ブログ アクセスアップ|私のアクセス数が2倍に増えた方法

はじめに

あなたのブログ、アクセスは増えてますか?

 

こんにちは、今野です。

今日も、お越しいただき
ありがとうございます。

 

趣味で書いてるブログならともかく
特に、ビジネスでブログをやっている人なら

アクセスアップは最重要課題です。

 

今日は、アクセスアップのために
絶対にはずせないトップレベルで重要なもの
に、ついて書きたいと思います。

 

実は私自身、これをおろそかにしてました。

 

今まで、そのことを知ってはいたものの
そこまで重要視していませんでした。

 

今思うと恥ずかしい限りですが…

 

このことを意識して記事を書いたところ
実践する前の記事と比べて

アクセス数が2倍に増えました。

 

このことからも、いかに重要なことかが
分かってもらえると思います。

 

それでは、いってみましょう!

 

アクセスアップでトップレベルの重要事項

ブログ、アクセスアップ

 

それはタイトルです。

 

アクセスが集まらない人のブログは
タイトルに力を入れていません。

 

ブログで大事なのは記事内容だと思っていて
内容の充実にばかり力を入れています。

 

誤解のないように言っておきますが
記事の内容は重要です。

 

ですが、あえて言わせてもらうと

記事の内容が充実しているのは
当たり前のことなんです。

 

充実した内容の記事であることは
大前提の話です。

 

ですが、充実した内容の記事が
多くの人に読んでもらえる記事であるとは

100%当てはまりません。

 

あなたが人のブログを訪問したときのことを
考えてみてください。

 

たとえば、AさんとBさんのブログがあって
2人が、映画パルプフィクションについて
記事にしています。

 

Aさんの記事タイトルは
・1994年度アカデミー賞受賞!!
映画パルプフィクション

 

Bさんのは
・ラストまでドキドキハラハラ!!
アカデミー賞7部門ノミネートの映画とは?

 

この2つの記事が並んでいたら
どちらを読んでみたいでしょうか?

 

私だったら、どんな映画なのか知りたくて
Bさんのブログを読んでみますね。

 

Aさんのブログの方が詳しく取り上げられて
充実した内容だったとしても

訪問者が最初に見るのはタイトルです。

 

そこで読んでみたいと思ってもらえなければ
記事が読まれることは、ありません。

 

では、どんな風にタイトルをつけていくのか?

 

アクセスが集まるタイトルのつけ方

ネーミング

 

パッと見ただけで、訪問者が
「何それ!?気になる!!!」
思うような言葉を選んでいきましょう。

 

それを踏まえて、タイトルのつけ方の例を
いくつか紹介していきます。

 

①数字を入れる

まずは数字です。

 

月間100万PVになるための5つの方法

 

具体的な数字が入っていて、どんな内容かが
パッとイメージできますよね?

 

②限定する

「期間限定」「数量限定」などなど
人間は限定ものに弱いです。

 

1日30個限定!プレミアムロールケーキ

 

スーパーとかデパートで
こんな広告を見つけたら最後!

 

ついつい買っちゃうんじゃないでしょうか?

 

間違いなく私は買っちゃいます(笑)

 

③ターゲットを絞り込む

ターゲットを絞り込むのも効果的です。

 

パソコン初心者必見!!
1日で基礎が身に付けられる3つのポイント

 

ターゲットとする人の欲しがっているものを
ストレートに表現することで

ターゲットとする人の興味を惹きつけます。

 

さいごに

 

タイトルはブログの生命線です。

 

これをおろそかにして、あなたのブログが
訪問者に読まれることは、ありません。

 

記事本文と同じくらいの時間と情熱をかけて
タイトルを決めていきましょう。

 

 

 

この記事も、良かったら参考にしてください。

ブログのリピーターが増える5つのコツ

訪問者がザクザク集まるタイトルのつけ方

記事ネタに困らなくなる方法

 

 

 

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「人生で何がしたいのか?」分からないまま彷徨っていましたが、メンターとの出会いで人生が180度変わりました。 アフィリエイト、ネットビジネスはもちろん、インターネットの知識はほとんどゼロ!!でしたが メンターから1から徹底的に教わり、始めて1年足らずでネットビジネスで成功することができました。 今は、それまでの経験をもとに、ブログ執筆のかたわら、コンサル活動をしています。