Webマーケティングの1番の勉強法はブログをやること

study-blocks

Webマーケティングについて勉強しようと思っているけど、何から勉強していくべきなのか良く分からない。Webマーケティングに必要な知識とかがあれば教えて欲しいという人が、Webマーケティングの企業に就職・転職する人、起業を考えている人に関係なく、とても多いです。

そんな人たちにお薦めしたい、1番の勉強法はブログをやること。これしかありません。

なんで、Webマーケティングで1番の勉強法がブログなのか、逆にWebマーケティングの勉強法で効果の薄いものは何か、実際にブログをどうやってやるのか、ということをご紹介します。

 

スポンサーリンク

なぜ、ブログがWebマーケティングを勉強するのに1番なのか?

Webマーケティングを勉強するのに、なぜブログが1番効果的なのか?というところから、入っていきます。

ローリスク・ハイリターン

まず挙げられるのは、ブログはそれにかかるコストが他のビジネスに比べても、圧倒的に低いということです。

後で詳しくお話ししますが、Webマーケティングのブログをやるときは、WordPressが断然おススメです。ここからは基本的に、ブログ=WordPressとして進めていきます。

ブログをやるにあたって必要なのは、ドメインとレンタルサーバーだけです。これらの費用は、どんなにかかっても年間で数千、数万円のレベルです。下手したら、今どきの小学生のお小遣いでも払える金額ではないでしょうか。

あまり、ここで書くべきではないですが、仮に途中で挫折してしまったとしても、数千、数万円が無駄になるだけなので、少ないダメージで済みます。

それに対して、多くのアクセスを集めるようになって、月間数万、数十万アクセスのブログに育った時に得られる収益は、百万円を余裕で超えるでしょう。

もちろん、そこまでになるのは簡単ではありませんが、払うべきリスクに対して得られるものが圧倒的に大きく、文字通りローリスク・ハイリターンという訳です。

1粒で2度オイシイ

Webマーケティングに限らず、どんなマーケティングでも共通して言えることは、「利益をあげること」が目的ということです。

ところで、マーケティングでいちばん重要で、いちばん難しいことは何か、分かるでしょうか?それは「知ってもらうこと」です。あなたが、どんなビジネスをしているのか?どんな商品やサービスを扱っているのか?ということを、相手に知ってもらうことです。

集客と呼ばれるものですね。企業が多くの費用を投じてCMや広告を打っているのは、すべて集客のためです。

そのために必要なのは、競合相手や市場の動向、さらには世の中の動向からターゲットとなる人たちのニーズをリサーチして、そのニーズに即したものを提供することです。

Webマーケティングは、これらを全部Web上で行なっているというだけで、本質的には変わりません。そして、Webマーケティングで集客の役割を担うのがブログです。つまり、ブログをやることでマーケティングで重要な集客のスキルを勉強できるという訳です。

何事もそうですが、習得するための一番の近道は、それを実際にやってみることです。ブログを実際にやることでWebマーケティングのスキルが勉強できて、その上収益もあげられる。1粒で2度オイシイとは、まさにこのことですよね。

 

Webマーケティングの勉強法で効果の薄いもの

Webマーケティングの勉強法で、ブログがなぜ1番なのか?分かっていただけたと思います。今度は反対に、効果があまり見込めないものをご紹介したいと思います。

どれも、多くの人がやってしまいがちなように思います。

本を読むこと

何かを始めようとするとき、本からその知識を得ようという人が多いですが、Webマーケティングというジャンルは特に、それに向かないジャンルだと思います。

その理由は、ただ1つ。Webマーケティングの世界は、情報の移り変わりが速いということです。1日前の情報ですら古くて使えないということが、平気で起きるほどです。

一般的に、1冊の本が出版されるまで早くても半年かかると言われています。その時に最新の情報だとしても、出版される頃には半年前の情報になっているということです。せっかく得た知識が古くて使えないということが、高い確率で起こり得るのです。

それでも、本で知識を得ようとするなら、マインド系などの不変のもの、マーケティングの本質を扱っているものにしましょう。こちらの記事も、良かったらどうぞ。
Webマーケティング本|初心者におすすめしたい必読の3冊

資格を取ること

Webマーケティングの勉強目的もそうですが、起業を考えている人に多く見られるのが、資格を取ることです。これも、投資した時間とお金に対して、得られる効果は薄いです。

Webマーケティングの企業への就職・転職で箔を付けたいという目的でなら、まだ分からなくもないですが、Webマーケティングの勉強という目的でなら、ブログをやる方が何十倍も実践的なスキルが身に付けられるので、ハッキリ言って意味がありません。

こちらの記事でも紹介しているので、ぜひ目を通してみてください。
Webマーケティングの資格より重要なたった1つのこと

専門のスクールに通うこと

Webマーケティングの勉強のために、専門のスクールに通おうとする人も多いようです。これも、先ほどの「資格を取ること」と同じく、効果は薄いです。

一時期、コーチングやカウンセラーの資格が爆発的な人気となり、その資格を扱う専門のスクールが人気となりました。でも、それらのスクールがターゲットとしているのは、あくまでもその資格を取ろうとする人であって、実践的なスキルを教えてくれる訳ではありません。

せっかくの時間とお金が無駄になってしまうだけなので、Webマーケティングの勉強という目的では、これもおススメしません。

 

Webマーケティングを勉強できるブログの実践法

Webマーケティング勉強する1番の方法がブログだという理由と、Webマーケティングの勉強法で効果の薄いものについてお話ししました。ここからは、具体的にどうやってブログをやっていくのか?ということをお話しします。

ブログ開設

まず、肝心のブログを開設します。先ほど、Webマーケティングのブログは断然WordPressとお話ししましたが、ブログは大きく分けて無料ブログと有料ブログの2つに分けられ、WordPressは後者に当たります。

なぜ、無料ブログではダメなのか?無料ブログは、アメブロやFC2などに代表される、ブログに必要なドメインとサーバーを、無料ブログ運営会社から借りる形で運営するものです。

賃貸マンションを間借りして暮らすのをイメージすれば、分かりやすいと思います。間借りなので、基本的に運営会社の意向には逆らえません。運営会社の都合により、突然閉鎖させられることもあり得るのです。

もう1つ。無料ブログでは、ブログ収益の柱の1つ、アドセンス広告が掲載できません。以上の理由から、Webマーケティングのブログをやるのに、無料ブログはおススメできません。

じゃあ、なぜWordPressなのか?1つ目は、Google自らがWordPressを推奨していて、SEOに有利だということ。WebマーケティングでのSEOの重要性は、「Webマーケティングの種類と実践方法を、5分で分かるように解説」でもお話ししているので、ぜひ読んでみてください。

プラグインという拡張ツールのほとんどが無料で使えて、それによって自由にカスタマイズできること。そして、Googleで検索したらWordPress関係の情報が、簡単に調べられるので初心者でもすぐに始められること。この2つの点も、WordPressでブログをやるメリットになります。

以上の理由から、何か特別な理由がない限り、ブログはWordPressでやりましょう。WordPressのインストールについては、こちらの記事をご覧ください。
簡単!WordPressでブログを始めるための4ステップ

ターゲティング

続いては、ブログをどんな人に読んでもらいたいか?ターゲットとなる人を決めます。

たとえば、同じテーマを扱うにしても、20代前半の女子大生が相手なのと、40代後半の男性が相手なのでは、言葉選びからすべてが変わってきますよね。40代の方に若者言葉を使っても、通じないことがあるかもしれません。

ターゲティングは、あなたが、どんな人を相手にビジネスをしたいかを決めることでもあるので、じっくりと決めましょう。

こちらの記事でも、ターゲティングについて紹介しているので、ぜひご覧ください。
アクセスアップには絶対に欠かせません!ターゲティング!!

ターゲティングでピンポイント狙い撃ち!

USP

多くのアクセスを集める、多くの人に読まれるブログにするために重要なのは、メッセージ力です。メッセージ力が高いブログほど多くの人に読まれ、多くのアクセスを集めることができます。

じゃあ、どうしたらメッセージ力を高められるのか?それはUSPです。USPとは、日本語にすると独自性、他にはないあなただけの魅力や強みのことを言います。

メッセージ力とかUSPとか言うと難しく感じるかもしれません。そのハードルを下げるヒントをお話しすると、他の方のブログを読んだときに、こんなことを感じたりしませんか?

「自分だったら、こういう書き方をする」とか「ここの部分を、もっと詳しく知りたい」とか「この人はこういう意見だけど、自分はこう思う」とか。

これらのことをブログに織り込むだけでも、立派なUSPです。このように、USPを打ち出すことは誰でもできるんです。

USPについては、こちらの記事でも紹介しています。ぜひ読んでみてください。
人気ブログの絶対条件!USP!!これがなくては成功できません!!

アクセスアップのカギ|ほとんどの人が見落としていること

ニーズのリサーチ

次は、ターゲティングで設定したターゲットが解決したい問題、ニーズをリサーチします。ターゲットのニーズとは何でしょうか?

たとえば、今回のテーマに則って、あなたが効果的なWebマーケティングの勉強法を探しているとき、どうするでしょう?

「効果的なWebマーケティングの勉強法を知りたい」という目的(ニーズ)を持って、Googleの検索窓に「Webマーケティング 勉強法」などのキーワードを入力して調べますよね?

つまり、この検索キーワードこそが、ターゲットのニーズになる訳です。そのリサーチに、もってこいのツールがあります。Googleのキーワードプランナーです。

キーワードプランナーを使って、どのようにしてニーズのリサーチを進めていくのか?こちらの記事で紹介しているので、併せてお読みください。
WebマーケティングでSEO集客を行うとき活用したいツール5選

コンテンツ作成

ここからは、いよいよコンテンツ(ブログ記事)作成に入っていきます。ニーズのリサーチで選定したキーワードをもとに、コンテンツを作っていきます。

基本的に、キーワードに即した内容で、そのキーワードで訪問した人が納得するコンテンツを作るのですが、ここで、USPの項でお話しした「自分なら、こういう書き方をする」とか「自分は、こう思う」というのを、織り込んでみてください。

それがUSPとなって、メッセージ力は格段に上がります。

SNSアカウントを作ってコンテンツを宣伝

FacebookやTwitter、Instagramなど、今やこれらSNSの拡散力は、目を見張るものがあります。このSNSを、積極的に活用します。

コンテンツ公開情報を配信する専用のSNSアカウントを作り、そこで出来上がったコンテンツを宣伝しましょう。FacebookならFacebookページ、Twitter・Instagramなら配信専用アカウントになります。

それぞれのSNSアカウントの取得方法は、ここでは省略します。

ひたすら継続あるのみ!

あとは、ここまでお話したことを、ひたすら継続するだけです。実は、これがいちばん重要で、難しいことだったりします。

ブログは、コンテンツの質そのものも重要ですが、コンテンツの数が充実しないと検索で上位表示されにくく、アクセスも集まりません。

単に、Webマーケティングを勉強することだけが目的なら、それでも良いですが、ブログでの収益化まで目指すなら、最低でも、100記事は欲しいところです。

とはいえ、いきなり100記事だと心が折れると思いますので、まずは30記事を目標にしてみてください。その時のプロセスそのものがWebマーケティングの勉強になりますし、何より、そこまで書き溜めている頃には、スピードも速くなり、ブログをやること自体が楽しくなっているはずです。

 

さいごに

Webマーケティングの1番の勉強法はブログだということ、実際にブログをどのようにやっていくのか、ということをお話ししました。

この記事が、Webマーケティングの何を勉強したら良いのか分からない人などの、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク






study-blocks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA