ホーキング博士の言葉から見る人類の本質的問題と、これから重要なこと

2018年3月14日、スティーブン・ホーキング博士が亡くなりました。ここでは、ホーキング博士のご冥福をお祈りするとともに、ホーキング博士が遺してきた言葉から、今人類が抱える本質的な問題と、これから重要になってくることを私なりに探ってみました。

 

スポンサーリンク

スティーブン・ホーキング博士

本題に入る前に、スティーブン・ホーキング博士を知らない人のために、ホーキング博士について簡単に説明したいと思います。

ホーキング博士とは

スティーヴン・ウィリアム・ホーキング博士(Stephen William Hawking、以下:ホーキング博士)はイギリスの物理学者で、1963年にブラックホールの特異点定理を発表し世界的に名を知られました。

ホーキング博士は、1971年に「宇宙創成直後に小さなブラックホールが多数発生する」とする理論を提唱、1974年には「ブラックホールは素粒子を放出することによってその勢力を弱め、やがて爆発により消滅する」とする理論(ホーキング放射)を発表しました。

それらの理論が、のちに量子宇宙論という分野を形作ることになりました。

またホーキング博士は、「車椅子の物理学者」としても知られ、1960年代、学生のころに筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症したとされています。

ALSは長い間、発症から5年程度で死に至る病と考えられていましたが、途中で進行が急に弱まり、発症から50年以上にわたり研究活動を続けてきました。

晩年は意思伝達のために重度障害者用意思伝達装置を使い、スピーチや会話などでは、コンピュータプログラムによる合成音声を利用していました。(Wikipediaより引用)

ホーキング博士は、あの人たちと…

ホーキング博士の命日(3月14日)は、20世紀最大の物理学者として知られるアインシュタイン(アルベルト・アインシュタイン、1879年3月14日 ~ 1955年4月18日)の誕生日と同じで、さらにアインシュタインと同じ76歳で亡くなっています。

さらに驚くことがあります。それは、ホーキング博士が生まれた1942年1月8日は、地動説で有名なガリレオ・ガリレイの没後300年にあたるということです。

物理や宇宙の分野で偉大な功績を遺したホーキング博士。その誕生日や命日、年齢が、同じ分野での歴史的な人物たちのそれらと重なり、「こんな偶然」「運命のような気がする」と、Twitterで話題になっています。

ホーキング博士の警告

ホーキング博士は近年、私たちに向けてさまざまな警告を発していました。過激にも取れるホーキング博士の発言は、どれもが衝撃的で、たびたび話題になっていました。

その警告は大きく分けて、科学技術の発展(最近特に目まぐるしい発展を見せているAIも、それに含まれています)による人類の滅亡、そして宇宙人についてです。

ここでは、その1つ1つについて詳しく触れません。興味を持たれた方は、ぜひ1度ググってみてください。本当に、たくさんの記事や動画がヒットしますから。

 

ホーキング博士の言葉から見る、人類が持つ本質的問題

人類に対する警告を数々遺してきたホーキング博士ですが、それらをかなり大ざっぱにまとめると、科学技術の進歩、そしてその悪用が人類の滅亡に繋がると言うことだと思います。

でも、その本質的な原因はもっと別のところではないかと、私は思います。そう思ったのはホーキング博士の、「ある言葉」を読んだからです。

その言葉は、数々のホーキング博士の名言の中では、あまり知られていないもののようです。

ホーキング博士の、あまり知られていない言葉

2016年6月23日、ホーキング博士の母国イギリスがEU離脱を国民投票で決議したことは、記憶に残っている人も多いのではないでしょうか。

ホーキング博士は、イギリスのEU離脱がまったくの間違いであると主張して、国民投票の前からEU離脱反対の立場を取っていたそうですが、(国民がEU離脱を選んだ)そもそもの原因は、昨今の社会を覆う「富」に偏重した価値観によるものだというのが、ホーキング博士の考えです。

価値観が極端に「富」に傾いているからこそ、人々は不公平感を抱くのだというホーキング博士の説明ですが、この極端に偏った価値観が、今人類が抱えている本質的な問題ではないかと、私は思います。

太古の昔から引き継ぐ、人類が生き残る為の鍵

太古の昔には、自己中心的であること、攻撃的であることが人類が生き残る為の鍵でした。現在も人類はその時の自己中心的、攻撃的な性質を祖先より引き継いでいます。

この言葉を読んだとき、私はある2文字の単語が浮かびました。それは「利己」です。

私たち人類は、まさにこの言葉通りに、これまで歩んできたのではないでしょうか。それが良いか悪いかはともかく、それによって特にこの100年は本当に目覚ましい進歩を遂げてきました。そして、私たちの生活スタイルは飛躍的に向上したと思います。

ですが、それによって私たちは大事なことを忘れてきてしまった気がするのです。それは何か?後でお話します。話を戻してそれによって、豊かさ=お金の有無という風に、多くの人が思い込むことに繋がったのではないかと思うのです。

100%、同じ答えが返ってくる質問

実は、私がメンターのもとに通い始めた頃、メンターからある質問をされたことがあります。その質問とは、「人類は今、どこに向かっているか?」というものです。メンターが言うには、この質問にみんな同じ答えを返してくるということでした。私もそれに漏れず、同じ答えをしました。

それ以来、私もいろんな人に問いかけてきたのですが、返ってくる答えは、本当におもしろいぐらい全員一緒でした。どんな答えだと思いますか?

それは「滅亡」です。「人類は今、滅亡に向かっている」みんなが、そう答えるのです。みんなが同じ答えをするなんて信じられないかもしれませんが、それも何となく納得できてしまうのではないでしょうか。

さらなる「富」を求めて

「もっと豊かになりたい」ストレートな言い方をすると、「お金が欲しい」ということです。

「そのためなら、他人がどうなろうが構わない」そのような思いで人は、さらなる「富」を求めて人と奪い合い、争っています。そして、それがエスカレートすると、最悪の場合殺し合い、果ては戦争にまで発展してしまいます。

科学技術が発展して核兵器や細菌兵器などの大量殺戮兵器が開発された今、1つのいさかいが壊滅的なダメージに繋がってしまう危険があるのです。

それだけではありません。「今より、もっと豊かな暮らしがしたい」その思いで、私たちは自然を切り開いて町を作ってきました。

自分たちのより良い暮らしのため。他の動物や自然への多少の犠牲は、しょうがない。これくらいなら良いか。その積み重ねが、取り返しのつかないところまで来てしまいました。

大気汚染、海洋汚染、オゾン層破壊、地球温暖化など。私たちがこれまでに行なってきたツケが今、回ってきているのです。

これだけ見ても、このまま進んでいけばどうなるか?言うまでもないですよね。すべては利己のため。まさに、ホーキング博士の言う「『富』に極端に偏った価値観」が、今の状況を作り出していると思わずにはいられません。

 

ホーキング博士の言葉から見る、これからの人類に必要なこと

「『富』の狭い定義と公平な再分配の失敗」によって、国家間の隔たりはどんどん大きくなっていき、それが行き過ぎてしまうと、「人類の行く末について、楽観的になることができない」とするホーキング博士。

実は、この時の発言には続きがあるそうなのですが、その中に、人類にとってこれから重要なことがあると、私は思っています。

シェア

人間はいつでも臨機の才に溢れた存在であり、柔軟に環境に適応してきました。

我々は『富』の定義に知識、自然資源、人間の能力などを加えて、より幅広いものにしなければなりません。 そして同時に『富』をより公平にシェアすることを学ばなければなりません。

これができれば、社会が一体になることに何の制限もなくなります。

「富」をより公平にシェアすること、とホーキング博士は述べていますが、この「シェア」こそが私が思う、これからの人類にとって必要なことです。

共有すること、分かち合うこと、などとも言い換えられるでしょうか。飛躍しすぎるかもしれませんが、利己ではなく「利他」の精神が、これから重要なのではないかと、私は思います。

人類が忘れてきたもの

人類だけが特異な存在であるという考えは捨てて、思いやりと謙虚さをもって行動しなければならなくなる

私たち人類は、生まれ持つ「自己中心的、攻撃的な性質」を祖先より引き継ぎながら、一大文明を築いてきました。その功績は、間違いなく偉大なことです。

でもそれと同時に、大自然、地球、もっと言って宇宙に対する畏敬の念というか、そう言ったものに対する恐れとか感謝の心を、どこかに忘れてきてしまったように思います。そして、自分たちのことを特別な存在だと思い込んで、傲慢になっているようにも思うのです。

ヨットの回航を経験したからこそ改めて感じるのかもしれませんが(その時のことは、こちらの記事でお話しています)私たち人類は、宇宙の中で無数に存在するうちの、ただの1つの存在でしかありません。

誰が最初に言ったか不明ですが、人類のことを「霊長類」と呼ぶときがありますが、それはとんでもない思い上がりのように私は思います。

とは言え…

とは言え、「キレイ事だ!」とか「理想論だ!」と言われるかもしれません。「シェアが重要」とか「利他だ」と言っている私自身、その境地にはまだまだ遠く及んでいません。でも私は、

私の発言は破滅的に聞こえるかもしれませんが、私は楽観主義者です。いずれ人類はこれらの危機に対処するため立ち上がるでしょう

私は楽観的だから、人類にはそれができると信じているよ

というホーキング博士と同じく、私たちの可能性を信じて目指したいと思います。

 

さいごに

ホーキング博士が今までに遺してきた言葉で、あまり世間には知られていない言葉から、人類が滅亡の危機に瀕している本質的な問題と、これからの人類が必要になってくることについて、私が思ったことをお話しました。

最後に、今回ホーキング博士の記事をいろいろ読む中で、特に印象に残った言葉をご紹介します。私も、ホーキング博士の期待に少しでも応えられるよう、これからもこのブログで発信していきたいと思います。

足元ばかり見てないで、夜空の星を見上げることを忘れないで下さい。自分の仕事を諦めてはいけません。仕事はあなたに意味と目的を与えてくれます。そして人生は仕事がなくては空虚なのです。

もし、あなたが幸運に恵まれ、愛する人に出会ったならば、愛はそこにあることを忘れないで、決してそれを投げ捨てないで下さい。

ブラックホールはそう見えるほど黒くはないということです。

ブラックホールは皆さんが思うような永遠の刑務所ではありません。ブラックホールに飲み込まれた物は、ブラックホールの外、あるいは別の宇宙へと抜け出すことができるのです。

ですから、もし皆さんがブラックホールに落ちたような気分になったとしても、決して諦めないで下さい。出口は必ずあるのです。

……確かに、苦痛を感じている人は、そう望むならば、自分の人生を終わらせる権利を持つべきかもしれません。しかし、私はそれは大きな間違いだと思うのです。

どんなに苦しい人生であろうとも、あなたにはやれることがあり、成功することだってできるのです。命あるところに、希望はあるのです。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください