員はその心配がないということですね。

普段パソコンでしかYouTubeを見ないという人には、あまり関係ないですが、外出先でスマホでYouTubeを見ることが多い人などは、嬉しい機能だと思います。

私も、スマホでYouTubeを観ることが多く、スマホで動画再生中にうっかり他のアプリを立ち上げて、再生が止まってしまった!というのが何回もあるので、この機能は個人的に嬉しいです。

バックグラウンド再生はデフォルトの状態だと、常にONになっていますが、設定で切り替えることができるようです。

詳しい手順は、こちらでご確認ください。YouTube Premium の特典を利用する

 

YouTubeプレミアムの特徴④オリジナルコンテンツ

YouTubeプレミアムの特徴4つ目は、先ほどお話ししたYouTubeオリジナルのコンテンツが追加料金なしで楽しめることです。

先ほどのコブラ会は、従来の無料版のままだと2話までしか見られません。3話以降は、YouTubeプレミアムに登録しないと見られないということです。

コブラ会を全部見たい!という人は、YouTubeプレミアムに登録するしかありません。

 

YouTubeプレミアムのメリット、デメリット

YouTubeプレミアムの特徴を簡単にまとめてみましたが、今度はYouTubeプレミアムのメリットデメリットを、まとめました。

あくまでも、私個人が考えるものですので、参考程度に読み進めてください。

 

YouTubeプレミアムのメリット

YouTubeプレミアムのメリットは、基本的に先ほどの「YouTubeプレミアムの特徴」でお話しした内容が、そのまま当てはまると思います。

広告に中断されることなく動画や音楽が楽しめるのは、かなり大きいのではないでしょうか。

こちらの意志とは無関係に広告を挟まれて、煩わしい気分を味わったことは、きっと1度は経験あると思います。その嫌な気分を、これからは味わうことがなくなると考えたら、大きなメリットになりますよね。

そして、今なら3カ月間のお試しがあるというのも、大きなメリットだと思います。とりあえず登録して、3カ月間試してみるということができますよね。

他のVODサービスでも、ほとんどがお試し期間を設定していますが、3カ月という長期間はなかなかありません。この辺は、さすがYouTubeというところでしょうか。

YouTubeを頻繁に観るという人は、とりあえず登録してみるのも良いと思います。

 

YouTubeプレミアムの、不思議な料金格差

今度は、YouTubeプレミアムのデメリットです。YouTubeプレミアムのデメリットは、観る側よりも動画を配信する側に多いのではないかと、私は考えています。

とは言っても、観る側にデメリットが全くないという訳ではありません。

最たるものが、金額です。

YouTubeプレミアムは、3カ月のお試し期間が終わると、月額1,180円となります。

この月額料金ですが、ちょっと注意が必要で、PCやアンドロイド端末からの登録だとこの料金ですが、iPhoneなどのiOS端末からの登録だと1,550円になります。

youtube-pre-pcyoutube-pre-smapho

上の画像がPCから、下の画像がiPhoneからYouTubeプレミアム登録した画面になります。見ての通り、同じサービスなのに端末が違うだけで、価格が400円近く変わっていますよね。

この意味不明ともいえる料金格差には、批判の声も上がっているようです。将来的に(価格の)見直しがあるかもしれませんが、2018年11月時点ではこの料金体制になっています。

YouTubeプレミアムのメリットは、いろいろとありましたが、やはり一番は広告をカットできるというところだと思います。

たしかに、最近は再生中にうっとうしいぐらい広告を入れてくる動画が増えたとは言え、(悪く言ってしまうと)広告のためだけに、他のVODサービスの相場と比べても高めの金額を、毎月支払うことに対して抵抗があるかどうか?ここではないかと思います。

 

YouTuberに大打撃!?

YouTubeプレミアムは、有料で広告なしで動画や音楽が視聴できるサービスなのは、お話しした通りです。

そうすると、真っ先に思い浮かぶのは、動画再生中に挟まれる広告によって収益を上げている、YouTuberへの影響です。

有料版で広告がカットされてしまう⇒収益が上げられないYouTuber終了の危機!?、ということですから。

最近は自分の利益目的で、再生前や途中とか関係なく広告を入れまくっている動画が、本当に多くなりました。私自身、動画を観ていて、あまりの広告の多さにうんざりしてしまうことが多いです。

「お金払うから、広告を消したい!」と思うほどです。そして私と同じように考える人が、一定数はいると思います。

その人たちがYouTubeプレミアム会員になったとき、その分広告の配信は減るので、YouTuberの収入が減るんじゃないの!?という心配の声も上がっているようですが、この辺はYouTube側もちゃんと考えているようです。

 

YouTuberに還元される?!

これは現時点ではまだ未確定な情報のようですが、YouTubeプレミアムの開始により、減ることが予想される広告収入の代わりに、月額料金の一部がYouTuberに還元されるということです。

 

もう1つ。YouTubeで動画をアップロードしたことがある人なら、ご存知の人も多いと思いますが、YouTubeでは

  • 動画ごとの再生回数
  • 動画が再生された時間
  • 動画が再生された時間帯

などのデータが、すべて分かるようになっています。

当然ですが、これらのデータはYouTube側も把握されています。これらの項目を考慮して、YouTube側から収益として還元されるということです。

いずれにしても、今までコツコツと動画をアップしてきたYouTuberには、嬉しい情報ですよね。

 

YouTubeプレミアム、企業への影響は?!

ここまでは、YouTube広告で収益を上げているYouTuberに焦点を当ててきましたが、そもそもの広告を出稿している企業に焦点を当ててみます。

今までは、YouTubeはGoogleの広告メディアとしての役割がありました。民放のテレビをイメージしてもらえたら、分かりやすいと思います。

動画に挟まれる広告によって、ある程度の集客効果が見込まれるので、企業側もYouTube広告を出稿していたと思います。Googleにとっても、企業からの広告費用は大きな収入源だったと思います。

このバランスが、このYouTubeプレミアムの導入によって、少なからず影響があるのではないかと思っています。

YouTubeプレミアムによって広告が見られなくなる⇒広告からの集客減となり、高いお金を投じて広告を出すメリットがなくなってしまうからです。

こんなことは、私が改めて言うまでもなく、誰でも簡単に想像できることだと思います。

それを考えると、今までの企業からの広告収入というビジネスモデルから、コンテンツを配信・閲覧するユーザーへ向けたビジネスモデルへと、転換しようとしていると見ることができるように思います。

このあたり、今後どういう展開を見せるのか?注目したいと思います。

 

まとめ

YouTubeプレミアムが、日本でサービス開始となったニュースと、YouTubeプレミアムの特徴、そしてメリットやデメリットについて、私個人の考えなどを交えて、まとめました。

YouTubeプレミアムを登録したい!という人は、こちらで登録ができます。
YouTube Premium

今日も、最後まで詠んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



youtube-logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください