不労所得とは?サルでも分かる?不労所得の作り方まとめ

cryptocurrency-woman-money

不労所得とは何か?と聞かれたら、あなたは何と答えるでしょうか?多くの人は、不労所得のことを「働かなくても入ってくるお金」と、イメージしているように感じます。

不労所得だけで生活したい!と、多くの人が憧れていますが、どうしたら不労所得だけで生活できるのでしょうか?

 

今回は、不労所得とは何か?どうしたら、不労所得が得られるのか?不労所得の作り方を、サルでも分かるは大げさですが、できるだけ分かりやすくまとめて、記事にしました。

 

スポンサーリンク

不労所得とは「不労」の所得?

不労所得の字だけ見ると、文字通り「働かなくても入ってくるお金」と言えますが、結局のところ、不労所得とは何でしょうか?

ここでは、不労所得とは何か?掘り下げていきます。

 

不労所得とは?

不労所得をWikipediaで調べてみると、このように書かれています。

不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。利子、配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。

Wikipediaの引用を要約すると、不労所得とはそれを得るための労働を必要としない所得、働かずに得られる収入、もしくは収入源を指していると言えます。

 

本当にそうだとしたら、素晴らしいですよね?働かずに収入が得られるなんて。

実際のところは、どうなんでしょうか?

 

私自身の経験も踏まえてお話すると、ある部分では合っているし、ある部分では間違っている、と言うのが正直なところです。

 

不労所得とは?英語で言うと

不労所得を英語で言うと、Wikipediaの引用にも書かれていますが、「unearned income」と訳すのが一般的なようです。

「unearned:労せずして得た」「income:収入」(参照元:weblio)で、不労所得という訳です。

 

一部のサイトやブログなどでは、不労所得を「passive(受動的な)income」とも、英訳しているようです。

 

ただ、「passive income」は日本語にすると、「受動的所得」という意味になってしまうそうで、実際の不労所得の性質などを考えて、「unearned income」という英語が広く使われるようになったのでしょうか。

unearnedという英語には、「不当な」とか「受けるに値しない」という意味もあるそうで、私個人の感触としては、どちらの英語もネガティブなニュアンスが含まれている気がします。

 

不労所得とは「苦労」の所得?

ある人のブログで、不労所得のことをとても上手く表現していました。「うまいこと言ってる」と感じたので、それを拝借させていただきます。それは

「不労所得」は、「苦労所得」から始まる、です。ここに、不労所得のすべてが集約されているのではないかと、思います。

 

たとえば、昔から不労所得の代表格と言われるのが、マンションやアパートの大家さんです。いわゆる、不動産(家賃収入)というものです。

そのマンション(もしくはアパート)の住人から毎月支払われる家賃。この家賃収入が、不労所得となります。

空き部屋を貸してあげるだけで、お金がもらえるなんて。これだけ見ていると、大家さんはとても楽な仕事だなと感じるかもしれません。でも、実際はそうではありません。

 

そもそも、そこに住んでくれる人がいなければ、家賃という不労所得は発生しません。そのためには、入居者を集めないといけません。

だからと言って、古くなったりなどしてボロボロなところに、誰も住みたいとは思いません。1人でも多く入居者が集まるように、定期的にリフォームしたり。など。

もちろん、それらを外部の業者などに委託する方法もありますが、そのための費用が発生します。

まだまだこれだけではありませんが、とにかく今挙げたような労働を行なって、初めて家賃収入(不労所得)が得られるのです。

 

これは、株や印税など他の不労所得でも同じことです。

言いたいのは、どの不労所得も最初は1円の利益にもならない、「苦労」所得だということです。その「苦労」を積み重ねなければ、「不労」所得にはならないのです。

 

なので、あえて不労所得を定義するなら、こんな感じになると思います。

 

不労所得とは

※不労所得の定義

不労所得とは、最初から働く必要のない「不労」の所得ではない。

不労所得とは、収入が得られるしくみを作る「苦労」所得によって、得られるもの。

しくみが、それまで積み重ねてきた「苦労」所得の、何倍ものお金を生み出してくれるので、「不労」所得となる。

 

もし、あなたが不労所得に対して「何の苦労もせずにボロ儲け」なんてイメージを持っていたら、この機会に、考えを改めましょう。

 

不労所得で生活できるの?

不労所得とは何か?の定義を、僭越ながらさせていただきました。結局のところ、不労所得だけで生活という、多くの人が憧れていることは、できるのでしょうか?

お話しした、不労所得のしくみ作りの「苦労」を厭わずに実践し続けることができれば、不労所得で生活という状況は、手に入ります。

 

反対に、ここまで読んで「なんだ。働かないといけないのか。」などと思った人は、ここで読むのを止めて、不労所得で生活の夢は諦めた方が良いと思います。

 

こちらの記事も、ぜひ読んでみてください。
不労所得で生活したいなら不労所得は存在しないと知ること

 

不労所得の種類

不労所得とは何か?何となくでも分かっていただけたと思いますが、不労所得と一口に言っても、いろいろ種類があります。

ここでは、その中でも代表的な不労所得の種類を、ピックアップしてご紹介します。

 

不労所得の代表的な種類①不動産

先ほどもお話しした、昔から続く不労所得の代表ともいえる不動産収入(家賃収入)です。

入居者からの家賃が不労所得になります。

ですが、不動産は大前提として物件を購入・所有することが必要です。物件はローンで買うこともできますが、それ以外の費用は実費になるので、ある程度の元手が必要になります。

 

以前、ある知人に計算してもらったことがあるのですが、その費用だけでも1000万円近くが必要とのことでした。

 

いずれにしても、参入するときは十分な資金と、物件選びなど入念なリサーチが必要だと言えるでしょう。

 

不労所得の代表的な種類②ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは、MLM(マルチ・レベル・マーケティング)連鎖販売取引などとも呼ばれる、商品の販売・流通スタイルのことです。

一般の企業と違って、商品の宣伝を販売員(ディストリビューター)の口コミで行うので、宣伝費を安く抑えられる代わりに、その分の収益を販売員に還元します。

 

ネットワークビジネスで、何が不労所得にあたるかと言うと、自分が勧誘・獲得した人(ダウンライン)の成果の一部や、ダウンラインを育成・成長させたボーナスなどです。

 

ネットワークビジネスは、販売員の登録をすれば誰でも始められるので、他の種類の不労所得に比べるとハードルが低いと言えます。

ですが、基本的に口コミでの集客しか認められていないので、ダウンライン獲得のために、とにかく多くの人に会わなければ始まりません。

さらにネットワークビジネスは、利益目的のネットワーカーたちによって、評判が最悪と言って良いほどに落ちているので、ネットワークの名前を出しただけで、聞く耳を持たなくなる人が本当に多いです。

 

そんな状況なので、ネットワークビジネスで不労所得を得るのは、かなりのメンタルの強さが必要になると思います。
ネットワークビジネスの不労所得で生活はできる?経験者語る

 

不労所得の代表的な種類③ブログ収入

ブログに掲載している広告へのクリック報酬や、広告経由で商品が売れたときのアフィリ報酬が、ブログでの不労所得になります。

ブログも、先ほどのネットワークビジネスと同じく、初期費用で必要なのはドメイン代やサーバー代(持っていない人はパソコンも)だけなので、参入するハードルが低いです。

 

ブログの不労所得で必要なのは、とにかく多くの読者からのアクセスを集めることです。そのために、記事をこまめにアップすることが必要です。

その記事も、たった2~3行程度で商品を売り込むだけのものではなく、最低でも1000文字以上で、読者の問題や悩みを解決させてあげるものです。

 

これだけ読むと、相当ハードルの高いことのように思うかもしれませんが、実は日本語の文章が書ける人なら誰でもできることなんです。

私自身、最初は500文字程度の記事を書くのに1日がかりでしたが、今では数時間で5000文字ほどの文章を書けるほどになりました。

 

1つの事をコツコツと集中して取り組める人などは、始めてみると良いと思います。

今お話しした不労所得の種類も含めて、いろいろな種類の不労所得について、こちらの記事でまとめています。ぜひ、一緒に読んでみてください。
不労所得の種類|代表的な9つと適した人をまとめてみた!

 

不労所得の作り方、必要な労働とは

cryptocurrency-woman-money-smile

不労所得とは何か?そして、不労所得の種類は分かったけど、どうやって不労所得を作るのか?が、気になるところだと思います。

 

実は、どの不労所得の種類でも、作り方は1つだけなんです。それは、「しくみ」です。

不労所得を得られるしくみを作り、それを維持すること。これに尽きます。それぞれの不労所得によって、やる内容が変わるだけです。

これが、不労所得の作り方です。

 

ここからは、先ほどピックアップした不労所得の種類、それぞれでのしくみ作りに必要な労働を、掘り下げていきます。

 

不労所得の作り方①不動産収入

まず、不動産による不労所得の作り方です。不動産収入で不労所得を作るには、入居者を確保することです。つまり

常に入居者で埋まっている状況を作り出すことが、不動産収入の不労所得のしくみになります。不労所得の作り方、具体的な内容を箇条書きで、まとめてみました。

 

  • 物件選び。リサーチ。
  • 物件の契約・購入。
  • 入居者が住めるように物件の整備。
  • 入居者の募集。
  • 入居者から家賃の回収。
  • 階段など、共用部分の清掃。古くなった箇所などを修繕、リフォーム。
  • 入居者からのクレーム対応。

 

今挙げた他にもたくさんあるでしょうが、最低でもここで挙げたことが必要になるでしょうか。

 

不労所得の作り方②ネットワークビジネス

ネットワークビジネスでの不労所得の作り方は、ダウンラインです。ダウンラインをたくさん獲得して、ダウンラインが成果を上げられるサポートをすること。これが、ネットワークビジネスでの不労所得のしくみになると思います。

 

  • ダウンラインにしたい人のリストアップ。
  • リストアップした人にアポを取って、その人と会う。
  • ビジネスを説明、勧誘(スポンサリング)
  • ミーティングや勉強会などのイベントに参加。
  • ダウンラインの教育。
  • 必要であれば、ダウンラインのスポンサリングに立ち会い、サポート。

 

もちろん、ここに挙げた限りではありませんが、これだけのことは最低でも必要でしょう。

 

不労所得の作り方③ブログ収入

ブログで不労所得を作る場合の、不労所得のしくみは、とにかくコンテンツ(記事)です。読者の役に立つ情報を記事に書いてアップすることです。もちろん、掲載する広告選びも重要ですが、1番は記事を書くことです。

 

  • ブログのターゲット層、テーマを決める。
  • ドメイン、サーバーの契約。
  • ブログソフトをインストール。ブログデザインを決める。
  • 記事を書いて、アップする。どんどん記事を書く。
  • 掲載する広告選び。登録・申請など。
  • ブログに広告を掲載する。

 

ざっと挙げただけでも、これだけのことは必要でしょうか。ブログでの不労所得の作り方は、こちらでもご紹介しているので、ぜひお読みください。
不労所得を20代で作るのにブログを薦める3つの理由

 

不労所得の作り方、おすすめの方法とは?

不労所得の作り方を、それぞれの不労所得の種類でお話ししましたが、おすすめの方法は何でしょうか?

私個人の考えとしては、資金のない20代の人などは特に、ブログをおすすめします。

その理由は、何と言ってもリスクの低さです。

 

ブログは、大きく分けて無料ブログ(アメブロなど)と有料ブログの2つに分けられますが、圧倒的に有料ブログ、WordPressで運営することを、おすすめします。

WordPressはブログソフトのことで、WordPressでブログを作るにはドメインとレンタルサーバーが必要です。WordPressでのブログ作りについて詳しくは、こちらの記事でご紹介しているので、ぜひ読んでみてください。
簡単!WordPressでブログを始めるための4ステップ

ここでは、有料ブログ=WordPressとして進めていきます。

 

無料ブログを、なぜおすすめしないかと言うと

  • ブログ収入の生命線とも言えるGoogleAdSenseが掲載できないこと。そして
  • 読者からのアクセスで重要なSEOに有利なのが、圧倒的にWordPress。

と、いうのが理由です。

 

WordPressはドメインとレンタルサーバーが必要だとお話ししましたが、それらにかかる費用は年間で1~2万円です。

ネット環境の費用や電気代などを入れても、金額としては知れています。

それでいて、たくさんのアクセスを集めて月収100万円以上を稼ぐ人が、ざらにいる世界です。ハッキリ言って、メリットしかないと言えます。

ブログは、パソコン(その気になればスマホでも?)とネット環境があれば場所を選ばずにできるので、会社員の人など、ちょっとした空き時間を使ってできるのも、メリットの1つです。

 

ブログの不労所得で資金を作って、できた資金を他の不労所得作りに投資する、という方法が、不労所得を作るおすすめの方法ではないかと思います。

 

まとめ

不労所得とは何か?そして、不労所得の作り方について、サルでも分かってもらえるぐらいの気持ちで、できるだけ分かりやすくまとめてみました。

 

繰り返しますが、不労所得とは「苦労」所得の積み重ねによって、成り立つものです。

この記事が、あなたの不労所得作りの参考になると幸いです。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



cryptocurrency-woman-money

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください