不労所得で生活したいなら不労所得は存在しないと知ること

harvesting-man-woman

不労所得で生活できたら。

これは、誰もが一度は憧れることではないでしょうか。この記事を読んでいるあなたも、そんな不労所得での生活に憧れている一人だと思います。

 

たしかに、生活できるだけの十分な不労所得を作ることができたら、お金の悩みはなくなり好きなことだけできるでしょう。

今多くの人が、そんな不労所得での生活を夢見て、不労所得を作るための情報を探し求めていますが、その人たちにぜひ知っておいて欲しいことがあります。それは

 

「不労」所得というものは存在しない、ということです。

 

どういうことか?

今回は、不労所得は存在しないということのお話しと、不労所得生活したい人が、これだけは絶対に知っておいて欲しいことをまとめて、記事にしてみました。

 

スポンサーリンク

不労所得とは?本当に不労所得は存在しないの?

「不労」所得は存在しないとは、どういうことでしょうか?本当に不労所得は存在しないのでしょうか?

不労所得で生活するには、まず不労所得とは何か?知ることが大切です。

 

不労所得は法律上、存在しない

不労所得とは何でしょうか?Wikipediaで調べてみると、このように定義されています。

不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。利子、配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。

Wikipediaより引用

Wikipediaにもあるように、不労所得はそれを得るための労働を必要としない所得を差します。

ですが、これには続きがあります。

 

日本の所得税法においては、利子所得、配当所得、不動産所得、一時所得、雑所得などに分類されるが、理由を問わず全ての収入から法が認める必要経費を差し引いた残りを所得として扱っているため、所得税法上「不労所得」という分類は存在しない。

同Wikipediaより

注目して欲しいのは最後の部分で、このことから分かるように、日本の法律では、「不労所得」という分類は存在しないということです。

 

不労所得は存在する!でも…

法律で「不労所得」の分類がないのは分かったけど、それはあくまでも法律での話。実際のところはどうなんでしょうか?

結論から言うと、働くことなく収入を得ることはできます。つまり、不労所得は存在すると言うことができます。

 

でも、ここにちょっとした落とし穴が潜んでいて、これが不労所得の定義をややこしくさせているのです。

 

不労所得の種類

不労所得は、先ほどのWikipediaからの引用でも分かるように、一言で不労所得と言っても、実はいろんな種類があります。

具体的に、どんな種類があるのでしょうか?

 

一般的に不労所得と呼ばれている代表的な種類としては、ブログでの広告収入や、不動産収入株やFXなどでの収入などがあります。

その他、主な不労所得の種類について詳しくは、こちらの記事でまとめているので、ぜひ一緒に読んでください。
不労所得の種類9選|あなたに適した不労所得が5分で分かる

 

不労所得を作るための労働が必要

今からお話しすることが、不労所得の定義をややこしくさせていることなのですが

不労所得で生活するには、不労所得を作るための労働が必要です。

ブログでの広告収入を例に、お話します。

 

まず、ブログで収入を得るための広告選びが必要になります。

広告と言っても、いろんな種類があります。アフィリエイト広告Google Adsenseに代表されるクリック単価型の広告など。これらの種類の中から、あなたのブログに適した広告を選んで、登録・掲載のための申請が必要です。

そして何より、広告を掲載するためのブログを立ち上げないと、いけません。

 

今お話ししてきたことの中で、もし分からないことが1つでもあったら、それについてのリサーチも必要です。

 

ブログを立ち上げて、すぐに収入が得られる訳ではありません。ブログで不労所得を作るには、多くの人にあなたのブログを読んでもらうことが大前提です。そのために、記事を書き溜めて…

 

言うまでもないですが、これは不労所得を作る以前の段階です。

ブログでの不労所得1つ取っても、これだけの労働が必要なのです。これは、他の種類の不労所得でも言えることです。

 

つまり、完全な「不労」の所得は存在せず

不労所得を作るための労働の積み重ねによって、不労所得は作られるということです。

 

不労所得で生活するには、このことをしっかり肝に銘じておく必要があります。

ブログで不労所得を作る方法を、詳しく知りたい方は、こちらへどうぞ。
不労所得を20代で作るのにブログを薦める3つの理由

 

不労所得で生活するための労働とは?

不労所得で生活するには、不労所得を作るための労働が必要というのが、分かっていただけたと思います。

じゃあ、具体的にどんな労働が必要なのでしょうか?

 

ここでは、「不労所得の種類」でお話しした、それぞれの不労所得で必要と思われる労働をピックアップして、お話ししていきます。

 

ブログでの不労所得

まずは、ブログで不労所得を作るときの労働です。先ほどの項でもお話したことですが、分かりやすく箇条書きでまとめました。あくまでも一例なので、この限りではありません。

 

  • ブログを立ち上げる(レンタルサーバーやドメインの契約)
  • ブログデザインを考える
  • 記事を書く
  • ブログへの集客(SNSでの拡散、広告出稿など)
  • ブログに掲載する広告を選び。登録・申請など
  • ブログに広告を貼る

 

不動産で不労所得を作る

次に、不動産で不労所得を作る場合、必要と思われる労働をまとめました。先ほどと同じく、あくまで一例です。

 

  • 物件選び
  • 物件の契約。必要があれば、銀行などに融資の相談
  • 入居者獲得のための、定期的な修繕、リフォームなど
  • 入居者との契約
  • 入居者からのクレーム対応

 

 

株やFXで不労所得を作る

次に、株やFXで不労所得を作る場合、必要と思われる労働をまとめました。もちろん、ここで挙げた限りではありません。

 

  • 銘柄選び
  • 銘柄の購入(何株、もしくはどの通貨をどれだけ買うか)、売却
  • 為替の動向をチェックする
  • 株主総会への参加(株の場合)

 

不労所得で生活するために必要な労働量の、めやす

harvest-man-woman

不労所得で生活するための、具体的な労働内容をお話ししました。じゃあ、不労所得で生活するためには、どれだけの労働が必要でしょうか?

ここでは、ブログで不労所得を作る方法に絞って、その中でもアフィリエイトの広告収入で不労所得生活を目指す場合、必要となる労働量の目安を、お話ししていきたいと思います。

 

アフィリエイトって何?

まず、アフィリエイトとは何か?というところから、お話ししていきます。

アフィリエイトとは、英語の「Affiliate(提携する)」から来ている、成果報酬型広告と呼ばれるものです。

 

ある商品の販売者とあなたが提携して、その商品の広告リンクを、あなたのブログに貼り付けます。そして、あなたのブログ読者が、そのリンクをクリックして商品を買った場合、販売代金の一部が報酬として、あなたに支払われます。

たとえば、1000円の商品でアフィリエイト報酬が10%に設定されていたら、あなたのブログ経由で商品が売れると、1000円の10%で100円が、報酬として支払われるという訳です。

このアフィリエイト報酬が、不労所得となります。

 

アフィリエイトは、基本的に商品が販売されなければ、報酬が発生しません。販売者側としては、商品を売る時のリスクの1つである、宣伝費(広告費)を低く抑えることができます。

そして、あなたは不労所得(アフィリエイト報酬)を得ることができるので、アフィリエイトは販売者とあなた、両者がWin-Winの関係になるのです。

 

アフィリエイトは、ほとんどの場合アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)が、あなたと販売者を仲介して行われます。

アフィリエイトの大まかな流れをお話しすると、こんな感じです。

 

アフィリエイトで不労所得生活を目指すには、とにかくあなたのブログに多くの読者を集めないといけません。そして、ただ記事を書いているだけでは、読者はあなたのブログで商品を買ってくれません。

読者の悩みを解決する、読者の役に立つ情報が提供できなければ、あなたのブログで商品を買ってもらえないでしょう。

こちらの記事も、読んでみてください。
コンテンツSEOって何?その効果を超簡単に解説してみた
アフィリエイトで稼げない原因は、アフィリエイターにある

 

不労所得での生活に必要な労働量を、計算してみる

それでは、不労所得生活に必要な労働量を、アフィリエイト広告での収入で計算してみます。

 

販売価格が1000円、アフィリエイト報酬10%の商品を、あなたのブログでアフィリエイトするとします。あなたのブログでの成約率は、20%とします。

簡単に言うと、100人のうち20人に売れるという計算です。

生活ができる十分な不労所得の金額は、人によって違うと思いますが、ここでは月30万円と仮定します。税金などは、ここでは除外します。

実はこの設定は、かなり甘めの設定にしているのですが、とりあえず進めていきます。

 

まず、商品1個あたりのアフィリエイト報酬は、1000円の10%で100円です。なので、月30万円の不労所得を作ろうと思ったら、30万円÷100円で3000個売る必要があるということです。

3000個売れるということは、単純計算で3000人に売れるということです。つまり、3000人があなたのブログに訪問するということです。

 

ここで出てくるのが成約率です。成約率は20%なので、商品を3000個売ろうと思ったら、毎月15000人をあなたのブログに集めないといけない計算になります。

1カ月を30日と換算すると日あたり500人、つまり1日500人の人をブログに集めないといけないということです。

 

繰り返しますが、かなり甘めの設定なので、実際はさらにシビアな数字になると思います。

それを考えても、月30万円の不労所得を作ろうと思ったら

最低でも、1日500人以上のアクセスは必須だと言えます。

 

1日500アクセス集めるための記事数は?

アフィリエイト広告での不労所得で生活しようと思ったら、1日最低500アクセス以上が必須なのは分かりました。

 

500アクセスと簡単に書きましたが、特に有名人でもない個人のブログで、1日500アクセスを集めるのは、かなり大変なことです。

立ち上げたばかりで数記事ほどしかないブログでは、10アクセスあれば良い方だと思います。当然ですが、不労所得で生活なんて夢の話です。

 

じゃあ、500アクセス集めるには、どのくらいの記事数が必要でしょうか?

 

ブログのテーマやターゲット層などでも違ってきますが、私自身の体験でお話しさせていただくと、アフィリエイト広告で不労所得生活を考えるなら、最低でも100記事は必要だと考えます。

もちろん2、3行程度の記事ではなく、1,000文字以上のボリュームで書かれていることが前提でのお話しです。

 

不労所得での生活に必要な労働量で、参考になるお話

アフィリエイト広告収入という、不労所得での生活に必要な労働量で、とても参考になる興味深いお話があります。ある人のブログで見つけたお話です。

それは、アフィリエイトで月20万以上稼ぐ人ほど、ブログの運営に1日3時間以上かけている人が多いということです。この傾向は、アフィリエイトで稼ぐ金額が大きくなるほど、より顕著になっています。

 

アフィリエイトで大きい金額を稼ぐ人ほど、ブログの運営に多大な時間をかけているのです。

でも、これは当然と言えば当然と言えます。

 

ブログに多くのアクセスを集めるには、ある程度の記事数は必要です。記事数の多いブログほど、Googleは高く評価してくれるからです。

そして、アフィリエイトで生活できるだけの不労所得を作るには、ただ記事を書くのではなく、読者の役に立つ情報を提供しなければなりません。

 

びっしり書かれた記事が、読者の役に立つ情報が提供できると限りませんが、それでも2、3行程度の記事で、読者の役に立つ情報が提供できるとは、思えませんよね?必然的に、記事のボリュームは大きくなるはずです。

これらを考えると、ブログにかける時間が多くなるのも当然ですよね。

 

これらのことから、不労所得を作るための労働に時間をかける人ほど、不労所得で生活できると言えます。

 

不労所得で生活するために必要なマインド

不労所得で生活するために必要な労働の内容と、労働がどれだけ必要なのか?めやすを、お話ししてきました。

最後に、不労所得で生活するための心構えともいえる、マインドをお話ししていきます。

 

不労所得は存在しないと知ること

1つ目は、不労所得で生活するには、「不労」所得は存在しないと知ることです。

繰り返しになりますが、働かなくても良い「不労」の所得は、ありません。不労所得で生活するには、そのための労働が必要です。

今さら!と思うかもしれませんが、このことを知っているだけで、実は大きなアドバンテージになるのです。

 

不労所得は、「不労」という言葉が災いしているのか、「労せず稼げる」「楽して稼げる」と言う思い込みを持っている人が、意外と多いです。

そして、その思い込みにつけ込むかのように

  • ワンクリックで稼げる!
  • 魔法のツールで収益が発生する!

なんて、あたかも簡単に不労所得が作れるように謳っている商材などを、よく見かけます。

 

あなたは、そんなことないと思いますが、今お話ししたような謳い文句に心が動かされたとしたら、要注意です。そんなうまい話は、ありませんから。

それでも、この謳い文句に引っかかってしまう人が、少なからずいます。そして、多くのお金を無駄にしてしまうのです。

 

ところが、不労所得で生活するための労働が必要だと知っていたら、そのような謳い文句に引っかかることは、ありません。

それによって、無駄な出費を抑えることができるのはもちろん、そのことを教えてあげるだけで、不労所得の甘い謳い文句に騙されかけている人たちを救ってあげられますよね。

さらに、その人たちから深く感謝されることでしょう。

 

不労所得で生活するための労働の質

もう1つ、不労所得で生活するのに労働が必要だと知っていることの、アドバンテージがあります。それは、労働の質です。

 

不労所得は「楽して稼げる」という思いが頭の片隅にあると、適当な作業でも「まぁ良いか」と思ってしまいがちです。

それに対して、不労所得で生活するための労働の必要性と、必要な労働量を知っていたら、適当な作業で終わらせようなんて考えは、まず起こりません。

 

それどころか、1つの作業も手を抜くことなく、究めようという思いが湧くはずです。必然的に、1つ1つの労働の質は高くなりますよね。

 

この両者の、どちらが不労所得での生活を実現できるかと言ったら、答えを聞くまでもなく後者ですよね?

 

不労所得で生活できるまで諦めない

2つ目は、不労所得で生活できるまで諦めない!ということです。

 

諦めないで継続する、というのは不労所得で生活だけに限らず、とても重要なことです。それは、経験という貴重なものが得られるからです。

 

当然ですが経験値が高いほど、より多くの物事への対応能力も高くなります。そしてこの経験を、多くの人は喉から手が出るほど欲しがります。

諦めないで継続することが、多くの人はできないからです。

 

これらのことを裏付けるデータがあります。

先ほどのアフィリエイトのお話に戻りますが、先ほどのお話には実は続きがあるんです。

 

アフィリエイト実践者の割合ですが、アフィリエイトを始めて1年未満の人が3割以上を占めているのに対して、それに匹敵する割合を占めているのが、意外にも5年~10年のアフィリエイト実践者なんです。そして

アフィリエイトの実践年数に比例して、月100万円以上稼いでいる人の割合も増えていくんです。

 

これって、アフィリエイトで稼ぐ人ほど、実践年数が長いことを裏付けているのはもちろんですが

  • 諦めないで継続することが、多くの人にはできないこと。
  • そして、諦めないで継続することが、いかに重要か。

まさに、これらのことを裏付けているデータだと、言えますよね。

 

まとめ

不労所得生活するために必要なこと、不労所得で生活するための具体的な労働と、必要な労働量の目安などを、お話しました。

 

誤解のないように断っておきますが、不労所得で生活なんて夢を見るのはやめろ!と、言っているのではありません。

ですが、この記事を読んで「不労所得を作るのは、面倒くさいな」と思った人は、不労所得で生活することを諦めた方が良いかもしれません。

 

反対に、「絶対に不労所得で生活してやる!」と、決意を新たにした人は、ぜひこの記事の内容を何度も読み直して、不労所得で生活へ向けての挑戦を始めることをお勧めします。

こちらの記事も、ぜひどうぞ。
不労所得を作るのを20代30代の人に薦める3つの理由
Webマーケティングの1番の勉強法はブログをやること

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



harvesting-man-woman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください