ブログは、検索上位に上げるために書くものか?

ブログを何のために書くのか?ブログの目的とは?このことについて、意外と多くの人が漠然とした答えしか持っていないように思います。

 

漠然としていると言いましたが、ネットビジネスを含めた、ビジネスでブログを運営している人は特に、こう答えるのではないでしょうか。

ブログの目的は、検索上位に上がって、アクセスを集めること!」

 

この答えに反論する人は、おそらくいないでしょう。私自身も、その一人でした。でも、ブログの目的として、果たしてそれは100%正しいのだろうか?

 

こんな思いを持つようになったきっかけは、ある人のブログ記事でした。そしてそれに感化されて、今回の記事を書くことにしました。この記事を読んで、何のためにブログを書くのか?見つめ直すキッカケになっていただけたら幸いです。

 

ブログの最重要課題は、検索上位に表示されること?

ブログをビジネスとして運営する人にとってはなおさらですが、アクセスを集めることは最重要課題です。そして、そのために重要なことは、検索上位に表示されることです。

 

検索上位とは簡単に言うと、あるキーワードで検索をかけたときに

あなたのブログやブログ記事が、検索結果の1ページ目に表示されることです。

 

同じ1ページ目でも、その中で上位に表示されるのと下位に表示されるのとでは、天と地ほどの差があるんです。

一般的に、1位のサイト(1ページ目の最上位)と10位のサイト(1ページ目の最下位)では、アクセス数は倍以上に変わるとも言われています。

 

Googleは、ブログの集客源

GoogleやYahoo!などの検索サイト(長ったらしいので、ここからはGoogleとだけ表記します)から、あなたのブログに訪問してくる読者は、何かしら問題や悩みを抱えていて、その解決法を求めています。

その人たちに上手くアプローチすることができれば、その人たちは高い確率であなたのブログのファンになります。そして、収益にもつながりやすいです。

平たく言うと、稼ぎやすいということです。

 

そういう意味で検索サイトは、とても重要な集客源と言えるでしょう。多くの人が少しでも検索上位に上がるために必死になるのは、しょうがないことだと思います。

でも、だからと言って、検索上位に上げるためだけにブログ記事を書くというのは、違うのではないかと思うのです。

 

Googleは、橋渡しのような存在

私たちネットユーザーが、Googleに求めること。こういう書き方をすると、大げさに聞こえるかもしれません。もしかしたら普段、あまり意識していないかもしれませんが、ここで改めて考えてみたいと思います。

 

私の個人的な考えですが

ネットユーザーがGoogleに求めるのは、便利さと正確さ、そしてスピードだと思います。

 

知りたい情報についてキーワードを入力したら、キーワードとの関連性が高いサイトやブログを、Googleが瞬時に見つけ出してくれる。それによって、ネットユーザーは知りたい情報を入手できて、新たな気づきや発見、喜びや感動が得られるのです。

そして、キーワードとの関連性が高いほどユーザーの満足度も高くなり、Googleへの信頼度も高くなっていきます。

 

そういう意味でGoogleは

ネットユーザーとサイトやブログとを結びつける、橋渡しのような存在と言えるでしょう。

 

そして、Google自身もそのことを目指しています。つまり、ユーザーの求めている情報を正確に即座に提供するために、ユーザーの利便性を最優先に、日々活動しているのです。

 

Googleのアルゴリズムと、ユーザーの求めることは一致しない

Googleは、キーワードとの関連性をアルゴリズムと呼ばれるプログラムによって判断しています。

 

このアルゴリズムは、キーワードとの関連性だけでなく、ブログ記事のコンテンツ自体も判断基準になっています。ユーザーにとって有益なコンテンツであると、アルゴリズムに判断されるほど、検索上位に上がりやすくなるのです。

 

つまり、検索上位にあるサイトやブログほど、ユーザーにとって有益なコンテンツで、ユーザーが求めている情報に近いということになります。

でも実際のところ、どうでしょうか?

 

ここからは私個人が感じていることで、一概に言いきれないことも多く含んでいます。

Googleのアルゴリズムで検索上位に表示されている記事と、ユーザーが求めていることは

必ずしも一致していないように思います。

 

検索上位に上がっているブログ記事は、みんな同じ

今、検索上位にあるブログ記事たちは、どれも同じように感じます。そして、そのほとんどが、マニュアル記事になっています。

 

同じようなテーマを、同じようなタイトル、同じような文章構成で書いている。

本当に、「どこかで示し合わせたんじゃないの?」って疑いたくなるぐらい、同じような内容のブログ記事ばかりです。

 

これは、ブログにアクセスを集めるため、検索上位に上げるために書かれた記事がネット上で溢れかえっために、起きていることです。

 

Googleのアルゴリズムを決定づけるものではありませんが、同じ内容のブログ記事でも、文字数が多い方が検索上位になりやすい傾向にあります。

滞在時間が長くなるので、それだけユーザーに読まれているブログと判断されて、Googleからの評価が上がるからです。

 

そして、「ユーザーの利便性」という観点からなのでしょうか、マニュアル記事はGoogleからの評価も高いようです。

 

たしかにマニュアル記事は、一見すると利便性は高いと言えるかもしれません。

そして、検索上位を狙って記事を書いていくと、どうしても文章構成が似たようなものになってしまうのも、しょうがないことです。

 

でも、マニュアル記事はその性質上、それ以上にもそれ以下にもなりません。はっきり言って、1つ2つあれば事足りてしまいます。

それを知ってか知らずか、また新たに同じような内容の記事を書こうとするのは、いかがなものでしょうか?

 

ビジネス系ブログで、なぜか後を絶たない、あの記事

ビジネス系のブログで、必ずと言っていいほど見かけるWordPress関連の記事たち。

WordPressのプラグインから始まって、各種設定方法や、アクセス解析タグの設置方法、WordPressテーマのカスタマイズ方法などなど。これらの情報は、Googleで検索をかけると、これでもか?というぐらいヒットします。

 

「飽和状態」という言葉が、まさにピッタリな状態です。そんな中でも、なぜかWordPress関連の記事を書く人は、後を絶ちません。

 

こんな状態なのに、同じように内容のかぶった記事を増やしていくことに意味があるでしょうか?

そもそも、その情報は、本当にそのブログで書くべき内容なのか?

 

もっと言うなら、そのブログで、本当に書きたいことなのか?

 

あなたも、疑問に思えてきませんか?

 

そのときGoogleは、ブログの何を評価するのか?

あなた自身がGoogleのアルゴリズムになって想像してみてください。

アルゴリズムになって想像なんて、むちゃくちゃな!と思うかもしれませんが、「こんな感じかな?」という程度で大丈夫です。

 

たとえば、「WordPress プラグイン」というキーワードに対して、関連性が高いと思われるブログが100件ありました。でも、その100件のブログは、全部同じようなタイトル、同じような内容で、はっきり言って見分けがつきません。

さて、そんな状態で、100件のブログすべてに順位を付けてくださいと言われたら、あなたはどうしますか?何を決め手にして順位を付けていきますか?

 

「そんな、大げさな!」と思うかもしれませんが、今の状況はこれと同じではないでしょうか。

 

先ほどは、Googleのアルゴリズムはユーザーの求めることと一致していないと書きましたが、Googleのアルゴリズムだって、日々進化しています。

 

同じようなテーマを、同じようなタイトル、同じような文章構成で書かれたブログがネットの世界を埋め尽くしたときに、Googleは何を見て評価するのか?

そうなったときに評価されるのは、間違いなく自分だけにしか書けない、オリジナル性の高いブログ記事だと、私は思っています。これには、そうあってほしいという私の希望も込められています。

 

ブログの検索上位は、おまけ

誤解のないように断っておきますが、検索上位に上げるためにブログを書くことを、全否定しているのではありません。それだけが最優先になってしまうのはどうか?と、言っているのであって、基本はしっかりと押さえるべきだと思います。

 

キーワード選定タイトルの重要性見出しタグをしっかり使って、読者に見やすい文章構成にするなど。本当に基本的なことです。

 

blog

大事なのは、あなたのブログを訪問してきた読者を満足させるコンテンツを、しっかりと創り上げていくことではないでしょうか。

ブログの検索上位は、それによって生み出される、おまけではないかと思うのです。

 

ブログは宝物

ブログは、もともと「webをlog(記録)する」という意味の「Web log(ウェブ ログ)」から来ています。その言葉が示す通り

ブログは、一人の人間としての、その人の記録だと私は思います。

 

言ってみたら、資産であり宝物です。

そんな宝物に、いくら検索上位に上げたいからと言って、他の人が書いた寄せ集めのような文章を残したいでしょうか?そんなもの、残したくないですよね?

 

それよりも、たとえ検索上位に上がらなくても自分にしか書けないものを残していく!という想いで書いた方が、世界が広がっていくはずです。

 

…と言っても、この考えは今の時点では、ただの理想論でしかないかもしれません。

 

でも、先ほども書いたように、Googleのアルゴリズムは進化の途中です。ユーザーの利便性を追求して、ユーザーのニーズをどんどん満たしていくはずです。

この記事に書いてあることを、Googleが評価してくれる日が必ずやってくる。

 

そうなったとき、今検索上位に表示されている記事のほとんどは、価値を失っていくのではないかと思っています。

 

さいごに

偉そうに書いている私自身にも、アクセスを集めるために、検索上位に上げるために、そればかりを重視していた時期がありました。

 

検索上位に表示されやすいであろうキーワードを選定して、選定したキーワードから記事を書いて記事をアップ。そしてまた、新しい記事作成のために、新たにキーワード選定…ということを、延々と繰り返すのです。

それによって、その記事たちは、ある程度検索上位に上がるようになりました。

 

もちろん、そのこと自体ありがたいことですし、それなりの達成感はありました。

 

でも、どこか素直に喜べない。

検索上位に上がっているけど、なぜかその記事たちに愛着がわかなかったんです。

 

そして、何より楽しくない。

検索上位に上げるために、キーワードを選定して記事を書く。この一連の作業がルーチンワークのようになって、だんだん虚しさを感じるようになっていったのです。

今思えば、それは当然のことでした。

 

ビジネスでブログを運営する以上、検索上位に上げてアクセスを集めることは、もちろん重要です。でも、ブログを書く本当の目的は、そこではないと思います。

 

数あるブログから、自分のブログを訪問してくれた読者のために、もっと大きく

今のそして未来の人類のために、胸を張って残せるものを書き貯めていくこと。

 

それを積み重ねることで、読者からもGoogleからも評価されて、検索上位に上がるのだと思います。

 

この記事を書いている私自身も、そのことをいつも念頭に置いて、これからもブログを書いていきたいと、改めて思いました。

 

最後になりましたが、今回の記事を書くキッカケとなったブログをご紹介します。

失われてしまった、ブログ本来の目的

 

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「人生で何がしたいのか?」分からないまま彷徨っていましたが、メンターとの出会いで人生が180度変わりました。 アフィリエイト、ネットビジネスはもちろん、インターネットの知識はほとんどゼロ!!でしたが メンターから1から徹底的に教わり、始めて1年足らずでネットビジネスで成功することができました。 今は、それまでの経験をもとに、ブログ執筆のかたわら、コンサル活動をしています。