潜在意識は書き換えようとしても書き換えられない

cat-3-cute

潜在意識は「奇跡の力」とも呼ばれていて、潜在意識の書き換えが成功したら、ネットビジネスの成功などの夢や目標は、確実に具現化します。

潜在意識の書き換え方法は、いろんなブログなどで紹介されていますが、そのノウハウを実践して潜在意識を書き換えた!という人は、ほぼゼロに近いです。

少なくとも私の周りで、そんな人はいません。

 

なぜなのか?その理由は、潜在意識を書き換えようとする行為そのものにあります。

潜在意識は、書き換えようとして書き換えられないのです。

 

どういうことか?今回のテーマは、潜在意識の書き換えについてです。

 

スポンサーリンク

なぜ、潜在意識を書き換えられない原因が書き換えようとすることか?

潜在意識書き換えができない原因が、なぜ潜在意識を書き換えようとすることなのか?

こんがらがって来そうですが、その理由を理解するには私たちの普段の意識と潜在意識、2つについて理解する必要があります。

 

潜在意識と顕在意識の差

潜在意識は、普段感知している意識(以下、顕在意識と表記します)に対して、普段感知していない無意識のことです。

私たちが普段生活しているときは、この顕在意識がメインなので、顕在意識がすべてのように錯覚してしまいがちですが

顕在意識が感知できているのは、全体の3%程度しかありません。残りは無意識、つまり潜在意識になります。

 

潜在意識と顕在意識を情報処理能力で比べると、その差は歴然です。顕在意識の情報処理能力を1にすると、潜在意識の情報処理能力は顕在意識の7万5千倍にもなります。

数字だけでは、イメージができないかもしれませんが、今からお話しすることをイメージしていただけると、ちょっと納得ができるかと思います。

 

今あなたが、この記事をパソコンで読んでいるとしたら、記事を読み進めるのにマウスやキーボードなどで、スクロールさせていると思います。スマホで見ている場合は、スワイプさせてスクロールさせているでしょうか。

このスクロール動作ですが、1個1個の動作をそれぞれ考えながら行なっているでしょうか?

マウスを、どのように握って…とか、人差し指で左クリックボタンを長押しして…とか、いちいち考えることなく、体が動きますよね?

 

これを、今お話ししたみたいに、1個1個の動作を考えながらやってみてください。

大変なことが起こりますから。

普段なら数秒にも満たない時間で行っている動作なのに、10秒20秒またはそれ以上かかったりして、ロボットのようにぎこちない動きになってしまうはずです。

 

言うまでもないですが、前者が無意識(潜在意識)による動作、後者が顕在意識による動作です。

 

このスクロール以外にも、私たちが普段無意識で行なっていることは、たくさんあります。

と、いうよりも、ほとんどすべてではないでしょうか。それらは、すべて潜在意識が瞬時に対応しているのです。

 

潜在意識と顕在意識の差が、ちょっと分かっていただけたでしょうか?

こちらの記事も参考になります。良かったらどうぞ。
潜在意識と顕在意識|ほとんどの人が知らない決定的違い

 

潜在意識を書き換えようとするのは、できっこないこと

潜在意識と顕在意識、そしてこの2つの力の差は、文字通り雲泥の差があります。この力の差が、潜在意識を書き換えられない理由なのです。

 

潜在意識を書き換えようということは、その時点では書き換えたい内容が潜在意識(無意識)化されていないということですよね?

つまり、意識的に潜在意識を、無意識を書き換えようとしている訳です。

潜在意識を書き換えられない理由は、ここにあります。

 

意識的に、ということは、顕在意識の力で行なうということです。

顕在意識は全体の3%だとお話ししましたが、意識的に潜在意識を書き換えようとすることは、3%の顕在意識の力で97%の潜在意識を動かそうするということです。

小さなアリが、10mの巨大な岩を動かそうとするのと同じことです。

潜在意識を書き換えようとすること自体、できないことなんです。

こちらの記事も良かったらどうぞ。
潜在意識は、キケンです。

 

実際に手に入れている人が、やらないこと

もう1つ。先ほどのお話と関連しますが、(潜在意識の書き換えを紹介している)ブログなどでよく見られる、潜在意識の書き換え方法についてです。

 

たとえば、あなたがフェラーリを欲しいとします。そして、ブログなどで紹介されている潜在意識の書き換え方法を実践していきます。

  • まず、「フェラーリを持っている」などと紙に書いて
  • 「今まさに、目の前にフェラーリがある」と思いながら、紙に書いたことを読み上げる。
  • 「フェラーリを手に入れている」状態をイメージして、これが現実だと思いこむ。

こんな感じです。実際にやってみると良いですが

この方法は、かなり無理があるというのが分かると思います。

 

なぜ無理があるのか?それは、紙に書いたことを読み上げたりイメージするときに、「でも、フェラーリを持っていないし…」と、どうしても思ってしまうからです。

「フェラーリを持っている」と意識的に書き換えようとしているのに対して、「フェラーリを持っていない」と思うのは無意識から湧き上がってくるものです。

 

「フェラーリを持っている」という意識的な(3%)思い込みと、無意識(97%)から湧いてくる「フェラーリを持っていない」という思い、どちらを潜在意識は具現化するでしょう?

言うまでもなく、後者ですよね。

潜在意識の力で、「フェラーリを持っていない」状態が具現化されてしまうのです。

 

そして何より、フェラーリを持っている人が、「今、フェラーリが目の前にある!」なんて、いちいち思うでしょうか?思いませんよね。

フェラーリを持っている人が、すでに持っている車のこと、わざわざイメージして現実だと思いこむ必要なんか、ありません。持ってるんだから。

 

つまり、潜在意識の書き換え方法では

実際に手に入れている人が絶対にやらないことを、やらせている訳です。

これでは、潜在意識の書き換えなんて、できる訳がありません。

 

潜在意識を書き換える、たった1つの方法

多くの人は、潜在意識と顕在意識について理解しないまま、潜在意識を書き換えようとするから、潜在意識が書き換えられないのです。

逆に言うと、潜在意識と顕在意識をしっかり理解して実践すれば、潜在意識は書き換えられるということです。どうすれば良いのでしょうか?これからお話ししていきます。

 

潜在意識を書き換えようとしないこと

重要なのは、潜在意識を書き換えようと意識しないことです。

くどいようですが、潜在意識を書き換えようとすることは、意識的に潜在意識の書き換えを行うということです。

つまり、顕在意識の3%の力で行うということです。3%で97%は動かせません。

 

そして、意識的に書き換えを行おうとしたときに、「でも…」などの反発が無意識で沸き上がってきます。

潜在意識は無意識なので、無意識に沸き上がる思いを具現化します。つまり、潜在意識は書き換えられないということです。

 

潜在意識を書き換えて、夢や目標を思い通りに具現化させたいなら、潜在意識を書き換えようと意識してはいけません。

 

じゃあ、どうしたら良いのでしょうか?答えは1つです。

意識的に行なうのが無理なら、無意識的に行なうのです。つまり、潜在意識へのインプットを意識的に行なうのではなく、無意識のうちにインプットされるように仕向けるのです。

これで、余計な邪魔が入ることなく潜在意識へのインプットができて、潜在意識の書き換えが確実に行なわれます。

 

「そんな、都合の良い方法がある訳ないだろ!」と思うかもしれませんが、あるツールを使えば、潜在意識の書き換えは何の苦労もなくできます。

そのツールとはドリームボードです。

ドリームボードは、潜在意識の書き換えに絶対欠かせません。

 

ドリームボードについて詳しくは、こちらの記事を読んでください。
ドリームボード見ないことが一番効果的

 

まとめ

潜在意識は、書き換えようとして書き換えられるものではありません。書き換えようとする行為が意識的に行なうものであり、3%の顕在意識に頼ったものだからです。

潜在意識と顕在意識の性質や特徴を理解して、それに従って行うことが大切です。

 

潜在意識はネットビジネスの成功はもちろん、夢や目標を具現化するのに欠かせないものです。

この記事を参考にして、潜在意識の書き換えに役立てていただけると嬉しいです。

こちらの記事も、併せてお読みください。
潜在意識が発揮されると、あなたは確実に成功します。

潜在意識の覚醒方法の弱点と、たった1つの効果的方法

成功者だけが知る、潜在意識強化法

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



cat-3-cute

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください