ネットビジネス、失敗知らずのリアルな情報発信とは?

ネットビジネスで失敗しない、リアルな情報発信とは

こんにちは、今野です。

 

ネットビジネスは、情報発信のビジネスです。

 

ターゲットとなる読者が求めている情報をブログなどで発信し、それに共感する読者があなたのファンになって、そこから収益が発生していきます。

そのためには、読者が求めていることをリサーチして、それを満足できる情報を惜しみなく発信し続けることが重要です。

 

でも、いくら情報が重要だからって、右から左へただ情報を流せば良いという訳ではありません。どれだけ質の高い情報を発信しても

それが読者にリアルに伝わらなければ、その情報は「非リアルに」なってしまうのです。

 

1.情報をリアルに、どう伝える?

私たちの回りには、本当に膨大な量の情報であふれています。その情報は、大きく分けて2つの種類に分けられます。

1つは「リアルな情報」と、もう1つは「非リアルな情報」です。

 

「非リアルな情報って、何なの!?」「そもそも、情報にリアルも非リアルもないだろ!」と、思われるかも知れません。

でも、ネットビジネスで失敗したくないなら、リアルな情報と非リアルな情報、この2つの違いを正しく理解することが、とにかく重要です。

 

1-1.その情報は、リアル?非リアル??

リアルな情報と非リアルな情報の違いとは、何なのか?

わかりやすく説明するために、「リンゴ」を例にしてお話していきます。

 

たとえば、「ここにリンゴがあります」これは、リアルな情報、非リアルな情報、どちらだと思いますか?

 

目の前のリンゴを端的に表現しているので、リアルに感じるかもしれませんが

実は違います。

 

「ここにリンゴがあります」目の前のリンゴを伝えるのに

これだけでは、非リアルな情報でしかないのです。

 

1-2.非リアルなリンゴでは、想像できない

リンゴがあるということを、「ここにリンゴがあります」と言うだけでは、リンゴの存在がリアルに伝わることはありません。

なぜでしょうか?

 

それは、「ここにリンゴがあります」というのは、単語のみの情報だからです。

 

そもそも、ただ一言「リンゴ」と言われただけでは、それがどんなリンゴなのか、どこのリンゴなのか、まったく想像できませんよね?

人によっては「リンゴ」と聞いて、歌手の椎名林檎さんや、リンゴ・スターさんを思い浮かべるかも知れません。

 

「いやいや、それはないでしょ!」と思われるかも知れませんが、「リンゴ」という単語だけでは、人それぞれ思い浮かべるリンゴの姿には、大きな差があるのです。

 

1-3.非リアルなリンゴから、リアルなリンゴへ

「ここにリンゴがあります」というのを、たとえば、「ここに青森産の、燃えるように真っ赤なリンゴがあります」という感じに紹介されたら、どうでしょうか?

誰もが、高級そうな真っ赤なリンゴを想像しやすくなりますよね?

 

間違っても、緑のリンゴや椎名林檎さん、リンゴ・スターさんを想像しないでしょう。

 

このように、同じリンゴでも情報を付け加えていくことで、ありありとその存在を感じられる「リアルな情報」に、早変わりすることができるのです。

さらに、そこに自分のアイデアをプラスすることで、独自性のあるリアルな情報になって、より情報の力が増すことができるようになるのです。

 

2.リアルな情報を発信するには、どうすれば良いか?

最初にも書いたようにネットビジネスは、情報発信のビジネスです。

その情報も、リアリティのない非リアルな情報を発信するだけでは、いつまで経っても商品やサービスが売れることはありません。

 

その理由は、1つです。

想像できないからです。

 

そもそも、人が商品やサービスを買うのは、自分がそれを使った時のことを、無意識のうちに想像することができるからです。それができなければ、どんなに素晴らしいものであっても、買ってもらうことはありません。

 

逆に言えば、リアルな情報を発信して読者の無意識に働きかけることができれば

どんな商品でも、どんなサービスでも買ってもらうことができるのです。

 

それでは、リアルな情報を発信して読者の無意識に働きかけるには、どうすれば良いのでしょうか?ここまで読んでいただいているあなたなら、答えはもう分かっていると思います。

 

想像してもらうことです。

その商品やサービスを、読者自身が使っている時のことをリアルに想像できるように導いてあげることです。

 

3.ネットビジネス、失敗しない情報発信!3つの方法

ネットビジネスでは、情報発信はもちろん、商品やサービスをセールスするときは、主に「文章」「動画」「画像」の3つを使い分けて行ないます。この3つを上手に活用して、読者の想像力をかきたてるように導くことが大切です。

これから、3つの方法それぞれについて、詳しくお話していきます。

 

3-1.リアルな情報を発信する方法:その①

文章で、読者の想像をかき立てるリアルな情報を発信するには、どうしたら良いか?

まず重要なのは、あなたが紹介したい商品やサービスについて、読者がどんなことを知りたいか?あなた自身が読者だったら、どんな情報が欲しいか?というのを推察することです。

 

先ほど紹介したリンゴの話を例にすると

  • 香り
  • 手触り
  • 見た目
  • 産地
  • 値段

などなど。

最低でも、これだけのことは知りたいですよね?これらの情報を、できるだけ詳しく書くことです。

 

「いきなり、そんなこと言われても、どんな風に書けば良いか分からない」という人も多いと思います。

ご安心ください。そう言う人でも、読者の想像をかき立てるリアルな情報を、ごく自然に文章にできるようになる方法があります。

 

3-1-1.あなたの体験を書く

それは、体験談です。あなたがその商品やサービスを買って実践した体験を、そのまま書くのです。

 

あなたが実際に買って試してみた体験は、何よりもリアルな情報ですよね?それをそのまま書いていくだけで、難しいと思われた、読者の想像をかき立てるリアルな情報が、簡単にしかも自然に文章化できるようになるのです。

 

それだけでは、ありません。

体験談を書くことで、読者に商品やサービスの疑似体験をしてもらえるので、発信した情報に、より多くの共感が得られるようになるのです。

 

このように体験談は、リアルな情報を発信するのにとても有効な方法なので、取り入れてみてください。

 

3-2.リアルな情報を発信する方法:その②

リアルな情報を発信する2つめの方法は、動画です。

 

文章だけで読者に情報を伝えようとするには、どうしても限界が出てきます。そういう時に、画像や動画があると、視覚的に情報が入ってくるので、リアルな情報を発信する方法としては、文章よりも簡単と言えるかもしれません。

でも、だからと言って、何でもただ動画にすれば良いという訳でもありません。

映像にも、リアルな情報と非リアルな情報があるのです。

 

YouTubeなどの動画で、同じことを伝えているはずなのに、動画によって伝わり方が全く違うと感じることはありませんか?そう感じてしまうのは、リアルな情報と非リアルな情報から来ているのです。

 

たとえばリンゴの動画で、ただ淡々とリンゴを映し出されるだけのものに、あなたは食欲をそそられるでしょうか?まったく、そそられないですよね?

同じリンゴの動画でも、カットして見せたり、リンゴをカットした際に「ザクッ」という音が入ったりすると、どうでしょうか?今すぐにでも、リンゴが食べたくなりますよね?

(リンゴが映っている)画面に、間違って飛びついっちゃたりして。笑

 

この2つの例の、どちらがリアルな情報で、どちらが非リアルな情報か?答えは、聞くまでもないですよね?

 

3-2-1.演出を加える

動画でリアルな情報を発信するには、演出を加えることが重要です。

 

何かの解説動画にしても、ただ延々と言葉だけで解説するのではなく、イラストや図解などを使って視覚に働きかけたり

美味しい料理を紹介する時には、湯気を漂わせたりすることで、相手の味覚と嗅覚に訴えかけられて、非リアルな情報がリアルな情報に大変身するのです。

 

それらの演出も、演出するタイミングや音楽、イラスト、見せ方を工夫するだけで、独自性が出て、より情報の力が増すことは言うまでもありません。

 

3-3.リアルな情報を発信する方法:その③

3つめの方法、画像(イラスト)です。

イラストも使い方を工夫することで、よりリアルに情報を伝えることができるようになります。

 

たとえば、リンゴを女性に買ってもらおうと思うなら、可愛らしいポップな画風の方が、より効果的です。

逆に、リンゴを使った化粧品や歯磨き粉などの場合には、ポップな画風よりもシャープな画風で、スマートで知的に見せる…など。

紹介したい商品やサービスに合わせてイラストの画風を変えるだけで、そのイメージも大きく変えることができるのです。

 

ブログなどで分かりやすく伝えるために、関連した画像をピックアップすることがありますが、それを読者の目を引くイラストに変えるだけでも、独自性が出て、より印象深く伝えやすくなります。

 

何でもないイラスト1枚でも、演出としてこだわって活用すれば、独自性を持って、より印象深いものへと変えられるのです。

 

さいごに

独自性のある、リアルな情報を発信し続けることが、ネットビジネスで失敗を避けるためには重要です。

そのためには、あらゆる方法を駆使して、読者がリアルに想像できるように導いてあげることです。

 

自分のアイディアを持って、独自性のあるリアルな情報を発信することは、簡単ではありませんが、努力する価値はあります。

 

この記事を参考にして

「この情報を、読者にリアルに想像してもらうには、どのようにして発信したら良い?」

と、常に意識するようにしましょう。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「人生で何がしたいのか?」分からないまま彷徨っていましたが、メンターとの出会いで人生が180度変わりました。 アフィリエイト、ネットビジネスはもちろん、インターネットの知識はほとんどゼロ!!でしたが メンターから1から徹底的に教わり、始めて1年足らずでネットビジネスで成功することができました。 今は、それまでの経験をもとに、ブログ執筆のかたわら、コンサル活動をしています。