変わりたいのに変われない、誰もが見落とす2つの落とし穴

今までの自分から変わりたい、そして人生を変えたい。そう感じている人は、今の時代とても多いように思います。理想の自分、理想の人生というのは、誰もが思い描くものです。

そして大小さまざまな理想と現実のギャップを感じながら生きています。そのギャップが大きければ大きいほど違和感を感じ、人生を変えたい!今までの自分から変わりたい!!と強く思うのでしょう。実際、私自身もそうでした。

変わりたい!と、強く願ってがんばっている。それなのに、なぜ人はなかなか変えられないのでしょうか?

実は、誰も気づかない2つの落とし穴があったのです。

 

変わりたいのに変われない、1つめの落とし穴

変化を強く望んでいるのに、なかなか変われない。

実は、変わりたいと思っているはずなのに、本心では変わりたくないと思っているのです。信じられないかもしれませんが

人は変化することが嫌いなのです。

 

変わりたい!という思いを、本能が邪魔する

人は変わること、変化を嫌っています。これは、人間が持つ本能とも言うべき、ある習性が関係しています。その習性とは、恒常性(ホメオスタシス)と呼ばれています。

 

すべての動物には、生き残ろうとする本能があるため、自分の生命を少しでも長く存続させたいのです。そして、その本能を満たすための行動が最優先されます。恒常性とは、この習性のことを指します。

この恒常性が、変わりたいのに変われないことと深く関係しています。どう関係しているのか?

 

では、生命を少しでも長く存続させるには、どうしたら良いでしょうか?

少なくとも今、この瞬間まで生き延びてきたという事実があるので、それと同じことをしていれば、この先も生命を維持していく確率は高くなりますよね?

生命の危機に遭遇するかもしれない、新しいことへのチャレンジなんてする必要はないと判断されるのです。つまり、何もしない!今までと同じことをする!というのが、本能によって最優先されるのです。

 

この恒常性が、変わりたい!という思い、そしてそのための行動を続けることを邪魔してくるのです。変わりたいと思っているはずなのに、本心ではそれを望んでいないとは、こういうことです。

これでは、リスクを犯してでも変化を求める、恒常性に打ち勝つためには、並々ならぬ強い決意と精神が求められます。笑

 

変わりたいのに変われない、2つめの落とし穴

もう1つ。変わりたいのに変われない状態に陥っている時。それは、変わりたいという思いから、変わろうとすることです。実はここにも落とし穴が隠れています。

「変わろうとする」こと。この状態を的確に表す、漢字2文字の言葉があります。何か分かるでしょうか?答えは「努力」です。

 

努力をすることは、良いこととされていますが、そもそも人は、努力ができないのです。

 

ただ、好きだから。。。

ここで、ある有名なオリンピック選手の話をしたいと思います。この方が、ある番組で「なぜ、そんなに努力できるんですか?」と、アナウンサーから質問されました。その質問に対してオリンピック選手は、「私は努力しているつもりはありません」と答えました。そして、その後に続けて、こう答えました。

「ただ、好きだからやっているだけです」と。

 

一見、意外な答えのようで驚くのですが、もし、このオリンピック選手に努力をしているという意識があったら、おそらくオリンピックに出られるほどの選手には、ならなかったのではないでしょうか。

 

好きこそ、ものの上手なれ

つい先日、ある映画を観たのですが、それこそまさに、好きだからこそ達成した新たなる人生、そのものでした。知っている人も多いと思います。ジャック・ブラック主演の映画、『School of Rock』です。

Rockをこよなく愛する主人公が、ただそれだけを追求していった結果、理想を現実のものとしてしまう、というお話です。

 

私自身、プロのトランぺッターを目指していた時期がありました。でも本当は、トランペットが好きなのではなくて、そういう人生を歩んでいる、それこそが好きなんだ、と改めて思いました。

 

好きなこと、そのことが好きで好きでしょうがないと思っていると、そのことばかり考えるようになって、時間を見つけてはそのことをやってしまったりしますよね。努力をしているなんて意識は、これっぽっちもないはずです。

 

好きこそものの上手なれ。そんな言葉があるくらいです。

好き、の延長線上に継続と結果が生まれたのです。好きなことにどんどんのめり込んでいった、ただそれだけなのです。

 

変わるための努力を、人はできない

好きだからやりたい、やったら楽しいという思いに対して、努力はそれと反対のことを指しています。つまりそのために、あえて時間を割いて行動するということです。

 

自分を変える、人生を変えるために、来る日も来る日も努力して、楽しいことや好きなことも我慢してがんばる。こんな状態は、楽しいでしょうか?辛くてしんどい上に、楽しいことはおあずけ。一言で言ったら、苦痛ですよね?

最初のうちは、それでも努力できるかもしれません。でも、それを継続できるかと言ったら、どうでしょうか?できないですよね?

 

人は必ず、努力より好きなことを選び取ります。

変わりたいという思いで変わろうとすること、それ自体が努力なのです。人は変わるための努力をし続けられないのです。

 

人はみんな、自分の一番好きな状態を創り出している

私自身信じられなかった(←信じたくなかった、というのが正しいかも?)ことですが、人はみんな人生で、その人の一番好きな状態を創り出しています。その結果が今の自分自身であり、今の人生だということです。

 

人は努力よりも好きなことを常に選択します。好きなことに多くの時間を使うのです。そして、その結果が現実化していきます。過去に多くの時間を費やしてきた結果が、今のあなたの人生を創り出しているのです。

つまり、自分が好きでやってきた結果が、今の人生だということです。

 

いや、そんなことはない!と、思うかもしれません。でも、これは事実です。たとえば、仕事が嫌いで毎日嫌々会社に行っている!そう思っていたとしても、実はそれが今の自分が好きな状態なのです。

その状態が本当に嫌いで、この先も今と同じような生活を続けたくないと思っていたら、何か別のことに絶対に時間を使っているはずなんです。もし今の状態のまま、他のことに時間を使っていかなかったら、未来もその状態を維持していくことになります。

 

・子育てが終わったら、~しよう。

・貯金が100万円貯まったら、~しよう。

・定年になったら、~しよう。

 

これは、絶対に実現できないことなのです。

 

人生を変えられる、たった1つの方法

やっぱり、人生を変えることはできないのでしょうか?答えはNO!です。ここまでお話してきたことを簡単に乗り越えて、人生を変えられる方法があるのです。それは何か?もう気づいていますよね?

それは好きになることです。人生を変えるためにすべきだと思うこと、それをただ好きになること、好きになるまでやり込むこと、それだけです。

 

ドリームボードで、人生が変わる

「好き!」という思いの力の強さは、もう説明するまでもないと思います。でも、そうだとしても、「好きになれないから、続けられないんじゃないか!」と思う人が、多いことでしょう。

実は、あるツールを活用することで、人生を変えるために好きになることが自然にできてしまうのです。

 

あるツール、それはドリームボードです。

このドリームボード、正式な名前がないので、アチーブメントボードとか、いろいろな名前で呼ばれています。欲しいものやなりたい自分のイメージなどを書き出したり、それを象徴する写真などを貼りだしたものが、ドリームボードです。

 

「こんなので効果あるの!?」と半信半疑かもしれません。でも、このドリームボードがなかったら成功することは到底できなかった!と、多くの成功者が口々に絶賛するほど、ドリームボードは成功のために絶対に欠かせないツールなんです。

 

 

無意識に、働きかける

なぜ、ドリームボードが効果的なのか?それは、「奇跡の力」と呼ばれている潜在意識に、直接働きかけるからです。

 

潜在意識とは何か?詳しくは、こちらを読んでください。

潜在意識とは?潜在意識のすべてが、これで丸分かり!

思い通りの人生を、あっさりと現実にしちゃう奇跡の力

潜在意識を活用する人と活用できない人、4つの違い

 

ドリームボードは、この潜在意識の性質を上手に利用しています。潜在意識は無意識なので、ドリームボードをただ眺めているだけで、それが直接、無意識である潜在意識にインプットされていくのです。

 

人生を変えるために、ドリームボードをどう活用するか?

そんなドリームボードですが、人生を変えるためにどう活用するのか?

 

たとえば、人生を変えるためにネットビジネスを実践したいなら、ネットビジネスが大好き!と、大きめの文字で紙に書いて、ドリームボードに貼り付けます。そして、家の中の1日で一番目にする機会が多い場所に(トイレとか寝室の天井とか)、ドリームボードを貼る。あとは、それを毎日ただ眺める。これだけです。

ドリームボードは、積極的に見る必要ありません。ただ、視界に入れるだけです。

 

たったこれだけで、人生を変えるための原動力、好きになることが、努力感もなく自然にできてしまうのです。

 

さいごに

今までの自分から変わりたい人生を変えたいと思っているなら、一番の方法は人生を変えるための行動を好きになることです。

その効果的な方法は、潜在意識に働きかけて自然に書き換えることです。それを効果的にしてくれるツールが、ドリームボードです。

 

人生を変えるには、今の自分を変えていくことです。もし理想の人生があって、まだそこに向かっていないと感じたなら、始めるのは今です。

人生を変えるために私が変えた、2つのこと

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「人生で何がしたいのか?」分からないまま彷徨っていましたが、メンターとの出会いで人生が180度変わりました。 アフィリエイト、ネットビジネスはもちろん、インターネットの知識はほとんどゼロ!!でしたが メンターから1から徹底的に教わり、始めて1年足らずでネットビジネスで成功することができました。 今は、それまでの経験をもとに、ブログ執筆のかたわら、コンサル活動をしています。