コーチングとは?受けても意味ない?体験するメリットは?

coaching-red-pen

コーチングは、ビジネスでの成功や能力開発、人材育成、教育、子育てなど、いろいろな場面でとても効果的な手法として注目されていますが

一般的には、コーチングがまだまだ認知されていないのが、現状です。

認知されていないからか、「コーチングって、何なの!?」という意見はもちろんですが、「コーチングは意味ない」という意見まで、ちらほら聞かれます。

 

ここでは

  • コーチングとは何か?
  • コーチングを体験すると、どんなメリットがあるのか?
  • なんで、コーチングは意味ないと思われるのか?

と言ったことを、実際に一流コーチのコーチングを受けてきた人間として、現役コーチとしての視点で、お話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

コーチング

まず、コーチングって何?というところから、お話ししていきます。

 

コーチングとは?コーチングの歴史など

コーチングとは、問題解決や目標達成のために行なわれるコミュニケーションスキルの1つで、このスキルを使って、コーチングを行う人(コーチ)は、コーチングを受ける人(クライアント)の自発的な行動を促します。

Wikipediaでは、以下のように定義されています。

コーチング(英:coaching)とは、促進的アプローチ、指導的アプローチで、クライアントの学習や成長、変化を促し、相手の潜在能力を解放させ、最大限に力を発揮させること目指す能力開発法、クライアントを支援するための相談(コンサルテーション)の一形態である。Wikipediaより引用

コーチングは、もともと馬車を意味するコーチ(corch)から来ています。

馬車の役割は、「大切な人を送り届ける」ことです。そこから派生して、コーチングは「その人が望んでいるゴールまでサポートする」という意味で、使われるようになったと言われています。

 

コーチングは、1990年ごろからアメリカを中心に広まり、2000年に入ってからは日本でも特にビジネスの分野で、組織のパフォーマンス向上の目的で、コーチングの手法が取り入れられるようになっています。

 

コーチングの考え方

コーチングの考え方は、大きく分けて2つあります。1つ目は、コーチングの大前提とも言えるもので

「答えは、あなた(クライアント)の中にある」と、言うものです。

 

人間は、ひとりひとりが宇宙と繋がっていて、人は潜在的にすべての情報を眠らせているだけで

実は、すべて知っているのです。

クライアントの中に眠っているものを引き出してあげることが、コーチの役割という訳です。

ざっくりお話しすると、こんな感じです。

 

もう1つは、承認と傾聴です。言葉の通り、認めることと聴くことです。

 

通常のコミュニケーションでは、相手の発言に対して、「あぁそうだな」とか「それは違うんじゃないか?」など、自分の主観が少なからず入るものです。

そうなってしまうと、素直に聴くことができなくなってしまいます。

それでなくても、通常のコミュニケーションでは、自分が一方的に話すばかりで相手の話を聞かない人が、意外と多いです。

 

私自身、耳が痛いところがありますが、コーチングではこういったことを極力排除して、相手を認めて話を聴いてあげる。その上で、問いかけるというスタンスが重要です。

そうすることで、相手はあなたに心を開いてくれるようになるのです。

 

コーチングと言うと、質問や話し上手であることを連想する人が多いようです。それも間違いではありませんが、それよりも聞き上手であることが、コーチングでは重要なのです。

 

コーチングの進め方

コーチングは、お話ししてきた考え方をベースに、進めていきます。

コーチングは基本的に、コーチとクライアントの1対1の対面形式で行われます。そして、コーチングを行う場のことをセッションと呼んでいます。

「答えは、クライアントの中にある」という考えがベースなので、セッションではコーチがクライアントとの対話を通して、クライアントから問題解決や目標達成のプロセスなどを引き出し、クライアント自らが行動を起こせるよう導いていく、というスタイルを取ります。

 

このことから分かるように、コーチングでは目標達成の方法を選んだり、行動を起こす主導権が全部クライアントにあり、コーチはその伴走者という立場になります。

 

コーチングの種類

コーチングと一言で言っても、実は種類があります。ここでは、大きく分けて3つの種類をお話しします。

 

ビジネスコーチング

文字通り、ビジネスで成果を上げるために行なわれるコーチングです。

会社内の、あるプロジェクトでの目標達成、経営者を相手に会社の売上アップ、組織内の人材育成にも使われたりすることが多いです。

 

パーソナルコーチング

個人個人を対象に行われるコーチングです。個人事業主のコーチが行うコーチングは、このタイプのコーチングであることが多いです。

夢や目標の達成、その人の日常生活での問題や悩みなどがテーマになることが多いので、ライフコーチングとも呼ばれます。

 

セルフコーチング

その名の通り、自分自身に対して行うコーチングです。ビジネスで成果を出すため、個人的な目標を達成するためなどに使われます。

それ以外にも、考えが煮詰まったときなどに行うと、新しい気づきやひらめきが出たりするので、効果的です。

 

コーチングとコンサルティングの違い

コーチングを語る上で出てくるのが、カウンセリングやコンサルティングなどとの違いです。実際、コーチングと何が違うのでしょうか?

 

まず、コンサルティングと、コーチングやカウンセリングで決定的に違うのは

目標達成に向けてのアプローチのしかたです。

コーチングは、先ほどもお話ししたように、目標達成の方法を選んだり行動を起こすのは、クライアント主導で行われます。

それに対してコンサルティングは、目標達成に必要な知識やスキルを教えたり、目標達成に向けての戦略を提案し、コンサルタントが立てた戦略に則って進めていきます。つまり

コンサルタント主導ということです。

 

カウンセリングは、コーチングと似ているところがありますが、どちらかと言うと、クライアントの精神的な傷や悩みなどの癒しがメインになります。

 

答えを「引き出す」コーチング、答えを「与える」コンサル、(誤解を与えるかもしれませんが)マイナス状態を「リセットする」カウンセリング。と、覚えておくのが良いかと思います。

 

コーチングを体験するメリット

コーチングとは何か?分かっていただけたと思いますが、コーチングを体験すると、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

自分自身の変化を体験できる

コーチングは、対話の中でクライアントが目標達成の方法などを発想して行動してもらうスタンスなので、自ら答えを見つけ行動する力を身に付けることができます。

問題に対して、いろんな角度から考える力も身に付けられるので、問題解決や目標達成のプロセスを組み立てる力も向上します。

これらは、他のいろんな場面でも応用できるスキルです。

 

総じて言えるのは、クライアントがコーチとの対話によって気づきや学びを得て、自分自身の変化を体験できるのが、コーチングを体験するメリットです。

 

コーチングがビジネス、教育、子育てなどいろいろな分野で取り入れられて、特にビジネスの場では組織の人材開発の手法として、コーチングスキルが使われているのは、こういったメリットによるものです。

病院など、コーチングスキルの研修を積極的に行なっている企業も、増えています。

 

コーチングを無料で体験できる?!

プロコーチによるコーチングセッションは、コーチによって料金はさまざまですが、だいたい5万~10万円が相場です。

 

決して、安いとは言えないコーチングの相場なので、コーチングに興味を持って受けてみたいと思っても、その金額で躊躇してしまいますよね。

でも、そんな人たちのために、無料もしくは安い価格でコーチングの体験セッションを行なっているコーチも、少なくありません。

コーチングは、コーチとの相性で左右される部分がとても大きいので、コーチングを受けたいという人は、この体験セッションを活用することをお勧めします。

 

コーチングを受けても意味がないと、言われているけど…

コーチングとは何か?コーチングを体験するメリットについてお話ししました。

ここまで読む限り、コーチングは意味ないどころか、とても素晴らしいと思えるのですが、なんで、コーチングは意味がないと思われるのでしょうか?

 

私個人の意見になりますが、その理由は

コーチとクライアントともに、コーチングに対しての理解が低い

と、いうことではないかと、思います。

 

コーチングが意味ない理由|クライアント側

コーチングを、そもそも知らない

コーチングはいろんな分野で取り入れられているとお話ししましたが、それでもまだコーチングに対する認知度が低いのが現状です。

平たく言うと、そもそもコーチングが何なのか?知らない人が多い、ということです。

 

知らないのだから、価値を感じることも難しくなります。意味ないと思ってしまうも、ある意味仕方がないでしょう。

知らない状態でコーチングを受けるので、クライアントは「コーチが何とかしてくれる」というスタンスでいます。依存状態とも言えますね。

これでは、クライアントの自発的な行動なんて、無理な話です。

 

お話ししてきた通り、コーチングはクライアント主導で

コーチは、あくまでもサポート役です。

このことを理解しておかないと、せっかくのコーチングが意味のないものになってしまいます。

 

もちろんコーチにも言えることで、あらかじめクライアントに伝えておく必要があると言えます。

 

コーチングが意味ない理由|コーチ側

表面的にしか捉えないコーチ

これは、私自身コーチとして成果が出ていなかったとき、同じような考えだったので恥ずかしい限りですが、「答えは、クライアントの中にある」という、コーチングの大前提となる考え方についてです。

これを表面的にしか捉えていないコーチが、とても多いと感じます。

「答えはクライアントの中にある」から、答えを引き出せれば、それで良し。

 

「専門的な知識を持っていなくても、何とかなるな!」という考えに至る訳です。

 

この考えでいると、どうなるでしょう?

 

コーチングのスキルを高めようという考えも起こりませんし、クライアントに対するアプローチもコーチング一辺倒になってしまいます。

これは、コーチングが意味ないという以上に、かなりまずいことだと思います。

どういうことか?

 

コンサルティングとの使い分け

たとえば、Aさんというクライアントがいて、転職すべきかで悩んでいるとします。そして、転職のために会社を辞めなければいけないと、思いこんでいたとします。

この場合、お話ししたコーチング一辺倒な人がコーチだと、会社を辞めないといけないというAさんの考えを承認するだけで、せいぜい辞表を出すのを後押しするだけでしょう。

 

でも、本当にそれで良いのでしょうか?

 

転職するにしても、会社に籍を置きながら求職活動をすることはできます。

休職して探すという選択肢も、あります。

今の時代、会社員でなくてもブログで稼ぐことだってできます。そうすると、会社で働くとか転職という考え自体、揺らいできます。

この場合は、ただAさんの考えを承認するだけでなく、今挙げたような選択肢を、必要であれば直接提案したりして、Aさんに気づいてもらうことが、必要になってくるでしょう。

 

これは、コーチングではなくコンサルティングになりますが、Aさんの例では、とても有効な手段と言えます。

 

要は、ざっと挙げただけでも、これだけの選択肢があるのに

ただ安易に承認して背中を押すだけでは、Aさんをさらに苦しめる結果になりかねない

と、いうことです。

 

もちろん、これは経験も必要になって来るでしょうが、コーチング一辺倒になるのではなくて、場合によってコンサルティングのスキルを使い分けなければ、やはり意味のないコーチングになってしまうだけです。

 

まとめ

コーチングとは何か?コーチングを体験するメリット、コーチングが意味ないと思われていることについて、お話ししました。

この記事が、あなたのコーチングに対する理解を深めるのに役立てていただけたら、嬉しいです。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



coaching-red-pen

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください