節分といわしの知られざる切っても切れない関係

はじめに

つい先日、年が明けたと思ったら、もう1月も残りわずか。2月の足音がもうそこまで聞こえてきています。速いですね。歳をとるごとに、月日が経つのを速く感じます。歳はとりたくないものですよね。
これ以上引っぱると、のっけからテンションが下がるだけなので、この辺にしときます…(爆)

厳しい冬の寒さもようやく終わりに差し掛かり、暖かい春の訪れを待ち遠しく感じるのも、この時期ではないでしょうか?

 

そんな2月の行事として、真っ先にあげられるものの1つに「節分」があります。
節分といったら、何といっても豆まきですよね?「鬼は外!福は内!」という掛け声とともに、鬼に豆をぶつけて鬼を払い、福を呼び込もうという行事です。
あの豆が意外においしくて、そのまま食べたりとかしてたので、子供の頃、よく親に怒られていました(笑)

ところで、そもそも節分って、どういうものかご存知でしょうか?節分=豆まきではないんです。

 

そして、タイトルにもあげましたが、節分について何気なくググっていたら、なんと、節分と一緒に出てくる検索ワードの上位に「いわし」の名が!!

「え?節分といったら豆まきでしょ!なんで、いわし!?」と思って調べてみたら、驚くようなことが分かりました。(私がただ単に、知らなかっただけですが… 汗)

節分といったら、豆まきと一緒にいわしがあげられるくらい、古くから、節分には欠かせないものだったんです。

 

今日のテーマは、そんな節分といわしについてです。
それでは、いってみましょう!

 

節分とは?節分の由来

いわし

あなたは、こんな思い違いをしていませんか?節分は2月3日の年に1回だけのもの。実は、違うんです。

そもそも、節分って何でしょうか?それをご説明します。

 

年4回!?節分とは?

春夏秋冬、言わずと知れた日本の四季ですね。日本の旧暦では、それぞれの季節の始まりの日が決まっていて、それぞれを立春、立夏、立秋、立冬と呼んでいます。節分とは、その立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを言って、「季節を分ける」という意味があります。つまり節分は1年に4回あるんです。

日本では昔から、春が1年の始まりとされていました。今でも、その名残はありますよね?入学式や入社式などが、今の春の時期である4月に行われるのは、まさにそのためです。その春の始まりである立春の前日が、今で言うところの2月3日にあたるんです。

「2月なんて、まだまだ冬まっただ中じゃん!」と思うでしょうが、旧暦では、ここからが春なんです。

1年の始まりが立春ということは、その前日は大晦日になります。この日に、1年の厄を払って、気分を新たに次の年を迎えるための厄除けとして、鬼に豆まきをしてやっつけるようになったのです。

 

なぜ豆なのか?

豆は「魔滅」に通じて、鬼に豆をぶつけることで、邪気を追い払い、1年の無病息災を願うという意味合いがあります。

豆をまく時の掛け声「鬼は外!福は内!」ですが、これも地方によって、呼び方がいろいろあるようです。
ある地方では、田植えの時期に暴風雨に見舞われて、それを鬼が救ったという伝説があるため、「福は内!鬼も内!」というようです。

 

節分といわしの意外な関係

柊鰯

実は、いわしは節分に魔除けや厄除けの風習として、昔から使われていたんです。

昔から、臭いものや尖ったものを厄払いに用います。そこで臭いいわしの頭を焼いて尖った柊の枝に刺し、それを家の戸口に置いて鬼の侵入を防ぐ「焼嗅(やいかがし)」という風習が生まれました。また、いわしを戸口で焼いて、臭いをかがせることを「焼嗅」とも呼んでいます。

この、焼いたいわしの頭を柊の枝に刺したものを「柊鰯」と呼び、節分に行われる魔除けや厄除けの風習として、古来から伝わっています。
古くは平安時代から柊鰯は行われていたと、「土佐日記」には記されているそうです。

また、鬼が嫌いな異臭を放つものとして、ニンニクやラッキョウを用いる地域や、いわしの頭ではなくしっぽの部分を飾るなど、地域によって若干の違いがあるようです。

最近では、柊鰯を玄関に置く家は少なくなってきましたが、節分にいわし料理を食べる地域は、今でもあります。

 

節分に食べたい!いわし料理

いわしには、DHAやカルシウムなどの栄養が豊富に含まれています。そのいわしを節分に食べることで、健康を願うという意味があるのかも知れませんね。

ここでは、そんな節分に食べたいいわし料理をまとめました。

 

いわしの塩焼き

魚料理といったら、まずは塩焼き。「ベタすぎる!」というツッコミは気にしません!!日本人なら、黙って塩焼きでしょう!

 

レシピは、こちらです。

節分*イワシの塩焼き

 

いわしのつみれ鍋

寒い冬の定番、鍋料理!ここでも、いわしは大活躍です。つみれは手間がかかりますが、出来上がりを食べた時に、それまでの苦労が全部帳消しにできますね。

 

レシピは、こちらです。

節分にも◆いわしのつみれ鍋(塩味鍋つゆ)

 

いわし入り恵方巻き

最近、すっかり節分の市民権を取っている感の恵方巻き。そんな恵方巻きにも、いわしを取り入れてみましょう。

 

レシピは、こちらです。

2015年節分・恵方巻き(いわし入り)

 

いわしつみれのトマト煮

いわしと豆まきで使う煎り大豆が、夢のコラボレーション!いわしのつみれと煎り大豆で作ったトマト煮です。節分ということもあって、和食にいきがちですが、そこをあえて洋風アレンジするのが新鮮ですね。

 

レシピは、こちらです。

節分に●いわしつみれと大豆のトマト煮●

 

まとめ

今回は、私の無知がきっかけで(汗)節分といわしの関係についてご紹介しました。

ネットビジネスは基本的にインドアでの作業で、寒い時期ということもあって、体調も崩しやすいですよね?さらに、長時間パソコンにも向き合うので、どうしても、視力の低下はもちろん、集中力も低下してしまいます。

そんな、この時期だからこそ、先人たちが築き上げてきた歴史に思いをはせながら、栄養豊富ないわしを食べて、暖かい春を笑顔で迎えたいですよね。

 

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事も、あなたの参考になります。

日本人として常識!?元旦と元日の決定的な違い

クリスマスデートで絶対やってはいけないこと第1位は…

ボジョレーヌーボー解禁日は、なんで11月第3木曜日?

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「人生で何がしたいのか?」分からないまま彷徨っていましたが、メンターとの出会いで人生が180度変わりました。 アフィリエイト、ネットビジネスはもちろん、インターネットの知識はほとんどゼロ!!でしたが メンターから1から徹底的に教わり、始めて1年足らずでネットビジネスで成功することができました。 今は、それまでの経験をもとに、ブログ執筆のかたわら、コンサル活動をしています。