ベートーヴェン『悲愴』|一番好きな演奏家は誰?

ピアノを始めました

こんにちは、今野です。

 

私事ですが最近、ピアノを始めました。

 

「ここにきて、なぜピアノ!?ラジコンに飽きたか?!」と、思うかもしれませんが

ラジコンはラジコンで、今もやっているので、ご安心を。

(別に心配していない?!笑)

 

それで、なんでピアノを始めたのか?ということですが、

ピアノをこよなく愛していて、自宅にグランドピアノが置いてあるメンターの影響で。

と、いうのが1つと、もう1つは

 

好きな曲があって、それが弾けるようになりたいから。ということです。

 

その曲とは何か?タイトルでモロバレですが、詳しくはまた後ほど。

 

ピアノは難しい!…けど、楽しい!!

バンドに所属してトランペットを吹いてた時は、ピアノには一切見向きもしませんでした。

 

子供の時とかにピアノをやってなかったので、なおさらでしょう。

 

それが、バンドから遠ざかった今になってピアノを始めるなんて、自分でも不思議な感じです。笑

 

そんなピアノですが、やってみると、これがとにかく難しい!

 

始める前は、ちょっと練習すれば弾けるようになるかな?なんて期待をしてましたが

そんな期待は甘かったと、すぐに思い知らされました。

 

…そんな感じで、とにかく難しいピアノですが、やってみると楽しいです。

 

最初はまったく弾けないのが、少しずつですが弾けるようになるのが楽しくて、

時間を忘れてピアノを練習する日も、あるぐらいです。

 

ピアノで弾きたい曲!それは…

最初に書いた、どうしても弾けるようになりたい曲ですが、それは

 

ベートーヴェン作曲、ピアノソナタ第8番 作品13『悲愴』の第2楽章

です。

 

…これだけでは、ぜんぜん分からないと思うので、こちらをご覧ください。

 

「最近ピアノ始めた人間が、どう考えても無謀だろ!!」という声が

あちこちから聞こえてきそうです。

 

たしかに、その通り。自分でもそう思います。(←オイ! 笑)

 

でも、やはり好きな曲だから自然と練習してしまうのか。

今では、最初のメロディーが1オクターブ上がって繰り返されるところまで、何とか弾けるようになりました(動画、35秒あたりを参照)

 

どうしても弾けるようになりたいので

バイエル(有名なピアノ教則本)を買って、本格的に練習を始めました。

 

今までピアノと縁遠かったのに、この歳になってバイエルまで買って練習するなんて。

人生、何が起こるか分からないものですね。笑

 

まだまだ、人に聴かせられるレベルではありませんが、しっかり練習して

第2楽章と言わず、『悲愴』の全楽章を通して弾けるようになりたいです。

 

さらには、『悲愴』だけでなく3大ソナタを全部マスターしよう!なんて、企んでいます。

(無謀すぎ? 笑)

 

そのときは、またお披露目したいと思います。

ぜひ、暖かい目で見守ってやってください。

 

ベートーヴェンの悲愴で一番好きな演奏家は?

前置きが長くなってしまいましたが、本題です。

ベートーヴェンの悲愴で、一番好きな演奏家は誰なのか?

 

人それぞれ、いろんな演奏家の名前が挙げられるでしょうが、

私がここでおすすめしたいのは、ヴィルヘルム・ケンプです。

 

ヴィルヘルム・ケンプについて詳しくは、こちらをどうぞ。

ヴィルヘルム・ケンプ(Wilhelm Kempff)

 

以前、グレングールドについて記事を書いたのですが、

このグレングールドも、悲愴を弾いています。

 

グレングールドについて書いた記事は、こちらです。

グレングールドから、ネットビジネスで重要なことが学べます!

 

グレングールドの弾く『悲愴』は、思いのたけを心のままにぶちまける感じで(※あくまでも、個人の感想です)

かなり激しい感じの『悲愴』なのに対して

 

ケンプのは、グールドの後に聴くと別の曲?と感じてしまうくらい

落ち着いた感じで、安心して心地よく聴けます。

(※あくまでも個人の感想であり、グールドの『悲愴』も私は好んで聴いています)

 

あとになってメンターから聞いた話ですが、ヴィルヘルム・ケンプの『悲愴』2楽章は

聴いているだけで別の世界に引き込まれるくらい、不思議な力を持っています。

 

このことについて詳しくは、こちらの記事でも紹介しています。

良かったら、読んでみてください。

フルトヴェングラー、バイロイトの第9は聴くな!

 

そんなヴィルヘルム・ケンプの弾く、ベートーヴェンの『悲愴』です。

ぜひ、ご覧ください。

 

この人の演奏の100分の1のレベルでも弾けたら、もう本望ですね。

 

さいごに

今日は、ピアノを練習している話から、ベートーヴェンのピアノソナタ

『悲愴』についてのお話でした。

 

ベートーヴェンの『悲愴』、あなたが一番好きな演奏家は誰ですか?

良かったら、私にも教えてください。

メールください。

 

 

今日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 



当ブログで使用のWordpressテーマ!「Stork(ストーク)」