Webライティングのコツは「2人の読者」を喜ばせること

気合十分、自信を持って書き上げたコンテンツなのに、ぜんぜん上位表示されず、誰にも読んでもらえない。あなたは、そんな風に悩んでいませんか?

実は、ブログ記事などに代表されるWebライティングは、書籍や広告などのライティングとはまったく違うんです。

その最たる例が、ブログなどのWebコンテンツに存在する「2人の読者」です。この「2人の読者」を喜ばせることが、多くの人に読んでもらえるWebライティング独特のコツになるのです。

ここでは、そんな「2人の読者」とは何か?そして、多くの人に読んでもらえるWebライティングのコツについて、お話ししていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

Webライティングで意識すべき「2人の読者」

早速、Webコンテンツに存在する「2人の読者」が何か?というところから入っていきたいと思います。この「2人の読者」を喜ばせるコンテンツを書くことが、Webライティングのコツとして大前提となるからです。

「2人の読者」とは

Webライティングと他のライティングとの違いでもある、Webコンテンツ(以下「コンテンツ」と表記します)に存在する「2人の読者」。1つは、言うまでもなく私たち人間の読者、そしてもう1つは検索エンジンです。

1人目は当たり前だとしても、「もう1人」が検索エンジンとはどういうことか?

GoogleやYahoo!などに代表される検索エンジン(以下「Google」と表記します)には、それぞれクローラーと呼ばれるロボットが存在して、そのクローラーがサイトを巡回し、そこで得られたデータから検索順位を決定しています。

クローラーがサイトの情報を正しく認識することが、検索順位に大いに関わるのです。

いくら質の高い良質なコンテンツでも、その情報がGoogleに正しく伝わらなければ、検索順位が上がることはなく、人間である私たち読者に読んでもらえることもありません。

Webライティングでは、人間である私たち読者はもちろんですが、それと同じように、

Googleにも喜んでもらえるコンテンツにする必要があるということです。

コンテンツSEO

Webライティングのコツは、私たち人間とGoogleの両者が喜ぶコンテンツにすることです。そこで重要になってくるのは、コンテンツSEOと呼ばれる手法です。

SEOとはGoogleで上位に表示されるための方法、または上位表示されるための活動のことです。そして、コンテンツSEOとは現在主流になっているSEO手法で、コンテンツの質そのものを重要視したものです。

ざっくり説明すると、検索キーワードとマッチした内容で、ユーザーが満足する質の高い情報を提供していくこと。これが、コンテンツSEOの全体像です。それによって、Googleに評価されて検索上位を狙えるという訳です。

キーワードにマッチした内容で質の高い情報は、私たちとしても、そうであって欲しいところですよね?むしろ、それが当然だと言えます。

このように、コンテンツSEOの考え方で書くことが、

結果的に私たち人間とGoogleの両者に喜んでもらえるコンテンツになるということです。

コンテンツSEOについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
コンテンツSEOって何?その効果を超簡単に解説してみた

 

Googleを喜ばせるWebライティングのコツ

Webライティングのコツとして大前提となる考え方をお話ししました。それを踏まえて、ここからは実践編ということで、Webライティングの実践的なコツをお話ししていきます。

Webコンテンツには、私たち人間とGoogleの2人の読者が存在するのは、すでにお話しした通りですが、それぞれに対するWebライティングのコツも変わってきます。まずは、Googleに対してのWebライティングのコツです。

キーワード!キーワード!キーワードだ!!

Googleに対してのWebライティングのコツで重要なのは、ずばりキーワードです。対策キーワードを意識して入れていくということです。Googleが「何について書かれたページか」分かりやすくなり、上位表示されやすくなるからです。

たとえば、「SEO」を対策キーワードにするなら、タイトルや見出し、本文中にできるだけ「SEO」を入れていきます。

どれだけ入れたら良いのか?具体的に数字にするのは難しいですが、1つだけ言えるのは文章として不自然にならない程度に、バランスよく入れることです。

キーワードはただ入れるだけでなく、そのキーワードにマッチした内容にすることも重要です。

たとえば、「お酒 飲み方」をキーワードにしてコンテンツを書くなら、「プロ直伝!美味しいお酒の飲み方5つのポイント」などのタイトルで、コンテンツの内容も「お酒 飲み方」というキーワードにマッチした内容にします。

そして、キーワードが「どこに入っているか」というのも、実はとても重要です。具体的にどこに入れるのか?それぞれ掘り下げていきます。

前へ!前へ!

タイトルや見出しにキーワードを入れる際のWebライティングのコツは、できるだけ前に入れるということです。Googleは、より前に位置する単語にフォーカスするからです。

「お酒 飲み方」というキーワードなら、

お酒の飲み方で、やってしまいがちな3つの間違い

という風に、「前へ!前へ!」を意識しましょう。

本文中でキーワードを入れるときは4か所に

本文中では、以下の4か所にキーワードを入れるよう意識しましょう。

  • 最初の段落(リード文)
  • 段落の最初のほう
  • 段落の最後のほう
  • 最後の段落(まとめ)

対策キーワードと併せて、一緒に検索されやすい関連語も本文中に入れておくと、検索でも一層見つけられやすくなるでしょう。

「お酒 飲み方」なら、「お酒に合うおつまみ」などになるでしょうか。

キーワード選びの方法、キーワードを選ぶ際の基準などは、こちらの記事で紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
上位表示を勝ち取るために絶対に導入したい2つのツール

以上が、Googleに対するWebライティングのコツになります。キーワードを取り入れて、キーワードの内容にマッチしたコンテンツを作ることが大事です。

 

人間の読者が喜ぶWebライティングのコツ

Googleに対するWebライティングのコツの次は、私たち人間の読者に対してです。Webライティング関係なく当たり前なことから、「えっ!そうなの?」ということまで、あるかと思います。

読者は、本文を読まない!?

↑の見出しにビックリした人もいると思います。読者は本文を読みません。それを証明するように、Webライティングではこんな大鉄則があります。

それは、「1行目は2行目を読んでもらうためにある」というものです。

2行目は3行目を、3行目は4行目を…という感じで、次の行を読んでもらうように読者の関心を惹きつけられなければ、「ここには、自分に必要な情報がなさそうだ」「読むのが面倒くさそうだ」と思われて、閉じられてしまうのです。

そうすると、直帰率(訪問したページだけを見て、サイトから離脱すること)が上昇してしまい、満足度が低いと判断されて、検索順位が上がることはありません。

そのために、記事タイトルや見出し、リード文(記事の冒頭部分)などに結論やその記事のテーマである核心部分を持ってきて、「ここには、自分が探していた情報がありそうだ」「読んでみたい!」と、読者の関心を惹きつけるようにしましょう。

ベネフィットを提示する

ベネフィットを読者にちゃんと提示することも、Webライティングのコツとして重要です。ベネフィットのお話をするときに一緒にされやすいのが、「メリット」という言葉です。日本語にすると「ベネフィット=利益」に対し、「メリット=利点・長所」になります。

「メリットが書かれていれば、読者にとって興味深い記事になるんじゃないの?!」と思うかもしれません。

確かにその通りですが、たとえばあなたが、デジカメを買おうとしてAとBのデジカメとで迷っているときに、

  • AのデジカメはBに比べて画素数が高い
  • Bの方は期間限定で20%off

などと言われても、これらももちろん魅力的ですが、それによってあなたにどんな良いことがあるのか、いまいち掴めないですよね?

それよりも、

  • Aのデジカメは画素数が高いので、子供たちが運動会で一生懸命頑張っている、真剣な表情を鮮明に描写してくれる

などと言ってくれる方が、イメージが湧きやすいのではないでしょうか。

こんな感じで、読むことで「これが分かる」というだけでなく、「あなたの生活が、こんな風に変わる(できるようになる)」というベネフィットを提示するところまで、意識するようにしてみましょう。

忘れてはいけないのは、ベネフィットを提示したら、それを裏付けるファクト(事実)までしっかり解説することです。先ほどのデジカメで言えば、

  • AとBそれぞれのデジカメの画素数
  • AとBそれぞれの価格、20%offでBがいくらになるか?

これらがファクトになります。

いくら魅力的なベネフィットを提示しても、それが事実に基づいていなかったら、ただの机上の空論に終わってしまうだけです。

ダラダラした長文は嫌われる

ブログや記事などのWebコンテンツは、スマートフォンの普及により電車の待ち時間や移動中、あるいは仕事の休憩中といった空いた時間に読まれることが、とても多くなりました。

この流れは、今後さらに加速していくでしょう。

読む側が、いわゆる「すき間時間」に読むという姿勢である以上、ダラダラとした長文は特に嫌われてしまいます。長い文章を読まされた→それだけ時間を取られた、ということで批判的なコメントが寄せられる場合も、あるのです。

だからと言って、文章をただ闇雲に短くすればいい、というものではありません。商材や目的、ターゲットによっては「ここは、ボリュームがどうしても必要だ」というケースもあるからです。

文章を短くしたために、必要な情報が削られてしまっては本末転倒ですよね?

専門用語の解説などで文章が長くなり過ぎると感じたら、図や箇条書きなども上手く用いて、「ムダを省いて端的に伝える」ということを強く意識して、書いていきましょう。

代名詞の使い方

これは、先ほどの「ムダを省いて端的に伝える」というWebライティングのコツを、否定する内容になるかもしれません。それは、「あれ」、「彼」、「そっち」などの代名詞の使い方です。

代名詞は、「ムダを省いて端的に伝える」ために欠かせない表現方法の1つです。代名詞には、文章をスマートに分かりやすくしてくれる効果があります。

なのですが、いくら文脈上同じ意味でもGoogleにとっては、たとえば「今回の記事のテーマ」と「Webライティングのコツ」とでは、別の単語と取ってしまうのです。

もちろん、代名詞を使わないことで文章そのものが不自然になってしまうような事態は、避けないといけません。

その一方で、特に上位表示を狙いたいキーワードや関連ワードについては、なるべく自然な感じで使っていく工夫をしましょう。

分かりやすさを優先しつつ専門用語も使う

何かを相手に説明するとき、なるべく専門用語を使わずに誰にでも分かるような表現にする、というのは重要なことです。

でも、それが裏目に出てしまうことがあるようです。

たとえば、「SEO」について小学生にも分かってもらえるように、一切のWeb関連用語を使わずに解説したコンテンツがあったとします。

この場合、どれだけ小学生に分かりやすい内容だったとしても、Googleにとってはコンテンツ内で関連用語が記載されないので、「このコンテンツで何の話をしているのか」ということが、分からなくなってしまうようです。

この辺は、Googleのアルゴリズム(検索順位を決めるための独自のプログラムのこと)にも頑張ってほしいところですが、現状では専門用語もある程度含まれている方が、専門的なコンテンツと見なされやすく、質の高いコンテンツとしてヒットされやすくなるようです。

専門用語の直後に、それを説明するパートを設けたり、長くなりすぎてしまう場合はその用語を解説するためのコンテンツを用意して、そこへのリンクを貼って誘導するなど、分かりやすさを優先しつつ専門用語も多少交える工夫をしましょう。

あなた目線ではなく読者目線

Webライティングのコツとして意外に見落とされがちなのが、この読者目線です。

たとえば、コンテンツ内で使う言葉使いひとつ取っても、あなたが好んで使う言葉、こだわりのあるあなた独自の表現などになっていませんか?

その言葉や表現が、ちゃんと読者に伝わるものなら問題ありませんが、そうでない場合は使わない方が無難と言えます。説明するパートを設けるのもアリですが、基本的に誰にでも分かる言葉、表現にするべきでしょう。

本当に価値のある情報を、より高い効果を持って伝えるには、言葉使いひとつ取っても読者目線に立っているか、常にチェックすることが大事です。

商品やサービスに自信や誇りがあるほど、こちら目線の情報提供になってしまいがちです。あなた目線の情報提供になっていないかを常にチェックしましょう。

数字は具体的に

下の2つをご覧ください。

  • 顧客満足度100%のネットショップ
  • 顧客満足度97.2%のネットショップ

どちらも高い顧客満足度を誇るネットショップを紹介していますが、後者の方が、より具体的で説得力がありますよね。

「約100%」や「概ね100万人」などの大雑把な数字ばかりだと、正確なデータではない、ちゃんと調査していない、と思われてしまいます。そうなると、コンテンツ自体の信頼性が下がることになるでしょう。

論拠や根拠が重要視されるのは、Webコンテンツでも変わりません。

コンテンツを書く上で色々なデータを参考にすることも多いと思います。ちゃんとリサーチして取った数字ならば、その数字を具体的に正確に表記しましょう。

以上が、私たち人間の読者に対するWebライティングのコツになります。あくまでも読みやすさを優先して、ここでお話しして項目を取り入れて、コンテンツを作っていきましょう。

 

Webライティングで、いちばん重要なコツ


ここまで、2人の読者に喜んでもらえるWebライティングのコツを色々とお話してきましたが、いちばん重要なのは「あなたらしさ」です。英語にすると、オリジナリティになるでしょうか。

とは言っても、情報過多とまで言われている現代で、まったく新しいオリジナルのコンテンツというのは、かなり難しいことです。たとえば、「WordPressの使い方」などは多くの人が紹介していて、どれもほとんど一緒の内容になっています。

だからこそ、「あなたらしさ」がWebライティングのコツとして一番重要になってくるのです。

じゃあ、具体的に「あなたらしさ」を、どうやって出していくのか?簡単な方法は「視点」です。実際にコンテンツを書く手順に従って、お話ししていきます。

どこに「視点」を持っていくか?

たとえば、トランペットの吹き方をテーマにしてコンテンツを書くときに、ただトランペットの吹き方の手順を解説するだけなら、誰が書いてもほとんど同じものになるでしょう。でも、それが

  • まったくトランペットを吹いたことのない初心者向け
  • トランペットの演奏スキルを早く上達させたい人向け

という風に、誰に向けて書くかという視点で考えると、取り上げるべきコンテンツの内容は、大きく変わってきますよね?

前者なら、トランペットの部位の説明から構え方などの基本的な解説がメインになるでしょうし、後者の場合は、それよりもスキルが早く上達する効果的な練習法や、練習時に心がけることなどがメインになるでしょうか。

あなたの「視点」を入れる

先ほどの「誰に向けて書くか」という視点プラス、あなた自身の「視点」を入れてみましょう。

たとえば、あなた自身のトランペットのスキルがどの程度なのか、というのは重要な「視点」となるはずです。詳しく言うと

  • トランペットを始めて半年、簡単な曲なら問題なく演奏できるレベル
  • トランペット歴20年で、たいていの曲は初見で演奏できる!プロ顔負けのレベル

などの感じで、あなたのスキルが異なれば「視点」も変わり、同じターゲットに向けた同じ内容のコンテンツであっても、まったく異なったものとなります。

これこそが、オリジナルのコンテンツで重要な要素となるのです。

「視点」をベースにコンテンツを書く

ここまでお話しした「視点」をベースにコンテンツを書いてみましょう。同じトランペットの吹き方というテーマでも

  • トランペットを始めて半年の自分でもできた、半年で演奏できるトランペットの吹き方
  • トランペット歴20年の自分が教える、初心者でも簡単にできるトランペットの上手な吹き方

というような「視点」が打ち出されて、同じトランペットの吹き方をテーマにしたコンテンツだけど、内容は完全に別物になるでしょう。

後者は、20年というトランペット経験がそのまま強みとなるので、オリジナルのコンテンツとして需要が高まるのは言うまでもありません。そう考えると前者は、トランペットを始めて半年と経験が浅い分、後者に劣るかもしれません。

でも、半年と直近である分、よりリアルで鮮度の高い体験が山のようにあるでしょう。その体験談などを盛り込んでコンテンツを作れば、初心者にとっては直近のことで身近に感じられる分、十分魅力的なものになります。

このように、どこにあなたらしさを見つけるか?そして、その「視点」を磨きあげていくことこそが、Webライティングでいちばん重要なコツなのです。

 

まとめ

今回は、Webライティングコツをご紹介しました。いかがでしたでしょうか?最後に、この記事の内容を簡単にまとめます。

  • Webライティングと他のライティングとの違いは、「2人の読者」が存在することです。この「2人の読者」に喜んでもらえるコンテンツを書くことが、Webライティングで大前提となるコツです。
  • Googleに対するWebライティングのコツは、キーワードです。キーワードを意識的に入れていきます。
  • タイトル、見出しではキーワードを前に入れます。
  • 本文中では、リード文、段落の最初と最後のほう、まとめなどの最後の段落の4か所にキーワードを入れます。
  • 人間の読者に対するWebライティングのコツです。まず、読者は本文を読みません。読者の関心を惹きつけるために、結論やテーマの核心部分を最初に持ってきましょう。
  • ベネフィットをちゃんと提示しましょう。ベネフィットとは、読むことで「こんな風に変わる」という、読者が得られる利益・価値のことです。
  • Webコンテンツでは、ダラダラした長文は嫌われます。ムダを省いて端的に伝えることを意識しましょう。
  • 上位表示を狙うキーワードなどは、やりすぎない程度にそのキーワードを使いましょう。
  • コンテンツとしての分かりやすさを優先しつつ、専門用語も工夫して使いましょう。
  • あなた目線の情報提供になっていないか常にチェックして、読者目線を意識しましょう。
  • 数字は正確に具体的に。
  • Webライティングのコツでいちばん重要なのは、「あなたらしさ」です。「視点」をベースにコンテンツを書きましょう。

今回の記事で紹介しているWebライティングのコツを意識して、多くの人に読まれるコンテンツを作っていただけたら幸いです。

こちらの記事も、一緒にぜひお読みください。
SEOライティング、3つのコツを駆使して上位表示を目指す

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です