いだてん2019大河!主題歌あらすじなど宮藤官九郎脚本

idaten-cast3

TOP画像の引用元:DRAMAP

2019年の大河ドラマは、「クドカン」こと宮藤官九郎のオリジナル脚本で話題となっている「いだてん」です。

今回は、2019年大河「いだてん」の見どころやあらすじ、主題歌などの情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

いだてん あらすじ

「いだてん~東京オリムピック噺~(以下、「いだてん」)」は、2人の主役のリレー形式で”知られざるオリンピックの歴史”を描く、宮藤官九郎(クドカン)オリジナル脚本の作品です。

1959年5月、東京。
いつもどおり、タクシーで寄席に向かう古今亭志ん生は大渋滞に巻き込まれていた。
東京でオリンピックが開催される見通しとなり、どこもかしこも工事だらけ。
「猫も杓子しゃくしもオリンピックで浮かれていやがる…」
オリンピックにまったく興味がない志ん生は、いたく不機嫌だった。

ある日、志ん生のもとに、不思議な青年・五りんが、恋人・知恵とともに、弟子入り志願にやってくる。五りんと話をするうちに、脳裏をある出来事がよぎる。その夜の高座で、突然、噺はなしはじめた落語が「東京オリムピック噺」。
志ん生は自らの人生を紐解ひもといていく――。

ときは、1909年。若かりし日の志ん生・美濃部 孝蔵は、遊び仲間の人力車夫・清さんが、ひとりの紳士を乗せてフランス大使館へ向かうところに出くわす。この人物こそ、金栗四三の恩師であり、のちに“日本スポーツの父”と呼ばれる嘉納治五郎だった。

1912年、ストックホルム。嘉納の奮闘によって、金栗四三がマラソンで、三島弥彦が陸上短距離で、日本初のオリンピック出場を果たす。だが、2人とも大惨敗。金栗は悔しさを胸に、後進の育成に情熱を注ぎ、日本スポーツ発展の礎になっていく。

そのころ、孝蔵は「飲む、打つ、買う」の三道楽にすべてを使い果たす放蕩ほうとうぶり。落語のほうもさっぱり芽が出ず、改名を重ねること17回。借金取りから逃れるため引っ越しも十数回繰り返すどん底の生活を送っていた。生真面目な金栗とでたらめな孝蔵。関東大震災、二・二六事件、東京大空襲…激しく移りゆく東京の街角で、2人の人生が交差していく。

時は流れて、1964年。“昭和の大名人”となった志ん生の「オリムピック噺」は一段と熱を帯びていた。
舞台袖から、その様子をじっと見守る弟子の五りん。「オリンピック」を縁に、重なり合っていく志ん生と金栗と五りんの人生…。10月10日。田畑政治らの活躍によって開かれた「東京オリンピック」開会式で、ドラマはクライマックスを迎える。

NHK_PRより引用)

 

2019大河ドラマ・いだてんの見どころ

いだてんの見どころは、何と言ってもクドカン!宮藤官九郎だと思います。いだてんは、宮藤官九郎オリジナル脚本で制作される大河ドラマです。

 

宮藤官九郎と言えば、「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」「ゼブラーマン」「謝罪の王様」など、手がけた作品はどれも大ヒットを記録し、間違いなく現代の日本を代表する脚本家の1人だと言えます。

NHKでの作品は、2013年放送の「あまちゃん」が、記憶に新しいと思います。いだてんは、宮藤官九郎にとって、あまちゃん以来2作目のNHK作品になるので、嫌でも期待しちゃいますよね。

 

そして、大河ドラマでは異例(?)となる、2人の主役のリレーで描かれる形式も、いだてんの見どころの1つだと思います。

 

大河ドラマと言えば、1人の歴史上の人物にスポットを当てて、その人の生涯を1年をかけて描くというのが基本のスタンスです。

ですが、いだてんでは「オリンピック」というスポーツの祭典にスポットを当てて、そのオリンピックに人生を捧げた2人の人物、金栗四三田畑政治を軸にして、物語が展開します。

 

そんな金栗四三と田畑政治を、宮藤官九郎の作品では常連ともいえる、中村勘九郎阿部サダヲが演じます。

宮藤官九郎脚本で中村勘九郎と阿部サダヲが主演なら、ヒットの予感しかしませんよね。

 

いだてん、主な出演者

2019年大河ドラマ、いだてんの主な出演者を紹介します。

 

金栗四三(かなくりしそう)役 中村勘九郎

熊本の山奥で育った超自然児、金栗四三はオリンピックの言葉も知らずに、マラソンの予選会で世界記録を樹立。

1912年のストックホルムオリンピックに、日本人初のオリンピック選手として参加します。

その後、箱根駅伝の開催に尽力し「日本マラソンの父」と、呼ばれています。

 

金栗四三を演じるのは、中村勘九郎です。

中村勘九郎は、2004年大河ドラマ「新選組!」以来2度目となる大河ドラマ出演で、今回は阿部サダヲと並んで主演として帰ってきます。今から楽しみですね。

 

田畑政治(たばたまさじ)役 阿部サダヲ

田畑政治は、1964年の東京オリンピック招致に導いたキーマンの1人として有名です。

1932年、1936年のロサンゼルス、ベルリンの両オリンピックに参加し、“日の丸”に涙する日系人の観客を見て、“平和の祭典”としてのオリンピックに魅了されます。

それ以来、「東京オリンピック」の実現に情熱を燃やし、一度は第2次世界大戦によって幻となってしまいますが、それでも諦めずについに1964年の実現に、こぎつけます。

 

田畑政治を演じるのは、阿部サダヲです。

阿部サダヲと言えば、「舞妓Haaaan!!!」「謝罪の王様」などの宮藤官九郎作品で、強烈なインパクトを残している俳優で、今回のいだてんにももちろん出演します。

田畑政治は、情熱家でロマンチストな人物ということで、阿部サダヲの良い意味で振り切れた演技に、ピッタリの配役だと思います。

 

春野スヤ(はるのすや)役 綾瀬はるか

ayase-haruka画像引用元:「そらてん日記」

金栗四三の妻となる人物で、もとは熊本の医者の娘で、村一番のハイカラなお嬢様でした。

幼なじみの金栗四三に淡い思いを抱いていました。

生来の柔らかさと太陽のような明るさで、波乱万丈の結婚生活をくぐりぬけ、オリンピックへまい進する夫、金栗四三を支え続けた人物です。

 

春野スヤを演じるのは、綾瀬はるかです。

綾瀬はるかと言えば、最近なら「ぎぼむす」こと「義母と娘のブルース」でしょうか。最終回で視聴率19.2%を記録して、今や「視聴率女王」の名を欲しいままにしていると言っても、言い過ぎではないように思います。

「柔らかさと太陽のような明るさ」という春野スヤの人物像は、綾瀬はるかのイメージにピッタリだと思うので、綾瀬はるかのはまり役に間違いなし?!

 

いだてん、その他の出演者

宮藤官九郎オリジナル脚本、いだてんのその他の出演者は、こちらの人たちです。

生田斗真杉咲花永山絢斗勝地涼竹野内豊中村獅童シャーロット・ケイト・フォックス古舘寛治ピエール瀧杉本哲太大竹しのぶ役所広司ビートたけし森山未來神木隆之介

いずれ劣らぬ名優ばかりですが、個人的に気になるのが、東京・大塚にある足袋屋の店主、黒坂辛作(くろさかしんさく)役のピエール瀧でしょうか。

ピエール瀧は、岡田准一主演の映画「海賊と呼ばれた男」で、元海軍大佐の役を演じ、岡田准一演じる国岡鐵蔵に檄を飛ばされ、ラジオ修理の融資のために、銀行の役員たちに必死に食らいつく演技が、印象的でした。

 

その他には、こちらの人たちの出演が決まっています。

橋本愛峯田和伸川栄李奈松尾スズキ田口トモロヲ宮崎美子佐戸井けん太高橋洋小澤征悦白石加代子池波志乃荒川良々満島真之介近藤公園武井壮山本美月平泉成井上肇

オリンピックに出場する金栗四三たちを熱心に取材する女性記者・本庄役の山本美月は、映画「去年の冬、きみと別れ」での主人公の恋人、松田百合子役が衝撃的でした。

 

とにかく、どの人も本当に、これでもかというぐらい豪華キャストで、今からいだてんの放送が楽しみになってしまいますね。

 

 

2019大河!いだてんの主題歌

2019年の大河ドラマ、いだてんの音楽は、音楽家の大友良英が担当することが決まっています。

大友良英と言えば、宮藤官九郎が手掛けた2013年のNHK朝ドラ「あまちゃん」で、オープニングと劇中歌「潮騒のメモリー」を担当しています。

 

あまちゃんは、のん(出演当時は能年玲奈)の、ちょっと天然なキャラとヒロイン・アキのキャラがマッチして、人気がありましたよね。

作中でアキ(のん)と、いだてんで遊女・小梅役で出演の橋本愛演じるユイがデュエットした「潮騒のメモリー」は、ちょっと社会現象にもなりました。

そんな、あまちゃん以来となる宮藤官九郎と大友良英のコンビで、「潮騒のメモリー」を超える曲が生まれるのか期待大です。

 

いだてんの主題歌の情報は、現時点では掴めておりません。詳しい情報が分かり次第、この記事でアップしていきます。

 

まとめ

宮藤官九郎オリジナル脚本となる、2019年の大河ドラマいだてんの見どころや出演者、主題歌などをまとめました。

いだてんは、日本を代表するヒットメーカーの宮藤官九郎が手掛けるオリジナル作品になるので、期待したいと思います。

いだてんは、2019年1月より放送予定です。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



idaten-cast3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください