映画「百円の恋」感想|安藤サクラに惚れる映画(ネタばれ有)

andou-sakura

安藤サクラ主演の映画「百円の恋」を見ました。安藤サクラ演じるヒロインの一子に、私は惚れてしまいました

TOP画像の出典:NewsWalker

安藤サクラは、映画やドラマなどいろいろな作品に出演して、その演技力を絶賛する声が多いです。この映画「百円の恋」でも、そんな安藤サクラの演技力が遺憾なく発揮されています。

映画「百円の恋」で凄いのは、何と言っても安藤サクラが見せるボクシングの演技だと思います。世界戦のレフリーを務める人も絶賛するほどだったという安藤サクラのボクシングで、個人的に凄いと気付かされたのは、ある場面での演技でした。

今回は、そんな安藤サクラがヒロインを演じる映画「百円の恋」について、感想などをまとめて記事にしました。

スポンサーリンク

安藤サクラ主演、映画「百円の恋」

まずは、安藤サクラ主演の映画「百円の恋」について、お話ししていきます。

映画「百円の恋」とは

映画「百円の恋」は、2014年に公開された安藤サクラ主演の日本映画で、R-15指定作品となっています。

実家で引きこもりのように暮らす32歳の一子(安藤サクラ)が、女と仕事にだらしない元ボクサー・狩野(新井浩文)との出会いをきっかけに、ボクシングに目覚めていく

映画「百円の恋」は(映画の後半、ボクシングの試合直前に本人も言っていましたが)「時価百円の女」一子の、傷だらけの恋と闘いの物語です。

百円の恋は、故・松田優作の出身地、山口県で開催される周南映画祭に新設された、第1回松田優作賞でグランプリ獲得の、足立紳の脚本を『嘘八百』(2018)の武正晴が監督で映画化されました。

余談ですが、この「嘘八百」という映画は、映画「百円の恋」の監督・武正晴と脚本・足立紳のタッグで、こちらもおススメの映画です。

映画「百円の恋」は、第88回アカデミー外国語映画賞の日本代表に選ばれ、主演の安藤サクラは、第39回日本アカデミー賞で、最優秀主演女優賞を獲得しています。脚本の足立紳も、百円の恋で最優秀脚本賞を受賞しています。

映画「百円の恋」、あらすじ

映画「百円の恋」あらすじです。公式サイトよりの引用です。

32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。

ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子(早織)と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしを始める。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。

心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。

ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人の距離は縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始める―――。



映画「百円の恋」、主題歌

映画「百円の恋」主題歌は、日本の4人組ロックバンド・クリープハイプ(CreepHyp)「百八円の恋」です。

「百八円の恋」は、監督の武正晴から直々のオファーを受けたボーカルの尾崎世界観が、百円の恋のシナリオを読んて書き下ろしたそうです。

「イタイ、イタイ…」と連呼する歌詞が印象的ですよね。私はこれをずっと、「痛い」と言う意味で聴いていたのですが、調べてみたら「居たい」とも掛けていたんですね。

百八円の恋の歌詞を紐解いていくと、映画「百円の恋」の物語がとても的確に表現されていることに、改めて驚かされます。

ちなみに百八円の恋の初回限定盤には、特典DVDが収録されており、先ほどの動画の後半でその告知がされています。

映画「百円の恋」主題歌、クリープハイプの「百八円の恋」初回限定版が気になる人は、こちらからどうぞ。

108yen-koi
百八円の恋-初回限定盤-DVD付

映画「百円の恋」ヒロイン、安藤サクラ

映画「百円の恋」は、とにかく主演の安藤サクラの好演が際立っています。ここでは、そんな安藤サクラについて、少し掘り下げていきます。

映画「万引き家族」、NHK朝ドラ「まんぷく」に出演

安藤サクラと言えば、最近ならまずは2018年に話題となった映画「万引き家族」でしょう。リリー・フランキーとのW主演となった映画「万引き家族」は、第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で、最高賞のパルムドールを受賞しました。

映画「万引き家族」は、フランス版アカデミー賞といわれる第44回セザール賞で、外国語映画賞を受賞、本家アカデミー賞にもノミネートされました。

そして、放送中(2019年2月時点)のNHK朝ドラ「まんぷく」で、連続テレビ小説史上初となる「ママさんヒロイン」として出演中です。

「まんぷく」では、日清食品創業者・安藤百福の妻である仁子(まさこ)をモデルとした、今井福子(結婚後、立花福子)役で、第1話から出演しています。

物語も、ちょうど佳境に入っていくところで、目が離せませんよね。

映画「百円の恋」ヒロインは、犬養毅のひ孫

安藤サクラは、父親が俳優の奥田瑛二、母親がエッセイストの安藤和津で、姉が映画監督の安藤桃子と、これでもか!というぐらいの芸能一家で育っています。

さらに夫が俳優・柄本佑で、この人も柄本明角替和枝の長男と、2世俳優同士のビッグカップルとして、一時期注目されました。

さらに凄いのは、安藤サクラの先祖です。母方の曾祖父がなんと、第29代内閣総理大臣の犬養毅なんです。

つまり、安藤サクラは犬養毅のひ孫にあたるということです。

犬養毅と言えば、今や歴史の教科書にも出るくらいの高名な人物ですが、そんな人物を先祖に持つとは、何と言ったら良いのか。

安藤サクラの母方の家系には、犬養毅の他にも祖父が元法務大臣の犬養健、再従姉が元国連難民高等弁務官の緒方貞子と、そうそうたる名前が並んでいます。

安藤サクラは、ボクシング経験者!?

映画「百円の恋」の見どころは、何と言っても安藤サクラのボクシングだと思います。

映画では、安藤サクラ演じる一子が、まったくの初心者からボクシングを始めて、見る見るうちに上達してプロテストに合格。さらに、プロボクサーと試合をするところまで描かれます。

残念ながら、その試合では負けてしまいますが、安藤サクラが見せるボクシングは、素人目で見ても惚れてしまうほど、まさにプロのボクサーそのものだと思います。

それもそのはずで、安藤サクラは中学3年生の時にボクシングをやっていたことがあって、その時にボクシングの基礎を身に付けていたそうです。

そう考えると、本当のプロボクサーと見間違えるような、あの動きも納得できますが、中3の時以来10年以上のブランクがあったそうで、そこからあそこまでに仕上げたのは、やはり天性の才能でしょうか

映画「百円の恋」を見た感想

映画「百円の恋」を見た私自身の感想や、(最初にお話しした)個人的に凄いと思った、安藤サクラのある場面での演技について、お話ししていきます。

安藤サクラ演じる一子に、惚れてしまう!?

映画「百円の恋」を見た感想は、何と言ってもやはり安藤サクラです。何のひねりもない!と、ツッコミを受けると思いますが…

映画「百円の恋」は、安藤サクラの大出世作と言われています。それを証明するように、安藤サクラは百円の恋でいろいろな映画賞を受賞しましたが、映画を見るとそれも納得できてしまいます。

映画「百円の恋」は、ストーリーが進むにつれて別人のように成長していく一子に、惚れてしまうほどでした。

安藤サクラの、まるで一子が実在するかのような演技は、監督の武正晴もオーディションで「一子本人が座っているように思えた」と、絶賛していたそうで、多くの批評家や映画を見た人からも、大絶賛の嵐でした。

そんな安藤サクラの演技で、個人的に凄いと思わされたのは、次のことでした。

ボクシング経験者と、微塵も感じさせない

↑見出しだけでは、分かりづらいと思います。これは、映画「百円の恋」を勧めてくれた知人と話していた時に、気付いたことです。

それは、一子がボクシングを始めた頃、ジムに入会してトレーナーからボクシングの構えなど、初歩的なことを教わっている場面での演技です。

私は、安藤サクラのことは奥田英二と安藤和津の娘ということしか知らず、映画を見ていました。ボクシング経験者というのも、映画を見た後で知りました。なのでボクシング初心者の頃の、あのぎこちない構えとかも、ごく自然に見ていました。

でも安藤サクラは、お話ししたように、ボクシング経験者で基礎がすでにできている人です。

ということは、あのぎこちなく見える構えなども、わざとやっていたという訳です。つまりボクシングの初心者だと、見ている私たちが何の疑いもなく見えるように、わざと下手に見せていたということです。

あなたも、ご自分の特技などで想像してみてください。一度身に付けたことを、わざと初心者のように下手に見せるのは、逆にかなり難しいことが分かりますから。

そんなかなり難しいことを、あっさりとやってのけて、しかもリアリティを持って見せられる。

ボクシング経験者と微塵も感じさせない(←誉め言葉で言っています)安藤サクラの演技力に気付かされたと同時に、安藤サクラという女優に惚れてしまっていたのでした。

まとめ

映画「百円の恋」を見た感想や、ヒロインの安藤サクラについてまとめました。

この記事を読んで興味を持った人は、ぜひ映画「百円の恋」をご覧ください。安藤サクラ演じるヒロインの一子に、惚れてしまうこと間違いなしです。

映画「百円の恋」は、こちらから見ることができます。31日間なら無料で見られます。

今日も、最後まで読んでいただいてありがとうございました。



andou-sakura

当ブログで使用のWordpressテーマ!「Stork(ストーク)」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください