WordPress5.0、Gutenbergの使い方と旧エディタに戻す方法まとめ

keyboard-pc-pen

WordPressが5.0にバージョンアップしました。今回のバージョンアップの目玉は、何と言っても新エディタ、「Gutenberg」だと思います。

何も知らずに、いつものようにバージョンアップして、いきなりエディタが全く違うものになってしまって、戸惑っている人も多いのではないでしょうか。私も、まさにその1人でした。

今回は、WordPress5.0の新エディタ、Gutenbergの使い方と、Gutenbergで戸惑っている人のために、旧エディタに戻す方法などを、分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

WordPressのバージョンアップには2種類ある

WordPressの新バージョン5.0がリリースされたのですが、今回はWordPressのメジャーバージョンアップになります。

ところで、このWordPressのバージョンアップには、メジャーとマイナー2つの種類があるというのを知っていましたか?

恥ずかしながら私は、長くWordPressに関わってきて今回初めて知ったのですが、WordPressバージョンアップの種類についてお話しします。

 

WordPressのバージョンアップ2種類とは

WordPressのバージョンアップ、メジャーとマイナーの2種類とは何でしょうか?こちらをご覧ください。

WordPressのバージョンは、図のように小数点で区切られた3つの数字で表されます。

このうち、右端の数字が上がることをマイナーバージョンアップ左の2つの数字が上がることをメジャーバージョンアップと呼んでいます。

 

WordPressのバージョンアップ2種類の違いは?

WordPressのメジャーバージョンアップとマイナーバージョンアップ、2つの違いは何でしょうか?WordPressのバージョンアップでは、それぞれ以下のようなことが行われます。

  • メジャーバージョンアップ:主に、機能の追加や管理画面のデザイン修正が行われる
  • マイナーバージョンアップ:WordPressのバグ修正セキュリティ強化等がメイン

以上のことからも分かるように、マイナーバージョンアップはバグの修正やセキュリティ強化といったことが行われます。マイナーチェンジとも、言い換えられるでしょうか。

マイナーチェンジなので、操作感が大きく変わるようなことはありません。

一方、メジャーバージョンアップはサイト全体にかかわる変更なので、操作感にも影響が出る場合が、ほとんどです。

 

WordPress5.0へのバージョンアップ、特徴は?

今回は、WordPress4.9から5.0へのバージョンアップということで、先ほどもお話ししたようにメジャーバージョンアップとなります。

WordPress5.0の特徴は、何と言っても新しいエディタ、Gutenbergに尽きると思います。Gutenbergの詳しい説明はこの後行いますが、記事や固定ページの編集・投稿画面が大幅に変わっています。

使い方が分かると、直感的な操作で初心者の方などは使いやすく感じるかもしれません。

でも、旧エディタで慣れ親しんだ人などは、何も知らずにバージョンアップしてしまうと、訳が分からず混乱してしまうと思います。私も、何も考えずに普段通りバージョンアップしてしまい、苦労しました。

この記事を呼んでいるあなたは、そんな苦労しないように、新エディタ・Gutenbergの使い方を分かりやすく解説するとともに、旧エディタに戻す方法も、次の項からお話ししていきます。

 

WordPress5.0での新エディタ・Gutenberg

WordPress5.0で採用されている新エディタ・Gutenbergは、活版印刷技術の発明者ヨハネス・グーテンベルグが、名前の由来となっています。

「Gutenberg」の名には、印刷技術を世に広めたグーテンベルグに倣って、誰でも簡単にWordPressで記事が書けるように、という思いが込められているそうです。

 

WordPress5.0にバージョンアップしなくてもGutenbergが使える!

実は、GutenbergはWordPress5.0のバージョンアップ前から、使うことができるんです。

WordPress5.0へバージョンアップすると、有無を言わさずGutenbergになってしまうので、その前にGutenbergを体験してみることが、できるという訳です。

その方法は、プラグインです。

新エディタ・Gutenbergは、プラグインでも公開されているので、それをインストールすることで、バージョンアップ前に試してみることができます。

やり方は簡単です。WordPressのダッシュボードを開き、「プラグイン」にカーソルを合わせ、「新規追加」をクリックします。

「プラグインを追加」画面に切り替わったら、検索窓に「Gutenberg」と入力すると、↓のように切り替わります。

wordpress-plugin-guten

「今すぐインストール(赤□部分)」をクリックするとインストールが始まり、完了するとアイコンが「有効化」に変わります。それをクリックして、「完了しました」と表示されたら完了です。

 

Gutenbergの使い方|タイトル入力

Gutenbergを開いてみます。旧エディタとは、見た目から大きく変わっているのが、分かると思います。

wordpress-editter-old
wordpress-editter-guten

上が旧エディタ下がGutenbergになります。見ての通り、Gutenbergはシンプルな外観になっていますよね。

Gutenbergでは、「タイトルを追加」の欄に記事タイトルを入力します。

↑の画像のように、赤で囲った部分に記事タイトルを入力青で囲った部分にパーマリンクを設定します。

パーマリンクを簡単に説明すると、ブログやサイトなどに1つ1つURLがあるのと同じように、1つ1つのページにもURLがあります。パーマリンクとは、ページごとに割り当てられたURLのことです。

パーマリンクは、デフォルトだと画像のように数字になっています。そのままでも、記事の投稿はできますが、SEOのことを考えたら、記事の内容に沿ったものに設定するのをお勧めします。

たとえば、この記事ならWordPressの新エディタのGutenbergがテーマなので、「gutenberg」とか「wordpress-gutenberg」などです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

WordPressで最初に絶対やっておきたいパーマリンク設定の件

2014.12.30

ここまでは、今までとそれほど大きな変更ではないと思います。旧エディタと大きく変わっているのは、ここからです。

 

Gutenbergの使い方|本文を書く

続いては、Gutenbergで本文を書いていきます。先ほどの画像、「文章を入力、または/でブロックを選択」と書かれた箇所に、本文を書いていきます。

このブロックが、新エディタ・Gutenbergで新たに加わった要素になります。とりあえず、文章を書いてみます。

こんな感じです。ここから次の行へ、Enterで改行させてみます。

改行させてみると、画像のように文章の下に追加されたのが分かると思います。この赤□で囲った1つ1つがブロックです。

 

Gutenbergでの新要素、ブロック

Gutenbergでの新たな要素、ブロックとは簡単に言うと、記事本文を書くためのかたまりです。

旧エディタでは、記事を書くときは基本的に、タイトル本文の2つのパートに分かれていましたよね。

それに対してGutenbergは、記事本文のパートは1つではなく、1つ1つのブロックが集まることで構成されているのです。

先ほどの項での操作を行なっていくことで、ブロックを積み重ねるように、文章が出来上がっていくという仕組みです。

文章を書いていく場合は、この手順を繰り返していくだけです。文章を書くためのブロックは、「段落」と呼ばれるブロックです。

先ほどは、Enterで新たなブロックへ改行されましたが、同じブロック内で改行させたい場合は、「Shift+Enter」を押します。

 

Gutenberg、ブロックの選択

でも、記事は文章だけではなく、見出しを入れたり画像を入れたりしますよね。その場合は、どうするのでしょう?その場合は、「/」を入力します。

画像のように「/」を入力すると、メニューが表示されます。このメニューに表示されているものそれぞれが、ブロックの種類となり、好きなようにブロックを選べるという訳です。

ここでは、「見出し」を追加してみます。

新たに「見出し」のブロックが追加されたのが、分かると思います。基本的に「見出し」ブロックの編集は、上の画像のように行ないます。

見出しは、「H1」から「H6」まで選べますが、基本的に使うのはH2からH4までで、H5、H6はほとんど使いません。H1は記事タイトルなので、本文では使いません。

見出しについて詳しくは、こちらをご覧ください。

SEOライティング、3つのコツを駆使して上位表示を目指す

2018.06.25

 

Gutenberg、主なブロックタイプ

Gutenbergで追加された新要素ブロックには、どんな種類があるのでしょうか?ここでは、分かりやすく主に使うブロックを追加してみました。

画像を追加したいときは画像ブロック、リスト形式で箇条書きにまとめたい場合はリストブロックと使い分けます。

何となく、イメージできたでしょうか?

 

Gutenbergの使い方|文章の移動

記事を書いていて、書いた後で「A→B→C」の順番を「A→C→B」に変えたいと、言うことが多いと思います。その場合は、どうするか?

画像のように、見出しとリストを入れ替えてリストの次に見出しを持ってきたいときは、以下のように行ないます。

↑のように、移動させたいブロックの、移動させたい方向の矢印をクリックします。この場合だと、見出しを下に移動するので、↓(赤○部分)をクリックします。

このように、見出しとリストの順番が入れ替わりました。Gutenbergは、このようなブロック単位での編集など、全体的に直感的に操作しやすくなっているのは良いと思います。

 

今までのWordPressが良い人必見!旧エディタに戻す方法

WordPress5.0の新エディタ、Gutenbergの使い方を簡単にお話ししてきましたが、WordPressでたくさん記事を投稿している人などは、今までのエディタに慣れ親しんでいる人も多いと思います。

そういう人にとって、操作感が変わってしまうのは抵抗を感じるでしょう。

その人たちのために、旧エディタのままでいる方法を、考えられる限りまとめてみました。

 

WordPress5.0にバージョンアップさせない

1つ目の方法は、WordPress5.0にバージョンアップさせないということです。バージョンアップさせない限り、エディタは変わらないので操作感ももちろん変わりません。

ただ、基本的にWordPressはバージョンアップしないと、セキュリティがどんどん弱くなっていきます。

一時的には良いかもしれませんが、将来的に考えると、この方法はあまりお勧めできません。

 

プラグイン「Classic Editter」を使う

2つ目の方法は、「Classic Editter」というプラグインを使うことです。Classic Editterは、WordPress5.0で旧エディタを使うためのプラグインです。

Classic Editterの使い方は、ダッシュボードから「プラグイン」にカーソルを合わせると表示される「新規追加」をクリック。プラグインの追加画面に切り替わったら、検索窓に「Classic Editter」と入力します。

↑の画像のように、プラグインが表示されたのを確認して「今すぐインストール」をクリック「有効化」にアイコンが変わるので、さらにクリックします。これで、Classic Editterのインストールは完了です。

この状態で、記事の投稿画面を見てみると、旧エディタに戻っているのが分かると思います。Gutenbergにどうしても慣れない人は、Classic Editterをしばらく使って、徐々に慣れていくのも良いかもしれません。

 

Gutenbergは使わなくても良い?

Gutenbergの使い方、そしてGutenbergに慣れない人のために、旧エディタに戻す方法をお話しましたが、結局のところGutenbergは使った方が良いのか?

お話ししたように、Gutenbergは使い方が分からないと何が何だかサッパリなので、旧エディタに慣れ親しんだ人は特に混乱するでしょう。

そういう人たちのために、Classic Editterというプラグインも用意されているので、無理にGutenbergを使う必要が、ないように思えてきます。

ですが結論から言うと、将来的にはやはりGutenbergを使えるようになった方が良いと、思っています。

 

Classic Editterは2022年まで

まず、こちらをご覧ください。

WordPress5.0がリリースされると、あなたは何が起こるかを選ぶことになります。また、ClassicEditorプラグインをインストールすることができ、そうすると5.0がリリースされても何も変わりません。わたし達は、このClassic Editorプラグインを2022年までサポートとアップデートする約束をしています。

引用元:WordPress5.0のGutenberg(グーテンベルグ)についてよくある質問集

こちらでも分かるように、Classic Editterは2022年までサポートとアップデートが約束されています。

一見するととても安心なのですが、裏返せば2022年以降はサポートもアップデートも保証されていないということです。こんなことは、改めて言うまでもないですよね。

あくまで私の直感ですが、旧エディタは徐々に淘汰されていくのではないかと思います。なので、Classic Editterは2022年までと、思っておいた方が良いでしょう。

そしてClassic Editterはプラグインなので、プラグインが追加される分、WordPressは重くなってしまいます。

WordPressが重くなる→表示速度が遅くなる→SEOに影響が出る

ということに繋がってしまうので、いくら旧エディタが良いからと言ってClassic Editterに頼り続けるのは、賢明ではないと言えます。

Gutenbergは私もまだ勉強中ですが、直感的な操作が多いので、慣れれば使いやすいのではないかと思います。

旧エディタに慣れ親しんだ人も、しばらくはClassic Editterを使いながら、来るべきときに向けて、徐々にGutenbergに慣れていった方が良いと思います。

 

まとめ

WordPress5.0へバージョンアップと同時に公開された新エディタ、Gutenbergの使い方、旧エディタに戻す方法などを、お話ししました。

変革とは、常に痛みを伴うもの。なんて言われたりもしますが、WordPressを使い続けるなら、遅かれ早かれGutenbergを使えるようになった方が良いと感じています。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



keyboard-pc-pen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください