ホワイトデーのお返しにこんな意味が隠されていたなんて!!

ホワイトデーのお返しにこんな意味があったなんて!!

3月に入りましたね。春はもう目の前です。ひな祭りや卒業式などなど、イベントが目白押しな3月。その3月のイベントの1つにホワイトデーというものがあります。

今さら説明するまでもないでしょうが、バレンタインデーにチョコレートをもらった男性が、そのお返しをする日がホワイトデーです。バレンタインにチョコレートをたくさんもらった方は、お返しのプレゼント選びに悩む時期ですよね~。

そんなホワイトデーに贈るプレゼントといったら、あなたは何を思い浮かべますか?キャンディーやマシュマロ、クッキー辺りでしょうか。最近では、ここにマカロンも入ってきたり、お菓子以外のものとしては、ハンカチなどがあります。ちなみに私は、今まで知りませんでした…(滝汗)

 

ところで、そんなホワイトデーのお返しの1つ1つに、それぞれ意味があるということを、あなたは知っていましたか?知らずに贈ってしまうと、後でかなり厄介なことになってしまうんです。何気なくホワイトデーについてググっていた私は、調べれば調べるほど、青ざめる思いをしました。

今日のテーマは、知らないと後悔する!?ホワイトデーのお返しの意味についてです。

 

日本だけ!?ホワイトデーのはじまり

キャンディ

3月14日のホワイトデー。実は、ホワイトデーの発祥は日本なんです。日本生まれのホワイトデー、中国や台湾、韓国など一部の東アジアの国々に定着していますが、欧米では、そんな習慣はないそうです。

実は、ホワイトデーの歴史は意外に浅いんです。バレンタインデーが定着しつつあった日本で、自然とお返しをする風潮が生まれつつありました。そんな中、1980年に全国飴菓子工業協同組合(全飴協)が3月14日に制定してスタートさせたのが、ホワイトデーの始まりです。

 

なぜ、3月14日になったのか?その理由は、バレンタインの後日譚にあります。

269年2月14日、バレンタインの起源になったとされるウァレンティヌス司祭が、兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女を、密かに結婚させたために殉教しました。その1ヶ月後の3月14日に、その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったというエピソードが基になったと言われています。

ちなみに、このエピソードに、歴史的な根拠はありません。

 

バレンタインデーと一緒で、お菓子業界の戦略がそのルーツになっているホワイトデー。「いただきものには、お返しをする」習慣がある日本では受け入れやすかったようで、バレンタインのアンサーデーとして、浸透してきました。

 

知らないと、かなりマズイ!?ホワイトデーお返しの意味

マシュマロとリボン2

学校や職場で、または恋人からのお返しに悩むホワイトデー。今なら、まだ間に合います!プレゼントを贈る前に、この記事を読んでいただいて、何を贈るか、じっくり検討していただけたらと思います。

ここでは、そんなホワイトデーお返しの、それぞれの意味について、ご紹介します。

 

マシュマロ=「あなたが嫌い」

自分で買う機会なんて、年に数回もないマシュマロ。(マシュマロが好きな方、ゴメンナサイ…)

「純潔」「清潔」「潔白」を意味する白を扱ったホワイトデーだけに、白いマシュマロが定番だし、お返しにピッタリ!と思いがちですよね?ホワイトデーのお返しの意味としては、「あなたが嫌い」になるそうです。

あまり買う機会のないマシュマロに、こんな意味があったなんて…

 

クッキー=「あなたは友達」

かわいい形のものから、ホロ苦のものまで、味も形もいろいろな種類があるクッキー。ホワイトデーのお返しだけじゃなく、オールラウンドで人気があるお菓子ですよね?

サクサクの食感だから「サクッとした関係でいよう」という意味があるのか(私個人の意見です…)、クッキーのホワイトデーお返しとしての意味は、「あなたは友達」ということです。

クッキーが嫌いという人はめったにいないので、義理チョコのお返しとしては無難かもしれませんね。

 

キャンディ=「あなたが好き」

ジャズのスタンダードにもキャンディという曲があります。歌詞の意味をザックリいうと「甘く優しいキャンディのように愛おしいあなた」という、ベタベタ甘々な曲です。

ホワイトデーの生みの親(?)のお菓子であるキャンディ、ホワイトデーのお返しの意味は、「あなたが好き」とのことです。

まさか、ジャズのスタンダードから意味を取ったとは思えませんが、口に残るから、ずっとそばにいてくださいという意味なんでしょうか?

 

マカロン=「特別な人」

最近、一気に知名度を上げてきたマカロン。ホワイトデーのプレゼントに贈るお菓子としての地位も、最近ぐんぐん上がっているそうです。

それを裏付けているのか、マカロンの意味は「特別な人」だそうです。

小ぶりな割に、ちょっと割高感があるマカロン。値段としても、ちょっとプレミアムな感じがあるので、特別なお菓子→特別な人ということなんでしょうか?

 

ハンカチ=「別れ」

最後に、お菓子ではない、物としてのプレゼントとしてハンカチです。お手頃感があって、比較的プレゼントに選ばれやすいハンカチですが、実は、注意しないといけないことがあるんです。

ハンカチには、ホワイトデーに限らず、「お別れ」の意味があるそうです。ビックリですよね?

なぜなのか?実は、その理由は意外なところで、風水から由来しています。

風水では、贈り物をすること自体は良いとされていますが、ハンカチは贈り物にふさわしくないとされています。

風水と言えば、中国を真っ先に思い浮かべると思います。その中国では、ハンカチは「涙を拭くもの」という概念が強いそうです。その概念のために、ハンカチを贈るということは、「永遠の別れ」「不運」を意味することになるんです。

つまり、贈った相手に「永遠に別れましょうね」「不運が訪れますように」と言っているのと同じであるとされて、失礼にあたるというわけです。

風水だけの考え方に従うと、ホワイトデーに限らず、プレゼントとしてハンカチを贈るのは、あまり良いイメージは持たれないということになるんです。

 

まとめ

今日は、ホワイトデーのお返しのプレゼントに込められた意味についてご紹介しました。

 

いちばん大事なのは、贈る相手のことを考えて選ぶことだと思います。

 

風水に興味がある相手なら、ハンカチを贈るなんてご法度です。できるなら贈る相手のことを、しっかりリサーチしてプレゼントを選びたいですよね。

 

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

ホワイトデーのお返しに、喜ばれるかもしれません!!?

↓   ↓   ↓

mail seminar button

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「人生で何がしたいのか?」分からないまま彷徨っていましたが、メンターとの出会いで人生が180度変わりました。 アフィリエイト、ネットビジネスはもちろん、インターネットの知識はほとんどゼロ!!でしたが メンターから1から徹底的に教わり、始めて1年足らずでネットビジネスで成功することができました。 今は、それまでの経験をもとに、ブログ執筆のかたわら、コンサル活動をしています。