潜在意識は、キケンです!

スポンサーリンク

潜在意識は奇跡の力と言われています。でも…

潜在意識は「奇跡の力」とも呼ばれており、 このブログでも何度となく紹介しています。

「潜在意識って何?」というあなたは、こちらの記事をご覧ください。
潜在意識が発揮されるとあなたは確実に成功します

潜在意識の力が発揮されたら、どんなことでも必ず実現します。

次の日から、別人のように人生がガラッと変わる!?…なんてことも、潜在意識の手にかかれば、簡単にできてしまいます。

そんな奇跡の力である潜在意識を使いこなそうと、世の中には潜在意識の活用法を謳っている書籍やサイトが、たくさん存在します。

そして多くの人が、それらで紹介されていることを実践しています。その人たちの考えは、多かれ少なかれこんな感じです。

「潜在意識をとことん使いこなして、思い通りの人生を手に入れよう」

はたして、本当にそれで、思い通りの人生を手に入れられるでしょうか?結論から言ってしまうと、そんなことは絶対にできません。

なぜでしょうか?

そもそも、潜在意識とはどんなものか、あなたは知っていますか?

潜在意識の性質を理解しないで潜在意識を使いこなそうとすることは、アクセル、ブレーキも知らないままに車を運転しようとするのと同じことです。

どう考えても、危険だし無謀ですよね?

潜在意識が、なぜ危険なのか?

潜在意識がどういうものかを知らずに活用しようとすることは、危険極まりないことです。

なぜ、危険なのか?

それは、潜在意識の力が発揮されると、どんなことでも現実化してしまう!という、

潜在意識の力そのものにあります。

「どんなことでも現実になるなら、良いことじゃないか!!どこが危険なんだ!?」と、思われるかもしれませんね。

最初に断っておきますが、どんなことでも現実になることが悪いと言っているのではありません。

それが、潜在意識の力のすごいところでもあるからです。

ますますこんがらがってくるかと思いますが、この先を3分読んでいただければ、潜在意識がどれだけ危険か、分かっていただけると思います。

くどいようですが、潜在意識の力の前に不可能は、ありません。文字通り、どんなことでも現実化します。

ただ、「どんなことでも」が、クセモノなのです。

それが、たとえ本心ではない、冗談で言ったことでも例外なく現実化してしまいます。

これだけ書いても、すぐには信じられないと思うので、私が最近経験した、あるできごとを例にして説明したいと思います。

潜在意識は、冗談で言ったことも現実化します

空を見上げる大人たち

その、「あるできごと」とは、ラジコン飛行機です。

「またラジコンかよ!?」と思うかもしれませんが、我慢してお付き合いください。

ラジコン飛行機は、基本的にキットから組み立てて作ります。そして、その飛行機作りをメンターのご自宅で、やらせていただいています。

メンターやアフィリ仲間たちと冗談を飛ばしながら楽しく作っているのですが、その冗談がついついエスカレートして、こんなことを言ってしまうことがあります。

「飛行機が完成しても、すぐ落ちちゃったりしてね」

たいしたことのない冗談だと思うでしょうが、こんな冗談でも現実になってしまうんです。

その冗談を言った3日後、飛行機が完成して飛ばしに行ったのですが、コントロール不能になって墜落してしまいました。

その時は深く考えていなかったのですが、2機目を作ったときも、「また落ちたりしてね」なんて、軽い気持ちで冗談を言っていたら、その冗談が現実化してしまいました。

その飛行機も、見事に墜落してしまったんです



潜在意識は、万が一に…も現実化します

もう1つ、潜在意識がどれだけ危険かを証明する出来事を、同じラジコン飛行機で経験したので、ご紹介します。

私たちが飛行機を飛ばしている飛行場は河川敷にあり、周りは竹やぶで囲まれています。屋根などは一切ないので、夏場は特に熱中症&女性は特に日焼け対策が必須です。

そして不運にも、操縦ミスなどで飛行機が竹やぶに墜落してしまったときは、竹やぶに入って飛行機を回収する必要があります。

それでなくても、エンジン機で燃料を取り扱ったりして汚れやすいので、服装は全身をカバーできる、動きやすくて汚れてもいいようなものがベターです。

現に、飛行場のクラブの人たちはほとんどが、夏でも長袖、長ズボンに長靴まで用意しています

それに影響されてか、あるとき私は、家から履いてきたサンダルを、飛行場に着いてから用意しておいたスニーカーに履き替えたことがあります。

墜落などで竹やぶに入るようなことがあっても対応できるために、です。

靴を履きかえ、これで準備万端。何が起きても大丈夫!と、意気揚々とラジコンを飛ばしに行きました。

そうしたら、どうなったか?

もうお気づきかと思いますが、その日の最初の飛行で竹やぶの中に飛行機が墜落して、竹やぶの中に回収しに行くことになりました。

万が一に…と想定していたことが、現実化されてしまったのです。

危険な潜在意識のなせる業

この2つのできごと、一見すると両方ともたまたま起きてしまった、不運なできごとと思うかもしれませんが、

これこそが潜在意識のなせる業であり、潜在意識の力の危険なところなのです。

ブログで潜在意識を紹介している私自身が、そのことを改めて思い知ることになりました。

どういうことなのか、詳しく説明していきますね。

空想と現実の区別がない!?

まず、2つのできごとに共通して、潜在意識のある重要な性質が関係しています。

それは、潜在意識には空想と現実の区別がないということです。その人にとって信じられるものが現実になります。

飛行機が墜落することって、起きて欲しくないことだし、できることなら避けたいことです。

「そんなの、当たり前だろ!」と、思いますよね?

ですが実は、2つのできごと両方とも、飛行機が墜落することを信じて、自分からその現実を引き寄せてしまっているんです。

それも、無意識のうちに。

いきなり言われても、すぐには信じられないかもしれませんね。

では、飛行機には、どうしても付いてまわるものがありますよね?言うまでもなく、墜落というものです。

起きて欲しくないことだし、できれば避けたいことですが、だからと言って、どうしようもないことも事実です。

冗談で「墜落したりして」ということも、万が一の事態に備えて靴に履き替えたことも、飛行機には墜落の可能性が潜んでいることを知っているから、無意識のうちに信じてしまっているんです。

信じたということは?

空想と現実の区別がない潜在意識は、その信じたことを現実化します。

潜在意識は冗談がお好き!?

潜在意識は、嬉しい、悲しい、楽しい、怒りなど、感情が動いた時にその力が働きます。

特に、楽しい、嬉しい感情のときには、その働きが活発になります。

ここで、冗談を言う時を思い浮かべてみてください。

冗談を言う時って、ほとんどの場合、知人や友達との会話が楽しく弾んでるときなどに、相手を楽しませようとして言いますよね?

どうでしょうか?

先ほどの、潜在意識が楽しい、嬉しい感情のときに活発になるという条件にピッタリですよね?

その場の雰囲気を盛り上げようとして冗談を言う時は、誰にでもあると思いますが、その冗談によって、足をすくわれることがあるんです。

潜在意識は正直者!?

私は、墜落など万が一のことがあっても対処できるように、飛行場に着いてからわざわざサンダルから靴に履き替えました。

実は、この行為自体が、飛行機が墜落するという状況を引き寄せたのです。

潜在意識は正直者で、否定と肯定の区別がありません。強くイメージしたことを現実化します。

何度も言っていることですが、飛行機が墜落することって、起きて欲しくないことだし、避けられるに越したことはありません。

ですが私は、そんな起こって欲しくないできごとに遭遇してもいいように、言い換えるなら、起こって欲しくないできごとが起こっても良いようにそれを受け入れる準備をしていたんです。

もっと言うなら、「墜落しても良いですよ」と、自ら宣言したということです。

ここまで書いたら、墜落しないわけ、ありませんよね??

実は、ほとんどの人がやってしまっている!?

「バカなヤツ!!」と、笑っているかもしれませんが、実は、他人事ではなかったりするんです。

ほとんどの人が、私と同じようなことを無意識のうちにしてしまっているからです。つまり、起こって欲しくないできごとを、自分から引き寄せてしまっているのです。

その最たるものが、「予防」という考え方です。

多くの人は、怪我や病気、事故や災害などの不測の事態を予防するために、それらに備えて手段を講じます。

残念ながら、そうやって起こって欲しくないことを遠ざけるために手を打とうとするほど、逆に潜在意識の力で、そのできごとを引き寄せることになるんです。

ある意味では、潜在意識を使いこなしていることになりますね。

もちろん、不測の事態に備えることは大事なことです。なので、そのこと自体を否定するつもりも、ありません。

言いたいのは、そういう不測の事態を回避したいばかりに、そのことばかり意識を向けるのがいけないと言っているのです。

そうすることで、潜在意識は起きて欲しくないできごとそのものを現実化してしまうのです。
運気を上げる人と運気を上げられない人の、決定的な違いとは?

潜在意識は、思い通りの人生を現実化することはできません

最初に、潜在意識を使いこなして、思い通りの人生を手に入れることは、絶対にできないと書きましたが、ここでも潜在意識の重大な性質が絡んでいます。

それをご紹介します。

潜在意識は、望んでいることを実現できない

潜在意識の活用を謳ってる書籍やサイトで、多く見かける言葉があります。それは、「潜在意識で願望を実現しよう」という言葉です。

潜在意識を、ランプの精か何かと勘違いしているのか、潜在意識を活用してねがいを叶えようということなのでしょう。

ですが、潜在意識は望んでいること、ねがいや願望を現実化することはできません。

なぜでしょうか?

望んでいるということは、逆の言い方をすれば、それが達成されていないということですよね?

つまり、「ない」という状態です。

そうすると、どうなるかというと、否定と肯定の概念がない潜在意識は、達成されてない状況、望んでいる状況を現実化するのです。

潜在意識で、ねがいを叶えることはできないのです。

世のため人のため

潜在意識の重要な性質として、潜在意識は利他や精神的成長のために働くというものがあります。

利己や自分の欲を満たすためには働かないのです。

改めて、「思い通りの人生を手に入れる」というのは、何のためでしょうか?

自分のため、ですよね?自分の利益のために、思い通りの人生を手に入れたい!ということです。

もう言うまでもないでしょうが、先ほどの潜在意識の性質と明らかに真逆ですよね?どうやっても、潜在意識の力が発揮されるわけがありません。

誤解のないように断っておきますが、無欲な聖人君子になれと言っているのではありません。最初のきっかけは、誰でも必ず欲の部分があるからです。

ただ、そのために潜在意識の力を借りたいという場合、問題があると、いうことなんです。

詳しくは、こちらの記事もご覧ください。
潜在意識と顕在意識の、ほとんどの人が知らない決定的な違い

潜在意識の力が100%発揮されたら危険です

潜在意識の力が100%発揮されたら…誰もが、1度は夢見ることです。私も、そうでした。

ですが、そんなことが本当に起こったら、大変なことになります。おそらく、生きていられないでしょう。多くの人は、そのことを知らずに、「潜在意識をとことん使いこなそう!」なんて言っているんです。

仮に、潜在意識の力が100%発揮された状態で、空手の正拳突きをしたらどうなるか?

そんなことをしたら、肉体がそのパワーに耐え切れずに、粉々に砕け散ると言われています。

つまり、潜在意識の強力な力を人間の肉体では制御しきれないので、潜在意識の方が力をセーブしているのです。

少年マンガのようなことが、本当に起こってしまうんです。

そんな強大すぎる力を、とことん使いこなそう!なんて、私には恐ろしくて、とてもそんなこと、言えません。

さいごに

潜在意識の力がどれだけ危険なのか、ラジコン飛行機での私の経験から、 お伝えしました。

潜在意識は奇跡の力と言われるように、その力はとてつもなく強大です。

ですが、その性質も知らずに、ただその能力だけを見て利用しようとするのは、とても危険なことです。手痛いしっぺ返しを食らうことになります。

  • 潜在意識をとことん使いこなしたい。
  • 潜在意識で願望を実現したい。
  • 潜在意識を活用して人生を思い通りにしたい。

この記事を読んでいるあなたは、そんなことはないと思いますが、もし心当たりがあるなら、それは何のためか、もう一度振り返ってみてください。

ここまで読んでいただいた人で、「なぁんだ、潜在意識を使いこなすのって簡単じゃん!」と思う人は皆無で、「そんな危険な潜在意識を扱うなんて、できっこない!!」と感じる人が、ほとんどだと思います。

でも、潜在意識の力を発揮させることは、誰にでもできることなんです。

どうやって?って、思いますよね?

実は人間なら誰でも持っている、あるものを使うと、潜在意識の力を簡単に引き出すことができます。そしてそれは、誰にでもできるように体系化されています。

つまり、それを実践すれば、危険で取扱い困難と思われた潜在意識の力を簡単に引き出すことができるんです。

…と言うことは?奇跡の力によって、あなたは思い通りの人生を現実化できるのです。

その方法、知りたくないですか!?

詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ!潜在意識の力を、誰でも発揮させることができる無料メールセミナーを配信しています。

mail seminar button


今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



当ブログで使用のWordpressテーマ!「Stork(ストーク)」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください