プラスとマイナス|絶対に変えられない2つの法則

スポンサーリンク

宇宙の法則!プラスとマイナス

この世には、絶対に変えられない法則というものがあります。それは、

「宇宙の法則」とも言うべき、不変の法則です。

それは、プラスとマイナスです。

今回のテーマは、

プラスとマイナス、2つの不変の法則についてです。

プラスとマイナス|相反する2つのこと

嬉しくて飛び上がってしまうほどの喜びの反対には、思わず泣き出してしまうような悲しみがあります。

愛くるしくて大切にしたいと思う愛の反対には、怒りで殴りかかってしまいたくなるような憎しみがあります。

光があるところには、必ず闇があります。

このように挙げだすといくらでも出てくるので、この辺にします。

マイナスがなくなれば…

今挙げたことのどちらがプラスで、どちらがマイナスかと質問したら、

ほとんどの人が前者をプラス、後者をマイナスと答えると思います。

そして、このマイナスがなくなってしまえばいいのに!と、思うかもしれません。

恥ずかしながら、以前の私がそうでした。

この世から悲しみがなくなったら、喜びだけになって、毎日がハッピーなのに。

この世から憎しみがなくなったら、毎日が愛で溢れたものになるのに。

なんて、どこかの詩にでも出てきそうなことを、思っていました。

私だけでなく、同じようなことを思っている人は、たくさんいると思います。

プラスとマイナス、それぞれのイメージ

プラスは大事にしたい、ありがたいもの。反対に、

マイナスは邪魔なもの、できれば遠ざけたいもの。

多くの人は、多かれ少なかれ、こんなイメージを持っているのではないでしょうか?

誤解のないように断っておきますが、このことを否定しているのではありません。

私だって、マイナスは遠ざけられるに越したことはありません。

言いたいのは、

プラスを大事に思えるのは、マイナスがあるからだということです。

プラスとマイナスの宇宙の法則|2つで1つ

考えてみてください。

光というものを認識できて、そのありがたみが実感できるのは、闇があるからです。

失う悲しみがあるから、得られる喜びがあり、それを愛しく思うのです。

マイナスがあるから、プラスがより一層輝くのです。

この光と闇、喜びと悲しみのように、

世の中には必ず、プラスとマイナスの両方が表裏一体に存在しています。

どちらか片方だけ、ということはありません。

プラスとマイナスは、2つで1つです。

プラスとマイナスは、振り子のバランス

まるで、コインの表と裏のように存在するプラスとマイナス。

この2つのバランスは、どうなっているのか?

それは、振り子をイメージすると分かりやすいです。

振り子は左に振ったら、その振り幅の分だけ逆側、つまり右の方に振りますよね?

それと同じで、

マイナスが強ければ強いほど、振り子の原理でプラスがより一層強くなります。

その逆もまた、しかりです。

プラスが大きければ、それによって起こるマイナスも大きくなるのです。

愛が大きければ大きいほど、それを失ったときの悲しみや憎しみが大きくなりますよね?

これが、宇宙の法則です。例外は、ありません。

さいごに

今回は、プラスとマイナス、その2つの法則についてお話しました。

プラスとマイナスは、それぞれが表裏一体に存在しています。

そして、この2つの振り幅は、まるで振り子のように、どちらかに振ったら、振れた分だけ反対に振るようになっています。

マイナスが強ければ、その強さの分、プラスが強まります。その逆もしかりです。

プラスとマイナス、このどちらかを選び取ることは絶対にできません。

こちらの記事も参考になります。ぜひ、読んでみてください。

運気を上げる人と、運気が上がらない人の決定的な違い

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



当ブログで使用のWordpressテーマ!「Stork(ストーク)」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください