不労所得を作るのを20代30代の人に薦める3つの理由

不労所得は、自分の労働が直接収入に結びつく労働収入と違って、自分の労働とは別のところから収入に結びつきます。簡単に言うと、働かずに入ってくる収入のことを指しています。

 

不労所得は一昔前なら不動産や家賃収入など、多額の初期投資が必要なものばかりで、資金を持ち合わせている人が少ない20代30代の若い世代の人たちにとって、ハードルの高いものでした。

しかし今は、多額の初期投資を必要とせずに不労所得を得られる方法があるため、一昔前に比べてハードルが下がっていると言えます。そんな今だからこそ、不労所得作るのが難しかった20代30代の人たちに、強くお薦めしたいです。

 

その理由は3つあります。今回は、不労所得を作るのを若い世代の人たちに薦める3つの理由について、お話します。

 

はじめに

今の日本は、20代30代の人たちほど搾取されていると感じている人が、少なくありません。

 

昔に比べれば、若い人の給料は上がりにくくなっています。

昔に比べれば、資産を作ることすら難しくなっています。

 

今や日本全体が、「お金を稼ぐ」ために、毎日身をすり減らしながら働いていると言っても、過言ではありません。ヘタしたら、朝早くに出社して、サービス残業までして夜中まで働いている人さえいます。

こんな生活が続いて自分の生活を圧迫していくと、ストレスによって身も心もボロボロになってしまいます。

 

いつから、日本はこんなにも「お金を稼ぐ」ことが難しくなったのでしょう?

 

でも、ちょっと待ってください。それで希望を捨ててしまうのは、まだ早いです。

 

不労所得によって、今よりもはるかに大きくお金を稼ぐことができるチャンスが、私たちの目の前には広がっているんです。

逆に、20代30代の人たちほど、このチャンスを掴み取ることが可能なのです。

 

1.20代30代こそ、不労所得を作るべき理由

一昔前も今も、この世代は、「苦労は買ってでもしろ」という先人たちの教えのもとで、自分の時間を作るヒマもないぐらい働いています。

もちろん、これを全否定しているのではありません。楽して、お金を稼ぐことはできません。お金を稼ぐためには、そのための努力が必要です。

 

でも、「組織」の時代から「個人」の時代へと変わっている今、汗水たらしてがむしゃらに働いているだけでは、人生を豊かにすることはできません。

お金を稼ぐ効率が求められてくるのです。

 

そして何より、感受性も豊かで発想も柔軟で、可能性にあふれた20代30代の時を、仕事に忙殺されて知識も経験も増やせないまま終わらせてしまうのは、とてももったいないことです。

 

1-1.不労所得を作ることで前向きになれる

何らかの形で不労所得を作ることができれば、収入が増える以上に、精神的な安定が増えます。

 

毎日毎日、サービス残業までして夜遅くまで歯を食いしばりながら働いているのは

「クビになって無職になるよりはマシ」

と、いう思い込みがあるからではないでしょうか。

 

人間は長い間強いストレスにさらされると、「もう、この状況を抜け出すのは無理なんだ」と思い込むようになり、それによってメンタルブロックを作ってしまうのです。

そうなると、その状況から逃れようとする努力することができなくなってしまいます。それが、どんなに辛い環境でも、です。

 

メンタルブロックについて詳しくは、こちらの記事を読んでみてください。

あなたの成功を邪魔するやっかいもの、メンタルブロック

お金のメンタルブロックをはずしたら…!?

 

でも、不労所得を作ることができれば、働かずに安定した収入を得ることができるようになります。それによって

「好きでもない今の仕事を、無理してまで続ける必要はない!」と、思考を切り替えることができるようになるのです。

 

1-2.若い世代だからこそ作りやすい不労所得

一昔前の不労所得と言えば、不動産や株、自動販売機、フランチャイズのオーナーなど、どれも多額の初期投資が必要で、会社勤めだけで生活している20~30代の人たちには、とてもハードルの高いものばかりでした。

でも今は、インターネットやスマホの普及で、不労所得を作るためのハードルはグンと下がり、アイデア次第では、いくらでもそれを増やすことができるのです。

 

そして、20代30代の人たちは、50代60代の、いわゆる「団塊世代」の人たちに比べて、パソコンやインターネットなどの、新しい技術や知識を吸収するスピードが速いです。そこで培ってきた経験と技術をもとにして、新しいビジネスを生み出す可能性が十分にあるのです。

 

たとえば、YouTuberとして一気に有名になった「ヒカキン」なども、そういった若い世代の人です。この人のように、私たちが知らないだけで、若い世代の人は新しい技術を素早く吸収し、ビジネスを構築し続けています。

 

ビジネスチャンスは、新しい技術が生み出されるたびに生まれてくる

と、いうことを考えると、新しい技術をすぐに吸収できる若い世代だからこそ、団塊世代の人たちよりも、不労所得を作りやすい、と言えるのではないでしょうか。

 

1-3.守るものが少ないというメリット

20代30代の人たちには、団塊世代の人たちに比べて守るものが少ないというメリットがあります。2年後、3年後につながる不労所得を作ることを、その気になれば今日からでも始めることだって、できちゃうんです。

 

団塊世代には資金力があって、その分自由があるように思えますが、実はそうでもありません。若い世代の人たちに比べて、制約が多かったりするのです。

団塊世代の人たちになると、ほとんどが結婚して子供もいるでしょう。ローンを組んでマイホームを買っていたりするでしょう。家族を養っていくために、ローンの返済にと、他にもいろいろあるでしょうが、とにかく毎月一定以上の金額が必要となります。

お金に関してだけ見ても、20代30代の人たちよりも多くの制約があるのです。

 

それに対して、20代30代ともなると、独身の人が多いです。自分の生活さえ成り立ってしまえば、多少無理をしても、誰かに迷惑をかけるということはありません。

家賃と食費さえ確保できれば、あとは不労所得を作るために投資することもできるのです。

 

20代30代の人たちは団塊世代に比べて、収入も少なく先がないように思えるかもしれません。でも、団塊世代の人たちにはできない方法で、お金を捻出することが可能です。だから、強い意志さえあれば、むしろ若い世代の方が、不労所得を今のうちから作りやすいと言えます。

 

2.不労所得を作るのを薦める現実的側面

20代30代の若い世代だからこそ、不労所得を作って自分の価値を上げることが、この先の人生において大きな意味をもちます。

今度は、現実的な側面からお話していきます。

 

2-1.会社はあなたを、守ってくれない

バブル時代が終わってから、もう20年が過ぎようとしています。

「失われた20年」なんて言葉が、いまだに使われたりしていますが、これからの日本は、その失われた20年と同じ時代が、ずっと繰り返されると言われているのです。

 

少子化だったり、高齢化だったり、グローバル化だったり、いろいろな要因がありますが、バブル時代が再び日本に訪れることはなく、多くの人は今の生活を維持するのがやっと、ヘタしたらそれすらもできなくなるかも知れません。

 

「年功序列」、「終身雇用」なんて言葉は、もう過去の遺物です。会社や組織が、あなたを守ってくれるという時代は、とっくの昔に終わっています。

一流企業でさえ倒産してしまう今の時代、会社があなたを守ってくれる保証は、どこにもありません。

 

自分の身は、自分で守らないといけないのです。

 

2-2.あなたを守ってくれる資産『不労所得』

あなた自身の話にして、もし、病気や事故などで満足に動けない状態になってしまったら…?

身体が動かなくなって働けなくなるということは、収入を得ることができなくなるということに直結するのです。

 

もちろん、今は健康で何の不自由もなく暮らしていることと思います。でも、5年後10年後、もっと言ったら明日、今のままでいられるという保証は、ないですよね。

そんな時、キャッシュポイントが会社の給料だけだとしたら、即生活が成り立たなくなってしまうのです。

 

でも、不労所得を作れるビジネスを自分で1つでも持つことができれば、そういう万が一の時に、あなたの生活をつなぎ止めることができます。

 

つまり、不労所得を作るビジネスを自分で構築することができれば、「転ばぬ先の杖」として、将来降りかかるかもしれない不測の事態から、あなた自身の身を守ることだってできるようになるのです。

 

3.夢を叶える不労所得

ここまで、20代30代の人たちこそ不労所得を作るべきだということを、現実的な面からお話していきました。

読んでいて暗い気分になってしまったかもしれませんが、今度は夢や希望(←大げさかもしれませんが…汗)という側面から、お話したいと思います。

 

3-1.ポルシェは「高嶺の花」?

たとえば、ポルシェやヨットのオーナーと聞いて、あなたはどんなイメージを持つでしょうか?

お金に余裕がある、比較的年配の人で、悠々自適に毎日を楽しんでいる。個人差はあると思いますが、だいたいこんな感じではないでしょうか。憧れはあるけれど、自分とは遠い世界、違う次元のこと。そんな風に感じているかもしれません。それ以前に、そこに意識が向く人は、ほとんどいないかも。

 

たしかに、20代30代で雇われの身である会社員であるうちは、ポルシェオーナーやヨットオーナーになって、悠々自適な毎日を送るのは、到底かなわないことでしょう。

頑張って貯金したとして60代、ヘタしたら70代前にしてようやく叶うことではないでしょうか?今の時代では、それすら微妙かもしれません。

どちらにしても、会社員でそれが実現するのは定年で退職する辺りということです。

 

人生が終わりに差し掛かってきたところで、ようやく実現するんです。

「実現しないで終わるより、ぜんぜんマシだ!」という意見もあると思いますが、そのために気力や体力が充実している20代30代の時を捧げてしまうのは、ちょっと…と、思いますよね。

 

ポルシェオーナーやヨットオーナーに憧れはあっても、高嶺の花のように思って、なかなか意識が向かないのは、こういったことが背景にあるのかもしれません。

 

3-2.「高嶺の花」では終わらない不労所得

不労所得を作るということは、単純に収入が増えるということだけでなく

自分の収入を自分で決められるようになる。と、いうことでもあるのです。

 

あなたの努力とアイデア次第では、不労所得を作り、それを大きく増やすことだって、できるんです。不労所得を構築できたら、今まで憧れだけで終わっていたことも、20代30代のときに手に入れることだって可能なんです。

 

イメージしてみてください。

朝、カーテン越しに入ってくる朝日で目が覚めます。軽くシャワーを浴びてから庭に出ると、待ってました!とばかりに、飼っている犬が(←バーニーズ・マウンテンドッグ オス)あなたに駆け寄ります。犬にエサをあげてから、あなたもトーストとオムレツの朝食を取ります。

朝食を取って、日課になっているメールチェックを済ませてから、車で買い物に出かけます。車は、ポルシェ・ボクスターS。色はシルバーです。

買い物が終わって車に戻ると、知らない人から声をかけられます。「この車は、何て言うんですか?」と。そしてあなたは、「ポルシェです」と答えます。

すると相手は、「スゴイですね!」「いいな!」「羨ましい!」と、とにかくあなたのことを羨ましがります。

こんなやり取りは、月に5回以上は経験しているので、もう慣れっこです。相手に軽く挨拶をしてから、また自宅に戻ります。

 

あなたにイメージしてもらうために、僭越ながら今の私のライフスタイルも交えて、お話しました。バーニーズのくだりは、私自身の憧れも入っていますが。笑

それはとにかく、こんなライフスタイルも、その気になれば手に入れられるんです。

それでもあなたは、憧れるだけで終わらせますか?

 

ポルシェを買えた人は、どんな人でしょうか?お金持ち??いやいや。こちらの記事も、参考にしてみてください。

確実にお金を引き寄せる方法に潜む「落とし穴」

 

4.20代30代の人に勧めたい不労所得の作り方

20代30代の若い世代の人たちこそ、不労所得を作るべき、そして、努力次第で団塊世代の人たち以上に、不労所得を作りやすいことは、お分かりしていただけたでしょうか。

じゃあ、20代30代の人たちには、どんな不労所得がおすすめなのでしょうか?

 

私がおすすめしたいのは、ネットビジネスです。

 

ネットビジネスは、初期投資が少なく抑えられるので、資金がなかなか用意できない若い世代に、ぴったりの不労所得獲得法なのですが、私が20代30代の人たちにおすすめしたい理由は、他にあります。

それは、若いからできるフットワークの軽さということです。

 

4-1.フットワークが軽いということは…

フットワークが軽いということは、その分、お金につながる人脈を作りやすいということでもあります。

そして、20代30代の人たちは、団塊世代の人たちに比べてしがらみもなく、生活のリスクも少ない分、スピーディーに動くことができます。

 

ネットでちょっと話して、そこで意気投合して、次の月にはビジネスパートナーとして、お互いを助け合っている。なんていう話も、ネットビジネスの世界では珍しくありません。

 

そんなネットビジネスの世界で、スピーディーにビジネスを展開しているのが20代30代の人たちなのです。

 

若いからこそ、一見無茶と思える冒険ができる、それによって不労所得を作るチャンスを掴むことができるのです。確実に成功したいなら、20代30代の若い世代こそ、始めるべきです。

 

さいごに

「若者の○○離れ」なんて言葉が叫ばれて、「日本の未来は暗い」と、マスコミやネットなどは無責任に煽り立てていますが、この言葉は正しくないと私は思っています。若者は、そもそも○○に触れる機会すらないからです。

 

そして、これからの未来を明るくするのは私たち、20代30代の一人ひとりだと思っています。

 

この記事に共感していただいて、マスコミやネットの無責任な言葉に踊らされず、明るい未来のために、今から不労所得を作る挑戦を始める人が一人でも増えたら、こんなに嬉しいことはありません。

 

こちらの記事も、参考にしてみてください。

不労所得を作る|ゼロから始めるおすすめな方法とその理由

不労所得を作るのにネットビジネスが最適な3つの理由

人生1度っきり!あなたは、本当にこのままで良いですか?

 

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「人生で何がしたいのか?」分からないまま彷徨っていましたが、メンターとの出会いで人生が180度変わりました。 アフィリエイト、ネットビジネスはもちろん、インターネットの知識はほとんどゼロ!!でしたが メンターから1から徹底的に教わり、始めて1年足らずでネットビジネスで成功することができました。 今は、それまでの経験をもとに、ブログ執筆のかたわら、コンサル活動をしています。