ボジョレーヌーボー2018解禁日!まずい?美味しい飲み方やつまみなど

girl-wine-bar

ボジョレーヌーボー、2018年の解禁日はいつなの?

ワイン好きでなくても、名前だけは知っている人も多いボジョレーヌーボー。普段ワインを飲まない人も、飲み会などでボジョレーヌーボーを飲むのが、多いのではないでしょうか。

 

今回は、気になる2018ボジョレーヌーボー解禁日から、ボジョレーヌーボーがまずいと言われる真相、美味しい飲み方や、ボジョレーヌーボーに合うつまみなどを、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボーとは

ボジョレーヌーボー、2018年のお話に入る前に、そもそもボジョレーヌーボーとは何か?分からない人も多いと思います。

まず、ボジョレーヌーボーについて軽くお話ししたいと思います。

 

ボジョレーヌーボーは、お祝いのお酒

ボジョレーヌーボーとは、フランス・パリの東南ブルゴーニュ地方のボージョレ地区で作られる、その年に収穫されたブドウをその年に仕込む、フレッシュな新酒(=ヌーボー)のことです。

 

ボジョレーヌーボーは、毎年11月の第3木曜日、午前0時ジャストに解禁されます。

そして、無事にブドウが収穫できたことを感謝するとともに、自然の恵みに感謝するという意味で、お祝いのために飲まれるお酒が、ボジョレーヌーボーです。

 

ボジョレーヌーボー、解禁日ができた理由

そんなボジョレーヌーボーですが、昔は解禁日自体がなかったそうです。

 

ボジョレーヌーボーの解禁日がないんだから、とにかくどこよりも早く売り出して、たくさん稼いじゃおう!と考える人は、いつの時代でもいるんですよね。

ワインの販売者たちはわれ先にと、どんどん前倒して販売していきます。

そしてそれがエスカレートして、ついにはワインの醸造が終わらないうちから売り出すお店が、出てくるようになります。

 

ここまで来ると、ちょっとやり過ぎですよね。

 

そういう早出し競争がエスカレートすると、当然ですがワインの品質はどんどん下がっていきます。そうなると、評判も信頼も落ちていきます。

それを防ぐために解禁日を設けて、その日まではボジョレーヌーボーの販売を禁止するようにしたのです。

 

ワインの品質を守るために解禁日が作られた、という訳です。

さすが!ワイン大国、フランスです。

 

ちなみに、ボジョレーヌーボーは、「ボジョレーヌーヴォー」や、「ボジョレー」が「ボージョレ」と表記されたりもしますが、表記の違いだけで意味は変わりません。

 

ボジョレーヌーボー、2018年の解禁日はいつ

ボジョレーヌーボーの解禁日は、先ほどもお話ししましたが、毎年11月の第3木曜日です。

それを踏まえて、2018年のボジョレーヌーボー解禁日は、11月15日の木曜日になります。時刻は、もちろん0時ジャストです。

 

日本は日付が一番早く変わる関係で、ボジョレーヌーボーが世界で一番早く発売されます。そのためか、毎年1大イベントとしてニュースでもよく取り上げられますよね。

 

ボジョレーヌーボーの解禁日は、なぜ11月の第3木曜日なの?

ワインの品質を守るために制定されたボジョレーヌーボーの解禁日ですが、なんで11月の第3木曜日なんでしょうか?

 

実は、解禁日が制定された当初、ボジョレーヌーボーの解禁日は11月11日に指定されて、その後11月15日に変更されました。

ですが、ここで問題発生です。

 

解禁日を11月15日で固定すると、この日が土日にあたる年が出てきます。

 

フランスでは、日曜日はほとんどのワインショップ、レストランがお休みになるそうで、11月15日が日曜日の年は、ワインの売れ行きに大きな影響が出てしまうからです。

ワイン大国のフランスじゃなくても、これはまずい事態ですよね。

 

そこで、毎年平日として日付が変動するように、今の11月第3木曜日と法律で制定したのです。

ワインのために、法律まで整備されてしまうなんて、さすがフランスです。


ボジョレーヌーボーは、まずいの?

ボジョレーヌーボーと言うと、「美味しくない」、「まずい」という人が、少なからずいるようですが、どうなんでしょうか?

 

ボジョレーヌーボーがまずいのは、当然?!

ボジョレーヌーボーは、「ガメイ種」という種類のぶどうを使って、MC法と呼ばれる急速発酵技術で、数週間という短期間のうちに作られます。

短期間で作られるので、赤ワインの醍醐味・渋み成分となるタンニンが少なく、フレッシュでフルーティーな味に仕上がります。

 

ボジョレーヌーボーは赤ワインだけど、通常の赤ワインと製法が違うので、味が全く違うという訳です。

なので、ボジョレーヌーボーは特に赤ワイン好きの人たちから、「まずい」、「物足りない」と言われてしまうようです。

 

でも、もともと製法そのものが違うから、赤ワインの深みのある味を期待してボジョレーヌーボーを飲むと、まずい!と感じるのは、ある意味当然だということです。

ボジョレーヌーボーは赤ワインにして、赤ワインにあらず、ということでしょうか。

 

それにしても、なんで、わざわざ普通の赤ワインと違う製法で、ボジョレーヌーボーが作られるんでしょうか?

 

ボジョレーヌーボーの、もう1つの役割

実はボジョレーヌーボーには、もう1つの役割があります。それは、その年のブドウの出来具合いをチェックする、というものです。

 

ボジョレーヌーボーの本場フランスでは、ボジョレーヌーボーは生産地の農家がブドウの収穫を祝う、お祝いの酒というのともう1つ。

ワインの販売業者が、その年のブドウのできをチェックして、購入する量を決めるためのバロメーターとしてボジョレーヌーボーを試飲する、という飲まれ方をしているんです。

これらの役割があるから、製法を変えてまでして、急ごしらえで作る必要があるということです。

 

赤ワインが好きな人にとっては、まずいと思われがちなボジョレーヌーボーですが、逆に女性など、このフルーティな味を好む人も多いのは事実です。

ボジョレーヌーボーはお祝いで飲まれる早飲み酒なので、イベントを楽しむということで、ボジョレーヌーボーを飲むのが良いのではないでしょうか。

 

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方

beaujolais-nouveau-table

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方のお話しですが、赤ワインの飲み方でよく言われることについても、ちょっとお話ししていきます。

 

赤ワインの飲み方、常温で飲む!は落とし穴あり

赤ワインの飲み方の常識として、よく言われるのが常温で飲むことです。でも、これにはちょっと落とし穴があるそうです。

 

ワインの本場・フランスから伝わったと言われる「赤ワインは常温で飲む」というものですが、フランスと日本ではそもそも気候も違えば、感覚も違います。

つまり、フランス人にとっての「常温」が、日本人がイメージする「常温」とは、限らないということです。

 

じゃあ、フランスでは何度くらいが常温なんでしょう?

 

フランスでは、18℃くらいを指して、常温と言っているそうです。

日本の室温は、平均25℃前後といったところなので、18℃って、ちょっと肌寒いですよね。

フランスと日本で、常温1つでこれだけの差があるんです。

 

このことを考えると、日本で赤ワインを美味しく飲もうと思ったら、暗い場所などの冷たい場所で保管したりするなど、工夫をした方が良いかもしれませんね。

 

ボジョレーヌーボーは、冷やして飲む

通常の赤ワインは18℃くらいが目安ですが、ボジョレーヌーボーは冷やして飲むほうが美味しいと言われています。温度にすると、12℃くらいが目安とのことです。

 

ボジョレーヌーボーは、先ほどお話ししたMC法で華やかでフルーティーな香りになり、タンニン(渋み)があまり感じられない赤ワインです。

タンニンは温度が低いとより渋みを強く感じるそうですが、ボジョレーヌーボーはもともとタンニンが少ないので、軽くフルーティーなボジョレーヌーボーは、冷やして飲むほうが心地よく飲めるものが多いそうです。

 

これらのことから、12℃前後くらいを目安に冷やすのが、ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方ということです。

 

ボジョレーヌーボーは、気軽に飲むのが醍醐味

ワインは、格式ばったイメージを持つ人が多く、グラスやデキャンタなどがないと美味しく飲めないと思う人が、いるかもしれません。

ですが、熟成期間が短いボジョレー・ヌーボーは、基本的にあれこれ考えなくても大丈夫です。

栓をあけたら、瓶のままでOKです。デキャンタとかに入れる必要も、ありません。

 

ボジョレーヌーボーは気軽に飲んで楽しむのが醍醐味ですので、グラスもそこまでこだわる必要がありません。

それでも、普通のグラスよりワイングラスの方が、おすすめですが。

 

ボジョレーヌーボーをワイングラスで飲みたい人は?

ボジョレーヌーボーをワイングラスで飲みたいという人は、飲み口がすぼまった形のワイングラスを選ぶのが、良いそうです。

 

大きい口のグラスだと、空気に触れて香りが逃げていきやすいので、ボジョレーヌーボーのような香りの弱いお酒は、グラスに注いだ瞬間から味が落ちてしまうからです。

グラスでもワイングラスでも、ボジョレーヌーボーを飲むときは、空気に触れる面積の少ないものを選ぶといいと思います。

 

ボジョレーヌーボーを飲みきれなかったときは?

ボジョレーヌーボーに限らず、ワインは栓を開けた瞬間からどんどん酸化が進み、味が劣化します。なので、基本的にその日のうちに飲みきるのがベストです。

でも、1人で飲む場合など、なかなか飲みきれないことも多いですよね。

 

そういうときは、きっちり密封して冷蔵庫に保管しましょう。

 

日をまたぐと味の劣化が気になる!という人は、ホットワインで飲むのがおすすめです。

お好みで砂糖やフルーツジャムなどを加えて、電子レンジで温めるだけで簡単なので、手軽に美味しく飲める上に、体も温まって一石二鳥です。

 

ビーフシチューなどの煮込み料理に使う方法も一般的ですけど、飲みきれなかったボジョレーヌーボーが有効活用できる、良い方法だと思います。

 

ボジョレーヌーボーには、どんなおつまみが合うの?

wine-pizza-table

ボジョレーヌーボーやワインに限らず、お酒を飲むときにほしいのは、おつまみですよね?美味しいお酒を飲みながら、美味しいおつまみを食べると、お酒がどんどん進んじゃいますよね。

 

ボジョレーヌーボーに合うおつまみは、何でしょうか?掘り下げてみたいと思います。

 

ボジョレーヌーボーに合う料理

ボジョレーヌーボーは、フルーティでさっぱりとした口当たりが特徴です。

通常の赤ワインは、こってりした肉料理が合いますが、軽くてフレッシュなボジョレー・ヌーボーは、それほど料理を選びません。

 

本場・フランスでは、ボジョレー・ヌーボーに合う料理として、次の3つが挙げられています。

  • リヨン料理(ハム、サラミ、ソーセージなど)
  • チーズ
  • 魚介類

 

リヨン料理とは、「美食の街」として知られるフランス第三の都市・リヨンの料理のことです。ハム、サラミ、ソーセージなどの豚の加工肉を使った料理が、リヨン料理で特に有名です。

 

チーズは、癖のないカマンベールやクリームチーズなどが、相性良いです。

シェーブル(ヤギ)チーズやモッツアレラチーズも、合うのではないでしょうか。

 

逆に、匂いの強いブルーチーズ系は、ボジョレーヌーボーにはあまり合わないので、避けたほうが良いかもしれません。

 

魚介は、本場フランスでもボジョレーヌーボーに合う料理として、お寿司があげられています。

 

お寿司にワインって、あまりイメージが湧きませんが、お刺身好きならフルーティーなボジョレーヌーボーが合うかもしれません。

魚介類なら、カルパッチョなんかも良いのではないでしょうか。

 

宅飲み必見!ボジョレーヌーボーのおつまみをスーパーで買うなら?

ボジョレーヌーボーは、みんなで楽しむのに持ってこいなイベント・ワインですが、ボジョレーヌーボーの解禁日は木曜日です。

みんなで楽しくボジョレーヌーボーを飲みたくても、平日なので、自宅で宅飲みする人も多いのではないでしょうか。

そういう人や、凝った料理を作らずに手早く揃えたい!という人のために、スーパーやコンビニで手に入るおつまみを、ご紹介したいと思います。

 

ボジョレーヌーボーに合う、スーパーのおつまみ

  • 冷凍ピザ
  • 焼き鳥
  • 生ハム
  • サラミ
  • カルパス
  • チーズ類(さけるチーズや6pチーズ)
  • ポテトチップス
  • チョコレート

 

意外な組み合わせですが、ボジョレーヌーボーは和食と、とても合うと言われています。

スーパーのお惣菜の焼き魚漬物とも、相性が良いんです。

 

豆腐明太子といった食材も、ボジョレーヌーボーと組み合わせるだけで、オシャレなメニューに変身しちゃいます。

 

まとめ

ボジョレーヌーボー2018年の解禁日や、ボジョレーヌーボーがまずいと言われる真相や、ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方、ボジョレーヌーボーに合うおつまみなどをまとめました。

 

ボジョレーヌーボー2018年の解禁日は、11月15日です。

2018年のボジョレーヌーボーは、どんな味に仕上がっているのか?楽しみですね。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



girl-wine-bar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください