ボジョレーヌーボー解禁日は、なんで11月第3木曜日?

こんにちは、今野です。

 

今日も、お越しいただき
ありがとうございます。

 

 

11月も後半に入って
一気に肌寒くなってきましたね~

 

 

そんな、この時期のイベントといえば
「ボジョレーヌーボー」

 

 

ちょうど昨日が、今年の解禁日でしたね。

 

 

あなたは、もう飲まれましたか?

 

 

ワイン好きな人にとっては
待ちに待った日だったと思います。

 

 

ところで、ボジョレーヌーボーは
毎年、11月の第3木曜日が解禁日ですが

なんで、11月の第3木曜日なんでしょう?

 

 

知らない方って、意外と多いんじゃ
ないでしょうか?(←私だけ? 汗)

 

 

そんなわけで、調べてみました。

 

13177417450001

 

そもそも、ボジョレーヌーボーとは?

 

 

フランス、パリの東南ブルゴーニュ地方の
ボージョレ地区で作られる

その年に収穫されたブドウをその年に仕込む
フレッシュな新酒(=ヌーボー)のことです。

 

 

そんなボジョレーヌーボーですが
もともと、解禁日自体がなかったそうです。

 

 

だから、ワインの販売者たちは
われ先にと、どんどん前倒して販売していき

それがエスカレートして
ワインの醸造が終わらないうちから
売り出すお店が出てくるようになります。

 

 

むちゃくちゃですよね。

 

 

そういう早出し競争による
品質の低下を防ぐために解禁日を設けて

その日までは
ボジョレーヌーボーの販売、消費を
禁止するよう決めたそうです。

 

 

ワインの質を守るために解禁日が
作られたんです。

 

 

さすが!ワイン大国、フランスですよね。

 

 

ですが、これには、まだ続きがあるんです。

 

 

11月15日を解禁日と決めたんですが
ここで問題発生です。

 

 

解禁日を固定にすると
この日が土日にあたる年が出てきます。

 

 

フランスでは、日曜日は
ほとんどのワインショップ、レストランが
お休みだそうで

そうなると、売れ行きにも大きな影響が
出てきます。

 

 

ワイン大国、フランスにとって
ゆゆしき事態ですよね。

 

 

そこで、法改正されて1985年から
今の11月第3木曜日になったそうです。

 

 

 

ワイン好きだけじゃなく
ワインにそれほど興味のない人も

この日は、みんなのテンションが上がる
ボジョレーヌーボーの解禁日。

 

 

そんな歴史に目を向けながら飲むのも
おもしろいですよね♪

 

 

 

 

いつも、最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「人生で何がしたいのか?」分からないまま彷徨っていましたが、メンターとの出会いで人生が180度変わりました。 アフィリエイト、ネットビジネスはもちろん、インターネットの知識はほとんどゼロ!!でしたが メンターから1から徹底的に教わり、始めて1年足らずでネットビジネスで成功することができました。 今は、それまでの経験をもとに、ブログ執筆のかたわら、コンサル活動をしています。