いだてん2019大河|第4話あらすじと見どころを分かりやすく紹介

idaten-takenouchi

いだてんは、オリンピックに人生を捧げた2人の日本人が主人公の、2019年大河ドラマです。

ここでは、宮藤官九郎オリジナル脚本でも話題の大河ドラマ・いだてん第4話「小便小僧」あらすじと私個人的な主観による見どころを、まとめました。

TOP画像の出典:ママFPの家計簿

 

スポンサーリンク

いだてん第4話のあらすじと、見どころ

早速、いだてんの第4話「小便小僧」のあらすじと見どころを、紹介していきます。

第3話では、マラソンとの運命的な出会いをした四三。第4話では、どうなるでしょう?

 

いだてん、第4話「小便小僧」あらすじ

1910年(明治43年)10月、東京高等師範学校(東京高師)の恒例行事「秋の長距離競走会」の日が、やってきました。

意気込む金栗四三(中村勘九郎)。でも、直前に用を足したくなって、そうしているうちに号砲が鳴って、いきなり出遅れます。

しかし、いざ走り出すと、幼いころに編み出した「いだてん走り」の呼吸法で、四三は他の選手をごぼう抜き、見事3着でゴールしました。

表彰式で四三は、ついに憧れだった嘉納治五郎(役所広司)に声をかけられます。

「君は予科か」

「はい!」

たったこれだけの会話でしたが、四三はさらに発奮、無茶な練習を敢行していきます。

その練習とは「脂抜き走法」、明治から大正にかけて支持されていた練習法で、とにかく汗をかいて体内の水分を出して、体を軽くするというものでした。

この脂抜き走法を、ストックホルム五輪の予選会出場を決めた四三橋本三郎野口源三郎(永山詢斗)の3人で行ないますが、8日目に四三が倒れたことで挫折。この出来事から四三は、「自然に従え」ということを学びました。

迎えた予選会当日、四三ら3人は競技場のある羽田の海岸近くを、さまよい歩いていました。あろうことか、四三たちは迷子になってしまったのです。

果たして、四三たちは競技場にたどり着けるのか?!

 

いだてん第4話「小便小僧」の見どころ

いだてん第4話では、秋の長距離走大会で3着となった四三と嘉納治五郎が、ついに対面します

今まで、嘉納治五郎を一方的に憧れるだけの四三でしたが、長距離走大会で予科性(旧制学校での1年目、2年生から本科生となる)ながら表彰台に上がったことで、対面を果たしたのです

交わした会話はわずかですが、これによって四三はさらに発奮して、無謀とも言える練習を取り入れていきます。

その練習とは、先ほどもお話しした「脂抜き走法」です。体内の水分を抜いて体を軽くするというもので、このために四三たちは、徹底的に水分を絶ったのです。

食事の際のお茶はもちろん、みそ汁は具だけ、走り込みの後でさえ水を飲まず、唾を飲んで喉の渇きに耐えました

人間の体の約6割が水分でできていると言われている現代では、運動時はもちろん、普段からこまめに水分を摂ることが推奨されています。

でも、当時はそんなこと分からないので、今と逆行している練習法でも、必死になって取り組む。その姿が、こう言っては失礼ですが笑いを誘う

きっと、クドカン・テイストで面白おかしく描かれることでしょう

そして、ストックホルム五輪で日本代表監督を務める大森兵蔵(竹野内豊)と、妻のアニー(シャーロット・ケイト・フォックス)が、いだてん第4話から本格的に登場すると思われます。

大森兵蔵は大日本体育協会理事を務めており、アメリカ留学中に体育を勉強し、陸上トラックに見識があります。

留学中に出会ったアメリカ人女性・アニーと結婚しており、アニーは日本名で「安仁子(あにこ)」と名乗っています。

当時としては、かなり珍しい国際結婚の大森兵蔵とアニー夫妻。美男美女カップル2人の登場が、楽しみです。

こちらも、ご一緒にどうぞ。

idaten-hyouzou

大森兵蔵・アニーの生涯と、いだてん2019大河での逆転現象

2019年2月1日

 

まとめ

いだてん第4話「小便小僧」のあらすじと、私個人的な見どころポイントを、まとめました。

この記事をきっかけに、2019年大河ドラマ・いだてんを見始めていただけると、嬉しいです。いだてん公式サイトは、こちらです。

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



idaten-takenouchi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください