SEOライティング、3つのコツを駆使して上位表示を目指す

search-engine-optimization-man

時間をかけて心を込めて作り上げた、あなたのコンテンツ、一人でも多くの人に読んでもらいたいと思いますよね?そのためには、やはり検索エンジンで上位に表示されることが一番です。

でも、ただ文章を書くだけでは、なかなか上位表示されません。検索で上位表示されるには、SEOを意識したライティングテクニックを駆使する必要があるのです。

ここでは、そんなSEOライティングの3つのコツをご紹介します。SEOライティングのコツを身に付けて、上位表示されるコンテンツをたくさん作っていきましょう。

 

スポンサーリンク

SEOライティングは、1つ1つのコンテンツに対するSEO

SEOライティングのコツのお話に入る前に、そもそもSEOって何なのか?というところから入っていきます。

SEOとは、日本語にすると「検索エンジン最適化」という意味で、あなたのブログやコンテンツがGoogleやYahoo!などに代表される検索エンジン(以下、Googleとします)で、より上位に表示されること。または、そのための一連の活動を言います。

サイトへのアクセスを上げる方法は、「濃いユーザーを獲得する」ということに関して見たら、やはり検索からの流入を確保することがいちばんです。

その理由は、Googleで検索をかける人は、何かしらの興味や知りたいことがあって、その解決のためにGoogleを利用するからということです。

たとえば、ハンバーグを作ろうと思っていて、美味しいハンバーグの作り方を知りたい人は、「ハンバーグ 作り方」などのキーワードでGoogleで検索しますよね?

ここで、SEOがうまくいって、コンテンツがGoogle検索で上位に表示されると、たくさんの濃いユーザーの訪問が見込めるようになるという訳です。しかも、ほとんどお金をかけることなく、です。だからこそ、SEOが重要なのです。

SEOライティングは、サイト全体ではなくサイト内の1つ1つのコンテンツに対してのSEO手法になります。

 

SEOライティングの重要な考え方

SEOライティングで一番重要なのは、とにかくコンテンツです。もう少し詳しく言うと、ユーザーとGoogleの両方が喜ぶコンテンツを作り、それを提供し続けることです。

ユーザーとGoogleの両方が喜ぶコンテンツとは、何でしょうか?あえて定義をするなら、それは、「ユーザーにとって有益で読みやすい」「読む人の人生までプラスになる、学びや発見・気づきが得られる」良質なコンテンツです。

「読む人の人生がプラスになる」は大げさだとしても、「有益で読みやすい」コンテンツは、検索ユーザーが普通に求めることですよね。当然、そうあるべきだとも言えます。

そして、Googleもコンテンツの質そのものを重要視するようになり、そういった質の高いコンテンツが上位表示されやすくなったのです。

つまり、ユーザーにとって有益で読みやすい良質なコンテンツが、ユーザーとGoogleの両方に評価され、その結果、検索からの訪問者も増えていくということです。

逆に言えば、ユーザーに読みやすい有益なコンテンツが書ければGoogleで上位表示される訳で、そう考えると、人間である私たちに読みやすいコンテンツ=Googleに読みやすいコンテンツと、なりそうですよね?

でも残念ながら、現時点ではまだ、「人間が読みやすいコンテンツ=Googleが読みやすいコンテンツ」という図式が、100%成立していないのが現状です。

とはいえ、Googleのアルゴリズムはアップデートを重ねて、日々進化をしています。人間のユーザーが読みやすくて有益なコンテンツというのを基準にして、かなり高い精度で日々コンテンツをジャッジしているのです。

だから、SEOライティングのコツで根幹となる考え方は、

「Googleもコンテンツを読んでいる」ことを頭の片隅に置いて、人間のユーザーに読みやすい、有益なコンテンツを作ること。

これに尽きます。

 

SEOライティングのコツ・読みやすいコンテンツ編

SEOライティングのコツは、人間とGoogleの両方に読みやすい、有益なコンテンツを作ることです。ここでは、そのうちの「読みやすい」にフォーカスして、SEOライティングのコツをご紹介したいと思います。

人間とGoogleの両方が読みやすいコンテンツにするには?

SEOライティングのコツとなる、人間とGoogleが読みやすいコンテンツにするには、そのコンテンツに何が書かれているのか?そのコンテンツのテーマは何か?というのを、分かりやすく伝えることです。

ブログを訪問したユーザーが、そのコンテンツを読むかどうかをジャッジするのにかかる時間は、1秒程度だと言われています。この時間は、3秒だという説や1秒以下とする説がありますが、とにかくそんな短い時間でジャッジしているのです。

その短い時間内に、「あなたの求めている情報は、ここにありますよ!」ということを伝える必要が、あるのです。ユーザーがコンテンツを読むべきだとジャッジして初めて、コンテンツを読み進めてくれるのです。

SEOライティングのコツ!コンテンツの構成

SEOライティングのコツ。そのコンテンツに何が書かれているか?求めている情報が、ここにあると分かりやすく伝えるために、コンテンツの構成をどのようにしたら良いか?

流れとしては、以下のようになります。

タイトル(h1)

冒頭文(リード文)

大見出し(h2)

小見出し(h3)

大見出し(h2)

小見出し(h3)



まとめ(h2)

上のように、「hタグ」と呼ばれる見出しタグ(以下、hタグとします)を配置して、コンテンツを作っていきます。h1だけでなく、h2、h3、場合によってはh4まで使っていきます。

hタグを配置していないと、読みづらいコンテンツと見なされて、Googleの評価は下がってしまうのです。それでなくても、見出しのない文章は、私たちにとっても読みにくいですよね?ということで、人間とGoogleが読みやすいコンテンツのために、hタグをバランスよく配置しましょう。

それぞれの詳しい解説は「1記事だけで1000PVを獲得するブログ記事の書き方」で行なっているので、ぜひ合わせてお読みください。

ここではhタグについて、大切なポイントを2つお話しします。

h1タグを使うのは最初の1回だけ

h1タグは、コンテンツのタイトルに当たるものなので、1つのコンテンツに1個だけにします。

2個以上入れてしまうと、タイトルが複数存在してしまうことになり、「このコンテンツは、何をテーマにしているのか?」Googleが分からなくなり、評価が下がってしまいます。

「h1は、最初の1回だけ」これを、必ず守りましょう。

h2タグからは、何回でも使ってOK!でも…

h2タグ以降は大小の見出しになるので、何回でも使ってOKです。上のようにh2→h3→h4→h2…という感じで

h2を基準にして数字通りの順番で配置します。

でも、h1→h3→h2やh2→h4→h3などのような配置になるのはNGです。

コンテンツの構成が分かりづらくなって、コンテンツの内容をGoogleが正確に読み取れなくなってしまい、評価に悪影響を与えてしまうのです。

以上が、読みやすさにフォーカスしたSEOライティングのコツになります。人間とGoogleに読みやすいコンテンツを意識して、hタグを効果的に配置しましょう。

 

SEOライティングのコツ!キーワード編

SEOで重要な要素は、ずばりキーワードです。「キーワードを制する者はSEOを制する」と言っても、過言ではないほどです。先ほどもお話ししたように、Googleで検索をかけて訪問してくるユーザーは、知りたいことや調べたいことがあって、それを解決するためにGoogleを使います。

そのとき、たとえば「ハンバーグ 作り方」とか「お酒 飲み方」など、調べたいことにまつわるキーワードで検索しますよね?

そして、Googleも検索順位を決める基準として、そのコンテンツが対策キーワードと合った内容であることを重視しているのです。これを、キーワード・マッチングと言います。

  • ユーザーは何か解決させたい問題や悩みを持って、そのキーワードで検索をかける。
  • Googleはキーワード・マッチングの観点から、そのキーワードにマッチしていると判断したコンテンツをユーザーに提供する。
  • そのコンテンツを見てユーザーは、「求めている情報が手に入った」と満足する。その結果、Googleへの信頼が高まる。

SEOにおいてキーワードがいかに重要なのかが、分かっていただけると思います。

当然ですが、SEOライティングもキーワード攻略が重要になります。

コンテンツのタイトルや見出し、本文中に対策キーワードを入れていくこと。これが、SEOライティングのコツになります。具体的に、どのように入れていくのか?お話ししていきます。

SEOライティングを意識したタイトルのコツ

SEOに限らずライティングで最も重要となるのは、タイトルです。ユーザーがコンテンツを読むかどうか1秒前後でジャッジするとお話ししましたが、どこを見てジャッジするのか?といったら、タイトルになるからです。

なので、対策キーワードが(以下、キーワードとします)ちゃんとタイトルに入っているのはもちろんですが、次のポイントを押さえてタイトルを作るのが、SEOライティングのコツです。

キーワードは前詰め

Googleは、前の方にある単語にフォーカスします。なので、対策キーワードをできるだけ前に持ってきてタイトルを作ります。「お酒 飲み方」というキーワードなら

「お酒の飲み方で絶対に押さえたい6つのポイント」

という感じです。

タイトルの文字数はギリギリいっぱい

SEOライティングを意識したタイトルのコツとして、次のポイントは文字数です。Googleの検索結果画面での表示上限、ギリギリいっぱい使いましょう。また「お酒 飲み方」を例にすると

  • 「お酒の飲み方」
  • 「プロが教える!お酒の上品な飲み方5カ条」

この2つのどちらが、よりコンテンツのテーマが分かりやすく伝わるかといったら、断然後者ですよね?でも、長くなりすぎて表示上限を超えてしまうと、タイトル表示切れという残念な結果になってしまうので、気を付けましょう。

タイトルの文字数は28文字前後

「じゃあ、タイトルの文字数は何文字なんだ?」ということですが、これまではGoogleの検索結果画面での表示上限が32文字だったことから、32文字以内が望ましいとされていました。

ですが、結果画面の仕様が変更されて、表示文字数の上限は現在28~32文字とされています。

なんで、こんなアバウトな数字になっているか?というと、ブラウザやフォントによって変わってしまうことが理由のようです。ということで、表示切れのリスクも考えて「28文字前後」を、基準にしてタイトルを作りましょう。

見出しに、キーワードを入れるとき

見出しにキーワードを入れるときも、タイトルと同じように前の方に入れることを意識します。

文字数に関してルールはありません。長くても短くてもOKですが、シンプルに分かりやすく伝わる内容を心がけましょう。

見出しにキーワードを入れるのがSEOライティングのコツですが、全部の見出しに絶対にキーワードを入れないといけないという訳では、ありません。無理矢理キーワードを入れ込んで不自然な表現になってしまうと、かえって逆効果です。

「人間とGoogleに読みやすいこと」を優先して、自然な感じでキーワードを入れていくことを意識しましょう。

ファーストビューでキーワードを入れる

コンテンツタイトルとなるh1タグの直下、いわゆる「ファーストビュー」にどんな文章があるのか、をGoogleは重視します。

このファーストビューの領域には、そのコンテンツのテーマをダイレクトに伝えて、ユーザーの興味を惹きつけるためのリード文を書きます。

ファーストビューで、キーワードを入れたリード文を書くことは、SEOライティングではとても重要です。

ここでも、文章として不自然になってしまうほどの多用はNGです。最初と最後の方にキーワードを入れることを意識しましょう。

コンテンツ本文にキーワードを入れる

コンテンツの本文中にも、当然ですがキーワードを入れていきます。SEOライティングのコツとして、そのコンテンツ内でキーワードがどれだけ使われているか(キーワード出現率)重要視されていて、5%以上が目安とされていました。

ですが、現在このキーワード出現率は重視されておらず、逆にキーワード出現率を意識しすぎてコンテンツを作ると、評価が下がってしまうようです。

なので、リード文以外のコンテンツ本文中では

  • 各段落の最初と最後の辺り
  • 最後の段落(まとめ)

以上の2か所にキーワードを入れましょう。

ここまでが、SEOライティングのコツ・キーワード編になります。くどいようですが、読みやすさを優先して、不自然にキーワードを入れ込むのではなく、

文章として成立する範囲内で、キーワードを入れていくことが大事です。

 

SEOライティングのコツ・オリジナルコンテンツを作る

SEOライティングのコツ、3つ目はオリジナリティです。日本語で分かりやすく言うと「あなたらしさ」と、なるでしょうか。Googleは、オリジナルのコンテンツを高く評価しています。

とは言え、ここまでインターネットが発達した今、オリジナルのコンテンツと言われても、難しいと思うかもしれません。ですが、ちょっと視点を変えてみると、オリジナルコンテンツのハードルはグンと下がります。

欲しい情報が見つからない!ということは…?

あなたはGoogleで検索していて、こんなことを感じたことは、ありませんか?というより、1度は感じたことがあるはずです。

それは、検索したけど「欲しい情報が、全然見つからなかった」「欲しかった情報とは、全然違う内容だった」という経験です。

これって、そのキーワードにマッチしたコンテンツが不足していると、見ることができますよね?もっとストレートに言うと、

そのキーワードでコンテンツを作っている人がいない、ということです。

ということは、そのキーワードでコンテンツを作れば、それがそのままオリジナルコンテンツになりますよね?そして、そのコンテンツは高い確率で上位表示されて、先行者利益の観点から類似コンテンツが現れても、上位にとどまり続けるでしょう。

そう考えると、「欲しい情報が見つからない!」ということに、感謝したくなりますよね?

あなただけの体験談

続いては、あなた自身の体験談を入れることです。

人それぞれ個性があるように、人生も人それぞれ違っていきます。100%まったく同じ人生を歩むことは、絶対にありません。その人生で体験してきたことは、すべてあなただけのものです。

そんな、あなただけの体験談をコンテンツに入れていくだけで、オリジナルコンテンツは簡単に出来上がりです。

コンテンツのテーマにまつわる、あなたの体験があったら、積極的にコンテンツに入れ込んでいきましょう。

 

まとめ

上位表示を目指す、SEOライティングの3つのコツをお話ししました。最後に、SEOライティング3つのコツをまとめます。

  • 人間とGoogle両方が読みやすいコンテンツ構成にすることが重要です。hタグを使います。
  • h1は1つのコンテンツに1つだけです。
  • h2以降は、何回でも使ってOK。h2を基準にして数字の順番通りに配置します。でも、h1→h3→h2やh2→h4→h3という配置はNG。
  • SEOライティング2つ目のコツはキーワードです。コンテンツ内にキーワードを入れていくことです。
  • タイトルでキーワードを入れるときは、できるだけ前へキーワードを持っていき、28文字前後でまとめます。
  • 見出しでキーワードを入れるときも、タイトルと同じくできるだけ前に入れます。文字数はルールなし。
  • タイトル(h1)直下「ファーストビュー」でのリード文は、キーワードを最初と最後の方に入れます。
  • リード文以外のコンテンツ本文中では、各段落の最初と最後の辺り、最後の段落(まとめ)に、キーワードを入れます。
  • SEOライティングのコツ3つ目は、オリジナルコンテンツです。欲しい情報が見つからなかったキーワードでコンテンツを作ったり、あなたの体験談を積極的にコンテンツに入れ込むことで、オリジナルコンテンツは出来上がります。

以上のSEOライティングのコツを取り入れて、Googleで上位表示を目指してコンテンツを作りましょう。

こちらの記事も、一緒にぜひご覧ください。
Webライティングのコツは「2人の読者」を喜ばせること
クオリティとスピードを両立!Webライティング6つのコツ

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



search-engine-optimization-man

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください