発想力を鍛える方法|プロもおススメする3つの訓練法

はじめに

こんにちは、今野です。

 

ネットビジネスに限らず何かアイデアを出すときに、発想力が欠かせない要素であることは、改めて言うまでもないことだと思います。

そんな発想力ですが、多くの人は自由自在に扱えるものではないと思い込んでいるようです。

 

発想力は訓練を積むことによって、自由自在に引き出せるようになります。つまり、欲しい時に欲しいアイデアが、どんどん湧き出てくるようになるのです。

 

以前の私も、独自性あふれるアイデアを出すために、発想力を鍛えようと四苦八苦していました。

そんな私ですが、その道のプロであるメンターの教えに従って訓練を積んだおかげで、まだまだではありますが、以前からは考えられないぐらい、アイデアが湧き出てくるようになりました。

私にもできたので、きっとあなたにもできるはずです。

 

どうすれば良いのでしょうか?今回のテーマは、発想力を最大限に高める、発想力の鍛え方です。

 

1.発想力を鍛える方法は、たった1つ

発想力を鍛える方法をネットで検索すると、いろいろな方法が紹介されていますが、実は

発想力を鍛える方法は、たった1つしかありません。

 

この、たった1つのことを継続して実践することでしか、発想力を鍛えることはできません。その、たった1つのこととは何か?

 

1-1.発想力が発揮されるのは、どんな時?

発想力が発揮されると、「これだ!」と思える素晴らしいアイデアがひらめきます。じゃあ、どういう時にそういうアイデアがひらめくでしょうか?

一概には言えませんが、発想力が発揮されてアイデアがひらめく時というのは、だいたいこんな時ではないでしょうか?

 

たとえば、何か問題を抱えていて、その問題の解決策を模索していたとします。どうしたら解決できるか、必死に考えてアイデアを絞り出そうとするんですが、なかなかアイデアが出てきません。

いくら考えてもアイデアが出てこないので、考えるのをやめてコーヒーブレイクを挟むことにしました。そうしたら、コーヒーを飲んでホッと一息ついた途端に、その問題を解決できる素晴らしいアイデアが急にひらめいた。

 

多かれ少なかれ、似たような経験が必ずあると思いますが、このことから分かるように、アイデアがひらめく時、発想力が発揮される時とは

頭で考えるのをやめてホッと一息ついた時、リラックスした状態ということです。

 

1-2.発想力が発揮されるメカニズム

発想力が発揮されるのは、リラックス状態の時ということは分かりましたが、なぜリラックス状態の時に発想力が発揮されるのか?

 

実は私たちは無意識のうちに、「あるところ」にアクセスをして発想力を発揮させているのです。

「あるところ」、それは潜在意識です。

 

潜在意識は、「奇跡でも起きない限り不可能だ!」というようなことを、あっさりと現実のものにしてしまう、文字通り「奇跡の力」と言われています。そして、多くの人がそれを経験しています。

それが潜在意識によるものだという自覚がある人は、ほとんどいませんが…

 

話を戻しますね。潜在意識にアクセスすることによって、嘘みたいにあっさりと、アイデアが湧き出てくるのです。そして

潜在意識がもっとも活性化される状態というのが、リラックス状態の時なのです。

 

潜在意識について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

思い通りの人生をあっさりと現実にする奇跡の力

潜在意識の力が発揮されると、確実にあなたは成功します

 

1-3.発想力を鍛える、たった1つの方法

発想力が発揮されるメカニズムが、何となくでも分かっていただけたあなたは、発想力を鍛える、たった1つの方法とは何か?気づいたと思います。

 

発想力を鍛える、たった1つの方法。そのカギを握るのは潜在意識です。

つまり、潜在意識にアクセスして積極的に潜在意識の力を活用することで、発想力が鍛えられるのです。

 

2.発想力を鍛えるための考え方

発想力が鍛えられる、たった1つの方法は潜在意識の力を活用することです。潜在意識に意識的にアクセスする訓練を積むことによって、発想力を最大限に高めることができるのです。

 

…とは言っても、潜在意識に意識的にアクセスって、具体的にどうしたらいいのか?そこが問題ですよね?

 

2-1.一番重要なのは、「やめること」

発想力を鍛えるために一番重要なのは、「考えることをやめる」ことです。

 

なぜでしょうか?あなた自身のことを振り返ってみてください。

 

アイデアを絞り出そうと、必死になって頭で考えている時って、考えがどんどん煮詰まっていくだけでアイデアは出てきませんよね?

それだけでなく、その時の精神状態はリラックス状態からかけ離れた

言ってみたら、緊張状態と言えるのではないでしょうか。

 

どうでしょうか?1-2.の項でお話しした、潜在意識が活性化されるリラックス状態とは正反対ですよね?

 

潜在意識は、アイデアを絞り出そうと方法を模索したり頭で考えたりした時点で、活動をストップしてしまいます。自分の出番ではないと、判断してしまうんです。

この状態になったら、「奇跡の力」は発揮されません。発揮されないということは、発想力は鍛えられないということです。

 

潜在意識の助けを借りて発想力を高めたいなら、考えることをやめましょう。

潜在意識を使いこなすとは、「あること」をやめること

 

2-2.発想力を鍛えるために、何を大切にするか?

「それは分かったけど、考えるのをやめて、どうやってアイデアが出てくるようになるんだ!?」と

思っていることでしょう。どうしたら良いでしょうか?

 

それは、考えて導き出したものではなく

思いつきやひらめき、気づきなどによって湧き出てきたものを大切にすることです。

 

もちろん、頭で考えて答えを導き出すことを否定しているのではありませんが、「発想力を鍛える」という観点で見たら、それでは発想力が鍛えられないのです。

 

最初は、小さなことや些細なこと、レベルの低い思いつきで良いので、あなたの中から湧き上がってくるものを大切にするようにしてください。

そうすると潜在意識は、さらに多くの、さらに高次元の気づきを与えてくれるようになります。

潜在意識の活用法は考えるのではなく、〇〇〇こと

 

3.発想力が最大化される、3つの訓練法

ここまで、発想力が発揮されるメカニズム、そして発想力を発揮させるために必要な考え方について、お話してきました。

それを踏まえて、いよいよ発想力を鍛えるために取り入れたい3つの訓練法を、お話していきます。

 

3-1.発想力を鍛える3つの訓練法|その①

発想力を高める3つの訓練法。

1つめは、古来から多くの人が実践している瞑想です。

 

多くの成功者が、この瞑想を取り入れていることをご存知でしょうか?発想力を鍛えるために、瞑想はとても有効な手段なんです。

 

なぜ、瞑想が有効なのか?

 

実は瞑想には成功者すら知らない、とても重要な効果があるのです。たぶん成功者たちは、無意識のうちにそれを察知しているのでしょうね。

それはともかくとして、瞑想に秘められた重要な効果とは何か?

 

それは、意識と無意識(潜在意識)が同時に存在している状態を意図的に作り出せて、しかもそれを持続できるというものです。

 

3-1-1.意識と無意識が、同時に存在している状態とは?

意識と無意識が同時に存在している状態と言っても、何のことかさっぱりだと思います。

分かりやすくイメージするために、眠りにつくかつかないかの、まどろんだ状態をイメージしていただけると良いと思います。

この状態が、意識と無意識が同時に存在している状態です。

 

ただ、まどろんだ状態は持続させようと思っても、なかなかそれができないですよね?まどろんだ状態が続くと、やがてそのまま眠ってしまうからです。これでは、せっかく潜在意識が活性化されても、それをキャッチすることができません。

意識と無意識が同時に存在している状態を持続させるのは、不可能と言っても過言ではないのです。

 

その不可能を可能にする手段こそが、瞑想なんです。

つまり瞑想は、意識的に潜在意識にアクセスできる手段なのです。

 

瞑想は覚えるまでが面倒で、私自身、最初のうちはメンターの手ほどきのもとで実践してきました。

ですが、瞑想は発想力が鍛えられるだけではなく、心身がリフレッシュされる素晴らしい効果があるので、ぜひ取り入れてみてください。

 

どのように実践すれば良いのか?実践方法は、こちらのメールセミナーで紹介しています。

mail seminar button

 

3-2.発想力を鍛える3つの訓練法|その②

発想力を鍛えるために非常に有効な瞑想。実はこの瞑想状態を、より身近な方法で体験できる手段があります。その手段が、2つめの訓練法です。

それは、クラシック音楽を聴くことです。

 

音楽には、精神に直接影響する力を持っていると言われています。

瞑想状態を誘導するのに適した音楽として、ヘミシンクなどが有名ですが、実はクラシック音楽にもその効果があるのです。

 

なのですが、ここで注意点があります。それは、演奏者です。

クラシック音楽を聴くのに、演奏者はとても重要です。

 

たとえば、ベートーヴェン作曲の交響曲第9番でも(『第9』の名で親しまれているアレです)、演奏者が違うと、まったく別の曲になってしまうのです。

ここを外してしまうと、正直言ってまったく意味がありません。

この記事を読んでいるあなたは、絶対に注意してください。

 

3-2-1.発想力を鍛えるクラシック音楽、おすすめは?

発想力を高めるクラシック音楽、演奏者が重要なのは分かったけど、具体的に何を聴けば良いのか?

ここでは、おすすめの曲と演奏者をご紹介します。

 

J.S.バッハ:『ゴールドベルク変奏曲』 グレン・グールド(pf)

グールドの演奏するゴールドベルク変奏曲については、別の記事でも取り上げました。そちらも、良かったら読んでみてください。

グレン・グールドから学ぶ!アフィリの成功に必要なもの

 

A.ヴィヴァルディ:『四季』 イムジチ合奏団

 

L.V.ベートーヴェン:ピアノ協奏曲5番『皇帝』 アルフレッド・ブレンデル(pf)、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 指揮:ベルナルド・ハイティンク

 

3-3.発想力を鍛える3つの訓練法|その③

発想力を鍛えるために有効な3つめの訓練法。

それは、遊ぶことです。

 

「え?」と思う人も多いかもしれませんが、ここまでのことを読んでいただければ、納得していただけると思います。

 

好きなことや趣味など何でも、遊んでいる時って、アイデアをひねり出そうとか、そんなこと微塵も考えませんよね?

ただ、遊ぶことに集中しているはずです。

 

もう言うまでもないと思いますが、発想力に欠かせない、潜在意識が活性化される条件にピッタリ当てはまっていますよね?

 

3-3-1.遊ぶことで成功者になれる

ここまで読んでいただいたあなたは、「遊ぶだけで、本当に発想力が鍛えられるのか!?」と、半信半疑かもしれません。

最初にも書いたように、私自身もその一人でした。そういう思いから、遊ぶことよりもネットビジネスの作業を優先したことがあります。

 

それで、発想力が磨かれたのか?というと、ぜんぜんでした。当然ですが、思い描いていたネットビジネスでの成功とは、まったく逆の状態になっていました。

 

そんな私ですが、メンターの教えに従って、今では平日休日関係なく、週の半分は趣味を楽しむようになりました。

そのかいあってか、今までの私からは想像もできなかったぐらい、アイデアが湧き出てくるようになりました。それでも、メンターの次元には遠く及ばないですが…

 

不思議なもので、私がネットビジネスで稼げるようになったのも、遊ぶようになってからです。

成功を目指して作業をすればするほど、望んでいた成功から遠ざかるばかりだったのが、それをやめて遊ぶようになったとたんに成功してしまうなんて皮肉な話ですが、それも今ならよく分かります。

一流の成功者ほど、遊びを大事にしているのです。

 

さいごに

発想力を最大限に高める、発想力の鍛え方について、お話してきました。

 

発想力を鍛える方法は、潜在意識の力を積極的に活用することです。もっと言うと

潜在意識の力が発揮されるように誘導してあげることが、発想力を鍛えるためには重要なのです。

 

ぜひ、あなたもこの記事を参考にして、実践してみてください。

今までからは考えられないぐらい、アイデアが湧き出てくることにビックリすると思いますよ。

 

 

今日も最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「人生で何がしたいのか?」分からないまま彷徨っていましたが、メンターとの出会いで人生が180度変わりました。 アフィリエイト、ネットビジネスはもちろん、インターネットの知識はほとんどゼロ!!でしたが メンターから1から徹底的に教わり、始めて1年足らずでネットビジネスで成功することができました。 今は、それまでの経験をもとに、ブログ執筆のかたわら、コンサル活動をしています。