名倉七海がエアギターの世界大会で優勝!より興味深い?話

baby-guitar-fender

何も持っていないのに、まるでギターを演奏しているかのようなパフォーマンスを披露するエアギター

そんなエアギターの世界一を決める大会で、日本人の女性が優勝を飾りました。しかも2回目

今回は、日本人女性がエアギターで世界一に輝いたニュースと、エアギターで、私個人的に、そのニュースよりも興味深いと感じた、お話しをしたいと思います。

 

スポンサーリンク

エアギターで日本人女性が世界一になったニュース

フィンランドで行われたエアギターの世界大会で日本人女性が優勝しました。

22日から3日間、行われた第23回エアギター世界選手権で名倉七海さん(23)が3年ぶり2度目の優勝を果たしました。
名倉七海さん:「とてもうれしいです。信じられない!」
「七つの海」を意味する「セブン・シーズ」のアーティスト名で活動する名倉さんは、満面の笑みで喜びを表しました。日本人の優勝は、2006年と2007年に2連覇したお笑いコンビ「ダイノジ」の大地洋輔さんを含めて4度目となります。

ライブドアニュース「エアギター世界大会 名倉七海さんが2度目の優勝」より

 

エアギター

エアギター世界選手権で日本人女性が優勝したニュースでしたが、そもそもエアギターとは何なのか?エアギターの歴史と合わせて、軽くご紹介します。

 

エアギターとは?エアギターの歴史

エア・ギター(air guitar)とは、演技の一つでギターの弾き真似。大げさな演奏する身振りと、しばしば実際の歌唱や口パクによって構成される。日本では大地洋輔金剛地武志宮城マリオなどが有名。(Wikipediaより引用)

エアギターのルーツは、1970年代にまでさかのぼるようです。

ハードロックのボーカリストが、長いギターソロの最中、手持ち無沙汰になるのでマイクスタンドをギターに見立てて弾く真似をしていたのが、エアギターの始まりだと言われています。

ただ、エアギターのルーツには諸説あるようで、1969年にエルビス・プレスリーが始めたとも言われています。

その時の映像でも、エルビスがエアギターを行なっているのが、確認できるとのこと。

 

てっきり、エアギターは最近誕生したものだと勝手に思っていたのですが、意外と歴史があるのにビックリしました。

 

最初は文字通り、ギターの弾き真似から始まったエアギターですが、次第にギター演奏だけでなく、好きなギタリストの演奏中の動作(リズムに乗って身体が自然に動いたり、ヘッドバンギングしたりなど)まで真似るロックファンが増えていきます。

 

ロックでの花形楽器と言うと、多くの人がギターを挙げますが、実際に好きなギタリストの演奏を真似て演奏しようとすると、かなりのハイレベルで、簡単に真似できないと思い知らされます。私自身、最近ギターを始めたのでよく分かります。

こんな演奏を見ちゃったら、もう、ただ脱帽するしかありません。
ロックのスゴイ演奏①
ロックのスゴイ演奏②

 

好きなギタリストのようにギターを弾けないけど、少しでもその人のような演奏がしたいという思いで、実際のギター演奏の代わりとして、エアギターをやる人もいるのでしょう。

そういったことから、エアギターは「特殊なダンスの1つ」としてのポジションを確立して、人気を集めていきます。

ギターの弾き真似だったエアギターが、独り歩きを始めた訳です。

 

それに伴って、エアーギターの競技会が多くの国で行われ、1996年からは、毎年8月の終わりにフィンランドのオウルで、エアギターの世界大会が行われるようになりました。

日本も、2004年から代表者を送り出して、優勝者も出ています。
(2006年、07年の大地洋輔さん)

2018年大会は8月24日に行われ、名倉七海さんが2度目の優勝を果たしました。

 

エアギターの世界一になった日本人女性、名倉七海さん

2018年のエアギター世界大会で、2度めの優勝を収めた名倉七海さんは、どんな人でしょう?

名倉 七海(なぐら ななみ、1995年〈平成7年〉5月7日 – )は、日本のタレント、歌手、エアギタリスト。太田プロダクション所属。弟はプロサッカー選手の名倉巧。Wikipediaより引用

名倉七海さんは、2012年に「エアドルオーディション」というものに参加、見事選ばれ「F.A.R.M.(ファーム)」のメンバーになりました。

「エアドルって何?」と思いますが、その後新たにメンバーとして選抜された「テレパシー」というグループが、「エアギターアイドルユニット」という肩書きなのを考えると、「エアドルオーディション」が何のために行なわれたものか、何となく想像がつくというものでしょうか。

エアギターアイドルユニットと言うだけあって、「エアギターの世界大会で優勝すること」を目標に活動していましたが、残念ながらテレパシーは2014年に解散してしまいます。

 

テレパシーは解散しましたが、「エアギターの世界大会で優勝する」目標は諦めずに、その年のエアギター日本大会に個人で出場、史上最年少で優勝を収めました。

そこで、出場権を獲得をして挑んだ世界大会で、見事初優勝を飾ったのです。今回は、その時以来2度目の優勝になります。

 

名倉七海さんは、テレパシー解散後ソロ歌手としてデビューしており、シングルを2枚リリースしています。

 

何はともあれ、エアギター世界大会の賞品は「本物のギター」とのことで、名倉七海さんのギターの腕前はどれほどのものか、私個人としては気になるところです。

そんな名倉七海さんの、エアギター世界大会でのパフォーマンスは、こちらです。

 

なぜ、名倉七海さんはエアギターの世界一になれたのか?

なんで、名倉七海さんはエアギターの世界一になれたのでしょう?もちろん彼女の才能や実力もあると思いますが、エアギターと言えども、それだけではなかなか世界一になれないと思います。

ここからは私の勝手な推論ですが、この記事を書くにあたって名倉七海さんを調べている中で、分かったことがあります。それは

名倉七海さんは、なるべくしてエアギターの世界一になった、ということです。

 

夢を叶えたり目標を達成する秘訣

夢を叶えたり目標を達成する秘訣として、多くの成功者が口を揃えて言っていることがあります。それは、(叶えたい)夢や目標を宣言することです。

アファメーションとも言われているものです。

 

なんで、夢や目標を宣言すると、それが叶うのでしょうか?それは

人間の持つ奇跡の力と呼ばれている能力が、発揮されるからです。奇跡の力については、このブログでも紹介しているので、ぜひお読みください。こちらから、どうぞ。

 

名倉七海さんは宣言することで、奇跡の力を上手に活用していたということです。宣言したのは、言うまでもなく「エアギターの世界大会で優勝すること」です。

たぶん、本人も気付いていなかったと思いますが、知っててやっていたとしたら、名倉七海さんはかなりすごい人だと思います。

 

一人でも挑戦し続けた

「エアギターの世界大会で優勝する」というのも、テレパシーと言うグループの方針に従っていただけで、最初は名倉七海さん自身も本気ではなかったかもしれません。

でもそれが、あることを境に状況が変わります。テレパシーの解散です。

 

最初に「なるべくして世界一になった」と言ったのはここで、名倉七海さんは

一人でも、「エアギターの世界大会で優勝する」というのを諦めずに挑戦し続けたのです。

それによって、奇跡の力は彼女を認めて、「エアギターの世界大会で優勝する」ために働いて、見事その現実を手に入れたのだと思っています。

 

奇跡の力や成功についてブログを書いていますが、改めて名倉七海さんから教わった思いです。そして、こんな気づきを与えてくれて

名倉七海さんに、ありがとう。と言う思いです。

 

エアギターの、ちょっと興味深い話

エアギターは実際にギターを持って弾く訳ではないので、実際にギターを弾くギタリストの中には、エアギターに対して快く思わない人たちもいるそうです。

 

たしかにエアギターは、基本的にギターの弾き真似です。

悪く言ってしまえば、ただのモノマネです。

なので、エアギターは「(実際の)ギターからの派生ジャンル」として見られて、先ほどの一部のギタリストのように、エアギターの存在を認めない人が多いように思います。

 

でも、そんなエアギターで、ちょっと興味深いお話しがあるんです。

 

ギターの弾き真似エアギターを、本物のギタリストがやったら、どうなるか?というものです。

 

弾き「真似」なので、リアリティの点で、本物のギタリストには叶わないだろうと思うものですが、実際は逆で、本物のギタリストがエアギターをやっても、名倉七海さんなどのエアギターの達人たちには、及ばないそうです。

 

「モノマネ」だけど、エアギターを極めた人は、単純なパフォーマンスだけで見たら、本物のギタリストを超えているということです。

 

エアギターはアンチもいるけど、このお話しを見てもエアギターは、「モノマネ」と言う範疇を超えて、1つのジャンルとして立派に独立していると、言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

今回は、エアギターで日本人女性が世界一になったニュースと、エアギターにまつわる興味深いお話しでした。

どんなジャンルであれ、同じ日本人が活躍するのは喜ばしいことですよね。今後のさらなる活躍を期待したいと思います。

 

今日も、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 



baby-guitar-fender

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください